レイ・オジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ray Ozzie
レイ・オジー(Web 2.0 Conference 2005にて)
生誕 1955年11月20日(58歳)
イリノイ州パークリッジ
職業 Talko役員
著名な実績 マイクロソフトCSA、
Lotus Notes開発者
テンプレートを表示

レイ・オジーRay Ozzie1955年11月20日 - )は、2005年から2010年まで、マイクロソフト社のCSA(Chief Software Architect、主席ソフトウェア設計者)を務めた人物。Lotus Notesの開発者の一人としても知られ、「Lotus Notesの父」と呼ばれている。

プロフィール[編集]

アメリカ合衆国イリノイ州のパークリッジ出身。1979年イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校にてコンピュータ・サイエンスの学士号を取得。

1984年Lotus Development社の出資の下にIris Associates社を創業。1989年にLotus Notesの最初のリリースを出荷した。Iris Associates社は1994年5月にLotus Development社に買収され、1995年7月にはLotus Development社がIBMに買収されている。

1997年10月に彼はGroove Networks社を創立し、その後P2P型のグループウェアGrooveを発表した。2005年にGroove Networks社はマイクロソフト社に買収され、それと同時に彼はマイクロソフト社の最高技術責任者に就任した。2006年6月15日ビル・ゲイツよりCSA職を引き継ぐことが発表された。2010年10月18日に、マイクロソフト社のCSA職を退任することが発表され、同12月31日をもって退社した。なお、CSAの後任は置かれなかった。

退社後の2012年1月に、ベンチャー企業Cocomoを設立。その後Talkoに名称を改め現在に至る。

外部リンク[編集]