Microsoft BizTalk Server

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Microsoft BizTalk Server は、マイクロソフトビジネスプロセス管理 (BPM) サーバ製品である。企業で使われている他のソフトウェアシステムとのやり取りをする各種「アダプタ」を使い、ビジネスプロセスの自動化と統合を実現する。マイクロソフトによれば、ビジネスプロセス自動化ビジネスプロセスモデリング企業間電子商取引 (B2B)、企業アプリケーション統合メッセージブローカーといった機能を提供する[1]

典型的シナリオでは、BizTalk は組織内や組織間で異なるアプリケーション間の文書交換をすることで、企業のビジネスプロセスを統合管理できるようにする。

BizTalk Server の開発は Visual Studio .NET を使って行われた。

バージョン[編集]

  • 2000年 - BizTalk Server 2000
  • 2002年 - BizTalk Server 2002
  • 2004年 - BizTalk Server 2004 (.NET 1.0 対応)
  • 2006年 - BizTalk Server 2006 (.NET 2.0 対応)
  • 2007年 - BizTalk Server 2006 R2 (.NET 3.5 対応、Windows Communication FoundationWindows Workflow Foundation を利用)

機能[編集]

アーキテクチャ[編集]

BizTalk Server のランタイムは出版-購読型モデルに基づいており、これを「コンテンツベース出版-購読」などとも呼ぶ。メッセージがシステム内に「出版」されると、それを1つ以上の動作中の購読者が受信する[2]

アダプタ[編集]

BizTalk は各種プロトコルでの通信のためのアダプタを備えており、その用途で Microsoft SharePoint を使うこともできる。BizTalk Server 2006 に含まれるアダプタとしては、Base EDI (Covast)、File、HTTP、FTP、SMTP、POP3、SOAP、SQL、MSMQT、Web Services Enhancements (WSE) 2.0、Windows SharePoint Service (WSS) などがある。サードパーティからもアダプタがリリースされている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]