Microsoft HealthVault

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Microsoft HealthVault
開発元 マイクロソフト
最新評価版 ベータ / 2007年10月4日
種別 メディカル データベース
公式サイト http://healthvault.com
テンプレートを表示

Microsoft HealthVault(マイクロソフト ヘルスヴォルト)はマイクロソフトの健康・身体情報を保持・管理するプラットフォームである[1][2][3][4]

概要[編集]

2007年10月に始まり、www.healthvault.com からアクセスでき、一般ユーザー向けヘルスケアの専門家向けの入り口がそれぞれ用意されている。

Vaultには「貴重品保管室」や「金庫」などの意味がある。

コンポーネント[編集]

Live Search Health (HealthVaultの検索コンポーネント) は健康に関連した情報に特化した検索サービスである[5][6]

HealthVault record は個人の健康情報を保存する。 HealthVaultのアカウントを通じて記録にアクセスすることができる。権限が与えられている場合に限り、自分以外の複数の特定者の記録にもアクセスすることができる。 これにより、例えば母親が子供の記録を管理したり、息子が父親の記録にアクセスし、健康問題の手助けをしたりすることもできる。 ログインするためにはWindows Live IDか限定条件付きのOpenIDが必要である。

権限[編集]

ユーザーは、HealthVault siteまたはHealthVaultプラットフォームにつながるアプリケーション(後者の方がより一般的である)を通じてHealthVault recordにアクセスすることができる。HealthVaultアプリケーションの初回起動時、アプリケーションがどのデータにアクセスできるようにするか決めることができ、それらのデータはアプリケーションから使える唯一のデータになる。データの一部、もしくは全部を他の特定の者、例えば医師・配偶者・親などと共有することもできる。

機器[編集]

HealthVault Connection Centerにより、(脈拍計や血圧計などの)医療機器から個人のHealthVault recordに健康データを転送することが可能になる。医療機器を転送可能状態にするドライバも提供されている[5][7]

拡張性[編集]

HealthVault は Continuity of Care DocumentContinuity of Care Recordといった業界標準を含む多くの変換フォーマットをサポートしている。それにより、多くの診療録を統合[8]することが可能である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Microsoft Launches 'HealthVault' Records-Storage Site”. PCMAG.com. 2008年2月4日閲覧。
  2. ^ Microsoft launches medical records site”. globeandmail.com. 2008年2月4日閲覧。
  3. ^ The vault is open”. economist.com. 2008年2月6日閲覧。
  4. ^ Microsoft Launches Health Records Site
  5. ^ a b Dr. Microsoft is now ready to see you”. 2007年10月8日閲覧。
  6. ^ HealthVault Search”. 2007年10月8日閲覧。
  7. ^ HealthVault Connection Center”. 2007年10月8日閲覧。
  8. ^ PHR integration”. 2009年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]