マイクロソフトリサーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイクロソフトリサーチ(Microsoft Research、MSR)は、計算機科学に関するさまざまな研究を行う機関。リチャード・ラシッド博士がマイクロソフトに入社する条件として、同研究所の設立と、その独立性を約束させ、1991年9月に設立された。

名称からもわかるようにマイクロソフトの関連機関ではあるが、完全に独立した研究機関であり、そこで行われる研究内容については、たとえマイクロソフト本社の首脳陣であっても一切の口出しは出来ないことになっている。

世界でも最も有力な研究機関の一つである。現在、チューリング賞受賞者のアントニー・ホーアフィールズ賞受賞者のマイケル・フリードマンウルフ賞受賞者のLászló Lovász、MacArthur Fellowship受賞者のJim Blinnジム・ブリン)、Dijkstra Prize受賞者のレスリー・ランポートらをはじめ、著名な物理学・計算機科学・数学の専門家たちが数多く参加している。

研究は大きく分けて11の分野にカテゴライズされている[1][2]

  1. アルゴリズムと理論
  2. ハードウェア開発
  3. 人間とコンピュータの相互作用
  4. 機械の学習・適応・知能
  5. マルチメディアグラフィックス
  6. 情報の検索、取得および管理
  7. セキュリティ暗号
  8. ソーシャルコンピューティング
  9. ソフトウェア開発
  10. システムアーキテクチャモバイルネットワーク
  11. 情報生命科学システムバイオロジー

研究内容[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Research Areas
  2. ^ A Centre of Excellence in Scientific Research is founded in Trento

外部リンク[編集]