Apple A5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apple A5
Apple A5 Chip.jpg
生産時期 2011年3月から
設計者 アップル
生産者 サムスン[1]
CPU周波数 890 MHz から 1 GHz
プロセスルール 45nm から 32nm
命令セット ARM v7-A
コア数 1 - 2
テンプレートを表示

Apple A5アップルによって開発および設計が行われたPoPである。CPUコアとGPUなどの周辺回路を集積したSoCにDRAMダイを重ねたパッケージになっている。本項では、メモリ帯域とGPUの性能を向上させたApple A5Xもまとめて記載する。

採用製品[編集]

Apple A5Xチップ

チップ単体での販売はされていない。

概要[編集]

CPUコアは32ビットARMアーキテクチャベースで、 A4のARM Cortex-A8からCortex-A9へ置き換えられた。iPad 2、iPhone 4S、iPod touch (第5世代)、iPad (第3世代)、iPad mini (第1世代)はデュアルコア。Apple TV第3世代はシングルコア。

GPU は Apple A5 は PowerVR SGX 543MP2 (2コア) 200MHz[2]、Apple A5X は PowerVR SGX 543M4 (4コア) 200MHzを採用している。それぞれ、12.8 GFLOPSと25.6 GFLOPS。

メインメモリは、LPDDR2-800。バス幅はApple A5が64ビット(デュアルチャネル)、Apple A5Xが128ビット(4チャンネル)。メモリ帯域はApple A5が6.4GB/sec、Apple A5Xが12.8GB/sec[3]。メモリ容量は、Apple A5 搭載商品が512MB、Apple A5X 搭載商品が1GB[4]

電力管理回路を搭載したことによって、A4ではクロック周波数が常時1GHzで動作していたのに対し、A5はアプリケーションの動作によって、クロック周波数を切り替えられ、搭載機器の稼働時間を高めることが可能になった。Apple A4と性能を比較すると、処理性能が2倍、グラフィック性能が9倍とパフォーマンスが大幅に向上している[5]

製造は、Apple A5の初期版とApple A5XはSamsungの45nmプロセス。45nmのApple A5Xは同プロセスのApple A5と比較して電力消費およびダイサイズは増大しているとみられる。2012年4月以降のApple A5は32nmプロセスで省電力化が図られている[6]

類似プラットフォーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://eetimes.jp/ee/articles/1103/22/news109.html
  2. ^ http://www.anandtech.com/show/4216/apple-ipad-2-gpu-performance-explored-powervr-sgx543mp2-benchmarked
  3. ^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 解像度を高めたAppleの新iPadとそのコア「Apple A5X」のポイント
  4. ^ iPad gets benchmarked: 1GB RAM confirmed, no boost in CPU speed
  5. ^ http://www.imore.com/2011/03/03/tipb-answers-apple-a5-chip-guess/
  6. ^ http://www.anandtech.com/show/5789/the-ipad-24-review-32nm-a5-tested/