RISC OS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RISC OS
開発元企業 / 開発者 Castle TechnologyRISC OS Open (5.xx)、RISCOS Ltd (6.xx)
開発状況 開発継続中
初リリース 1987年[1]
最新安定版リリース 5.18 または 6.20 / 2012年1月16日(2年前) (2012-01-16[2] または 2009年12月1日(5年前) (2009-12-01
最新開発版リリース 5.19 / 2012年2月21日(2年前) (2012-02-21
使用できる言語 英語
使用できる
プログラミング言語
BBC BASICCC++アセンブリ言語
アップデート方式 フラッシュメモリまたはOTP ROM
対応プラットフォーム ARM
ライセンス シェアードソース[3] (5.xx)、プロプライエタリ (6.xx)
ウェブサイト RISC OS Open Ltd, RISCOS Ltd

RISC OS (play /rɪskˈɛs/)[4]は、ARMアーキテクチャシステム向けに設計されたグラフィカルユーザインタフェースベースの一連のオペレーティングシステム (OS) である。ARMがRISCアーキテクチャであることから名付けられた。エイコーン・コンピュータが1987年、Acorn RISC Machine プロセッサを採用した自社製のArchimedesというパーソナルコンピュータ向けに開発したのが最初である。コマンドラインインタフェースウィンドウシステムを伴ったデスクトップ環境を備えている。

1988年から1998年まで、ほぼ全てのエイコーン製のARMベースのコンピュータ(Archimedes、RiscPC、NewsPad、A7000)にバンドルされていた。オラクルネットワークコンピュータやその互換機で RISC OS の派生版 (NCOS) が使われていた。1998年にエイコーンが解体されると、このOSの開発はフォークし、RISCOS LtdPace Micro TechnologyCastle Technology といったいくつかの企業がそれぞれ開発を継続した。1998年以降は、Iyonix[5]A9homeといったARMベースのデスクトップコンピュータにバンドルされてきた。2012年現在も開発はフォークしたままであり、RISCOS Ltd と RISC OS Open コミュニティで開発されている。

最近の安定バージョンが動作するプラットフォームとしては、ARMv3/ARMv4のRiscPC[6](あるいはVirtualAcornやRPCEmuなどのエミュレータ)、ARMv5のIyonix[7]、ARMv7ベースのCortex-A8プロセッサ[8][9]BeagleBoardTouch Bookなどで使われている)がある。2011年、Cortex-A9ベースのPandaBoardへの移植が発表され[10]Raspberry Pi 向けの開発版も公開されている[11][12][13]

歴史[編集]

1987年、Arthur 1.20 として生まれた。次のバージョンである Arthur 2 から RISC OS 2 と呼ばれるようになり、1989年4月にリリースとなった。RISC OS 3.00 はいくつかの新機能を搭載し、1991年に初期のA5000向けにリリースされた。1996年までに50万システム以上の RISC OS が出荷された[14]

エイコーンは1999年1月に RISC OS の開発を公式に停止し、社名を Element 14 に変えた。1999年3月、新たに創業した RISCOS Ltd が Element 14(およびその親会社となった Pace Micro Technology)からライセンス供与を受けて RISC OS 3.8 の開発を継続し、1999年7月に RISC OS 4 としてリリース。同社によれば、2005年に生産停止となるまでに RISC OS 4.02 を搭載したROMが6,400個出荷された。

2001年5月、RISCOS Ltd は、ユーザーが最新のOSアップデートにアクセスできるようにする RISC OS Select を開始した。ソフト的にロード可能なROMイメージ英語版形式でリリースするもので、ROM上のOSでブートした際にロードできる。2002年5月に Select 1、2002年11月に Select 2、2004年6月に最後の Select 3 がリリースされている。同時にROM版のバージョン4.39をリリース。これは3ボタンマウスを 'Select', 'Menu', 'Adjust' として使えるようにしたバージョンで、RISC OS Adjust とも呼ばれている。

