Raspberry Pi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Raspberry Pi
Raspberry Pi Photo.jpg
Raspberry Pi Model-B
販売開始 2012年2月29日[1]
価格 $25, $35
種類 シングルボードコンピュータ
プロセッサー ARM1176JZF-S[2]
周波数 700 MHz
メモリ 256 MB (Model A, Model B rev 1),
512 MB (Model B rev 2, Model B+)
接続 USB, HDMI
ポート GPIO, UART, I²C, SPI
消費電力 3.5 W (model B),
3.0 W (model B+)
重量 45 g
寸法 85.00 mm × 56.00 mm(コネクター部の突起は含まない)。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)は、ラズベリーパイ財団によって英国で開発されたARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ

概要[編集]

Raspberry Piは、かつてイギリスで教育用コンピュータとして普及したエイコーン社BBC Micro(1981年)の再来として、学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図している[3][4][5][6][7]。Model A、Model Bという名称もBBC Microに由来しており、サポートされるコンピュータ言語の中にはBBC Microで利用されたBBC Basicも含まれており、ハードウェア的にはエイコーン社が開発したARMプロセッサを搭載している。また、エイコーンのOSであるRISC OSも、Raspberry Pi用がRISC OS Open Limitedより公式リリースされている。

現在、25米ドルの「Model A」と35米ドルの「Model B」「Model B+」の3つのバージョンがリリースされている。Model Bは2012年2月29日に受注が開始され[8]、法的手続きの関係などにより予定出荷時期が直前で延期されるトラブルはあったものの、製品は出荷された[9]。 CPUプロセッサコアとして700 MHzのARM1176JZF-S、GPUにVideoCore IV、当初出荷分は256MB、後の出荷分は512MBに増量したDRAMを内蔵したBroadcom BCM2835 SoCを搭載している[2]。内蔵ハードディスクソリッドステートドライブを搭載しない代わりに、SDメモリーカードを起動および長期保存用のストレージに利用する[10]

2014年6月にはModel Bの改良版であるModel B+の出荷が開始された。Model B+ではUSBポートが4つに増設された他、消費電力が低減されている。また、ストレージが、SDメモリーカードからMicro SDメモリーカードに変更された。Model B+のGPIOヘッダーピンは40ピンとなり、Model Bの26ピンに対して拡張がされ、そのままで上位互換性を保っている。このため、Model B用の拡張ボードをModel B+で使用できる場合も多い。しかし、拡張ボードの形状によっては使用できないものがある。

このボードは、OSにLinuxを使用して走らせることを意図している。DebianをカスタムしたRaspbian英語版の使用が推薦されている。他にsoft float版DebianArch Linuxがサポートされている。これはSoCのBCM2835に提供されているファームウェアが基本的にLinuxを前提としてデザインされており、詳細な内部情報の入手にはNDAの締結が必要[11]といった事情もあるが、第三者の有志によりNetBSDFreeBSD[12]などを動作させることが行われている。また、RISC OSは公式のダウンロードがある。

財団が推薦しているプログラミング言語Pythonであるが、普通のLinuxであるから、ARM Linuxで実行可能な他のどんな言語も利用できる。

2013年10月31日までに、累計200万台販売された[13]

ハードウェア[編集]

仕様[編集]

Model A Model B Model B+
ターゲット価格[4] $25 $35[14][15]
SoC[4] Broadcom BCM2835 (CPU, GPU, DSP, SDRAM)[2]
CPU 700 MHz / ARM1176JZF-S コア (ARM11 ファミリ)[16]
GPU Broadcom VideoCore IV,[17] OpenGL ES 2.0 (24 GFLOPS)
1080p 30fps H.264/MPEG-4 AVC High Profile デコーダー[2], MPEG-2, VC-1

メモリから流用できるGPUメモリ量(16/32/64/128/256設定可能)

メモリ (SDRAM) 256MB (GPU共有) 512MB (GPU共有)、2012年10月14日以前の発送分は256MB[18] 512MB (GPU共有)
USB 2.0 ポート[10] 1 2 (統合USBハブ)[19] 4 (統合USBハブ)
映像入力 15ピンMIPIカメラインターフェース(CSI)コネクターに、別途Raspberry Piカメラを接続することで取り込み可能である。
映像出力[4] コンポジット RCA (PAL / NTSC) , HDMI 1.3 / 1.4[20]
音声出力[4] 3.5 mm ジャック, HDMI
ストレージ[10] SDメモリーカード / MMC / SDIO カードスロット MicroSDメモリーカード
ネットワーク[4][10] なし 10/100 Mbps イーサネット (RJ45)[19]
低レベル周辺機器[注釈 1] GPIOヘッダーピン26ピン。内訳:8 × GPIO, UART, I²C, SPIと2つのチップセレクト, +3.3 V, +5 V[注釈 2][注釈 3], 接地[17][21]
GPIOヘッダーピン40ピン。
電源 300 mA (1.5 W)[4] 700 mA (3.5 W) 600 mA (3.0 W)
電源ソース[4] 5V / microUSB または GPIO
大きさ 85.0 mm × 56.0 mm (3.35 in × 2.20 in)[22](ただし、コネクター部の突起は含まない)。
OS Debian, Fedora, Arch Linux[23]
注釈[編集]
  1. ^ Model BのRev.1とRev.2では、GPIOポートのピンの配列が異なっているので注意が必要である。
  2. ^ Raspberry Piの内部は3.3Vの電源で動作している。Raspberry PiのGPIO入力には3.3Vを用いる。決して5Vを接続してはいけない。
  3. ^ Raspberry PiのGPIOポートの3.3Vの電源を供給するピンと、5Vの電源を供給するピンは隣り合っており、誤って短絡(ショート)させると故障の原因になるので配線には注意が必要である。もし、全く5Vの電源を使用しない場合には、5Vのピンに何らかの覆いをしたほうが安全である。