2002年10月、Castle TechnologyIyonix PC をリリースした。Paceがセットトップボックス向けに改良したNCOSをベースとした別系統の RISC OS 5 が搭載されている。2006年10月、Castleは RISC OS 5 をシェアードソース型ライセンスで公開する計画を発表。その管理を行う会社として RISC OS Open Ltd. が創設された。

同じく2006年10月、RISCOS Ltd は RISC OS Six を発表。これまで通り Select 方式で Select 4 として出荷するとした。ベータ版の RISC OS 6, Preview 1 (Select 4i1) が2007年に登場し、Select の購読者全員に対して無料で提供された。2009年4月には Select 5 が出荷されている。

2009年12月、RISCOS Ltd は最新版の Select 6i1 を出荷した。

サポートしているハードウェア[編集]

RISC OS の各バージョンとそれらが動作するハードウェアの対応を下表に示す。

RISC OS 対応ハードウェア
マシン 発売年 バージョン RISC OS Open
が開発したROM[15]
最初 最後
26ビットのプログラムカウンタを持つARM
Acorn Archimedes 1987年 - 1992年 0.30 - 3.1x 3.1x No
26または32ビットのプログラムカウンタを持つARM
Acorn Risc PC 1994年[16] 3.50[16] 6.20[17] Yes
Acorn A7000/A7000+ 1995年[18] - 1997年[19] 3.60[18] - 3.71[19] 6.20[17] Yes
Acorn Phoebe 1998年(開発中止) 3.80 (Ursula) N/A No
MicroDigital Medi[20] 1998年[21] 3.71[21] 6.20 Yes
MicroDigital Mico 1999年[22] 4.03[22] 4.39[17] Yes[23]
RiscStation R7500 1999年[24] 4.03[24] 4.39[17] 不明
Castle Kinetic RiscPC 2000年[25] 4.03 6.20 未決定
MicroDigital Omega 2003年[26] 4.03[27] 4.39[17] No[23]
Advantage Six A75 2004年[28] 4.39[29] 不明
32ビットのプログラムカウンタを持つARM
Iyonix Ltd Iyonix PC 2002年 5.01 5.18[15] Yes
Advantage Six A9(Home/RM/Loc) 2005年 4.42[17] No[23]
BeagleBoard[8] 2008年 5.15 5.18[15] Yes
Always Innovating Touch Book 2009年 5.15 Yes
PandaBoard[10] 2011年 5.17 Yes
OpenPandora Pandora 2009年 5.17 Yes[30]
Raspberry Pi[12] 2012年 5.19 Yes
未決定 = 公開されていない

Microsoft Windows 上で動作する商用エミュレータVirtualAcornもリリースされている。

RISC OS はかつてセットトップボックスのOSとしても使われていた。

機能と特徴[編集]

OS中核部[編集]

マルチユーザーOSであり、協調型マルチタスクである[31]。多くのOSがプリエンプティブマルチタスクマルチスレッドへと進化した中、RISC OS は協調型マルチタスクのままである。2003年ごろには、多くのユーザーがプリエンプティブマルチタスクへの移行を要望するようになった[32]メモリ保護機構も十分ではない[33]

このOSの中核部はROMに格納されており、ブートが高速でOSが壊れることがない。RISC OS 4 および 5 は4MBのフラッシュメモリに格納されており、ROMチップを交換することなくOSを更新可能になっている。複数のモジュールで構成されており、モジュール単位で更新・追加が可能で、ROM内にあるモジュールもROMチップを交換することなく更新可能である。そのような設計であるため、OS開発者はモジュール単位の更新が可能で、サードパーティがモジュールを更新・追加することも可能である。モジュールへのアクセスはソフトウェア割り込みを使用しており、他のOSのシステムコールに似ている。

多くのバージョンでフィルタやベクタを扱うABIが定義されている。OSの動作に割り込んだりOSの動作を変更したりする方法がいくつも提供されており、OSの挙動を簡単に変更できる。結果としてOSのルック・アンド・フィールをカスタマイズするサードパーティ製プログラムがいくつも開発されてきた。

ファイルシステム[編集]