ソフトウェア[編集]

2012年2月19日、ラズベリーパイ財団は、SDカードから起動できるオペレーティングシステムのSDカードイメージを発表した。 イメージに含まれるOSは、Debian 6.0(Squeeze)に基づいていて、LXDE デスクトップ環境Midori ブラウザに加えて、様々なプログラミングツールを使用できる。また、このOSはRaspberry Pi だけでなく様々な他のプラットフォーム上でエミュレートできるように QEMU 上で実行できる[24]

ラズベリーパイ財団は、その後、カナダのセネカカレッジで開発された[25] Fedora バージョンをリリースする予定[26]。財団は、プログラムをやりとりするためのアプリケーションストアを開設予定。

2013年11月21日、RaspberryPi Foundation は、数式処理ソフトである Mathematica のサブセット版及びその記述言語である Wolfram Language を、RaspberryPi の標準イメージ環境である Raspbian に向けて無償提供することを発表した[27][28]。Raspberry Pi の性能から、現在出回っている典型的なコンピュータ上で動作させた場合と比較して、5%-10%程度の実行速度となるとしているが[27]、今後は「Remote Development Kit」の名称で、コーディング等を行う外部コンピュータと、実際に Mathematica を実行する RaspberryPi を接続するインターフェースの提供・公開が予定されている[27]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Raspberry Pi: We are Live
  2. ^ a b c d BCM2835 Media Processor; Broadcom.
  3. ^ Raspberry Pi: Cheat Sheet
  4. ^ a b c d e f g h FAQs”. Raspberry Pi Foundation. 2011年10月6日閲覧。
  5. ^ Cellan-Jones, Rory (2011年5月5日). “A £15 computer to inspire young programmers”. BBC News. 2012年3月4日閲覧。
  6. ^ Price, Peter (2011年6月3日). “Can a £15 computer solve the programming gap?”. BBC Click. 2011年7月2日閲覧。
  7. ^ Bush, Steve (2011年5月25日). “Dongle computer lets kids discover programming on a TV”. Electronics Weekly. 2011年7月11日閲覧。
  8. ^ Richard Lawler, 29 February 2012, Raspberry Pi credit-card sized Linux PCs are on sale now, $25 Model A gets a RAM bump, Engadget
  9. ^ カードサイズPC「Raspberry Pi」今度こそ出荷開始、一枚 約2800円 (動画) engadget日本語版 2012-04-17
  10. ^ a b c d Verified USB Peripherals and SDHC Cards; eLinux.org
  11. ^ http://www.raspberrypi.org/faqs のQ「But I demand the documentation for the chip. Give it to me!」への答えを見よ
  12. ^ http://kernelnomicon.org/?p=261
  13. ^ TWO MILLION! - Raspberry Pi
  14. ^ Introducing Raspberry Pi Model B+”. Raspberry Pi Foundation. 2014年8月7日閲覧。
  15. ^ Bowater, Donna (2012年2月29日). “Mini Raspberry Pi computer goes on sale for £22”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/technology/news/9112841/Mini-Raspberry-Pi-computer-goes-on-sale-for-22.html 
  16. ^ ARM1176JZF-S Revision:r0p7 Technical Reference Manual
  17. ^ a b Q&A with our hardware team”. Raspberry Pi Foundation. 2011年9月20日閲覧。
  18. ^ http://jp.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=raspberrypi&file=questions
  19. ^ a b SMSC LAN9512 Website; smsc.com
  20. ^ Embedded Linux Wiki: Hardware Basic Setup
  21. ^ Raspberry PI GPIO Connector; eLinux.org
  22. ^ Final PCB artwork
  23. ^ FAQs”. Raspberry Pi. 2011年11月3日閲覧。
  24. ^ linuxnews showing the first release of Debian Squeeze for Raspberry running on QEMU
  25. ^ Chung, Emily (2012年2月24日). “$35 computer 'Raspberry Pi' readies for launch”. CBC.ca. http://www.cbc.ca/news/technology/story/2012/02/23/technology-raspberry-pi-cheap-computer.html 2012年2月28日閲覧。 
  26. ^ Raspberry foundation announcing "first root filesystem available for download"
  27. ^ a b c 青木 大我 (2013年11月22日). “RasberryPi、数式処理ソフト「Mathematica」を同梱。個人利用は無料”. INTERNET Watch / Impress Watch Corporation. 2013年11月23日閲覧。
  28. ^ 行正和義 (2013年11月22日). “Raspberry Pi、数式処理ソフト「Mathematica」を無料でバンドル”. ASCII.jp×デジタル / KADOKAWA CORPORATION. 2013年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]

公式サイト
非公式サイト
技術情報