ファイルシステムはボリューム指向であり、ボリューム(ディスク、ネットワーク共有など)単位にファイル階層が存在する。ファイルの種類は、拡張子ではなくメタデータで判別する。パス名は、次のような形式である。

ファイルシステム種別::ボリューム名.$.ディレクトリ階層.ファイル名/拡張子

$ はルートディレクトリを意味し、ディレクトリの区切りにはピリオド (.) を使用する。拡張子は不要だが、外部から拡張子付きのファイルをロードした際には、ピリオドがスラッシュに置き換えられる(例えば、example.txtexample/txt となる)[34]。例えば、

ADFS::HardDisc4.$.

は、HardDisc4 という名称のディスクのルートディレクトリを意味し、ファイルシステムとしてはADFSを使用していることを意味する。RISC OS のファイル種別は、他のシステムでは3桁の16進で ',xxx' のようにファイル名に添えることで保持できる[34][35]クロスプラットフォームのソフトウェアを使う場合、他のシステムでのファイル種別が RISC OS 上では '/[extension]' という形式でファイル名に添えられる[36]

特定の種別のファイルをボリュームとして扱えるファイルシステムもあり、ループデバイス英語版に似ている。OSではこの機能をイメージ・ファイリング・システムと称している。アーカイブ形式のファイルを透過的に扱うことができ、特殊なプロパティ付きのディレクトリ階層として見える。アーカイブ内のファイルはアーカイブ外へのシンボリックリンクであってもよい。

2GBを越えるファイルはサポートされていない。

ファイルフォーマット[編集]

ファイルフォーマットの判別にはメタデータを使用する。このマッピングを行っているのが MimeMap モジュールである[37]

カーネル[編集]

カーネル本体はシングルタスク型(協調型マルチタスクはWindowManagerモジュールで提供)であり、割り込み処理、DMAサービス、メモリ割り当て、画面表示などを担当している[31]

デスクトップ[編集]

GUIインタフェースとして3ボタンマウスに対応しており、コンテキストメニュー、ウィンドウ表示順序制御、動的ウィンドウフォーカス(ウィンドウは画面上隠れていても入力フォーカスを得ることができる)といった機能を備えている。Dock風のアイコンバーに、各ボリュームや動作中のアプリケーションやシステムユーティリティなどを表すアイコンが並んでいる。それらアイコンにもコンテキストメニューがあり、ドラッグ・アンド・ドロップにも対応している。

GUIはファイルをコンセプトの中心としている。Filerがディスクの内容を表示する。Filer内のアイコンをクリックすることでアプリケーションを起動し、アプリケーションからFilerにファイルをドラッグ・アンド・ドロップすることでセーブを行える。アプリケーションを格納するディレクトリをアプリケーションディレクトリと呼び、通常のディレクトリとは区別しディレクトリ名の前に感嘆符を添えて表示する。そのようなディレクトリをオープンしなくても、ダブルクリックするだけでアプリケーションを起動できる。アプリケーションのファイル群とリソース群がそのようなディレクトリ配下にあるが、通常その構成はユーザーから隠蔽されている。アプリケーションはアプリケーションディレクトリの形でドラッグ・アンド・ドロップすることでインストールおよび削除が可能である。

RISC OS のスタイルガイドが全体的なルック・アンド・フィールの統一を推奨している。これは RISC OS 3 から導入され、アプリケーションの見た目と挙動を規定している。エイコーンがOSにバンドルしていたアプリケーションはスタイルガイドに準拠していなかったが、2001に RISCOS Ltd が Select をリリースした際に更新された[38]

フォントマネージャ[編集]

1989年1月以前から[39]アウトラインフォントマネージャがフォントのアンチエイリアスを提供しており、この手の機能を搭載した世界初のOSだった[40][41][42][43]。1994年の RISC OS 3.5 から、それまでビットマップフォントを使っていた部分でもアンチエイリアスされたアウトラインフォントを使えるようになった[44]

バンドルされたアプリケーション[編集]

RISC OS にはプリインストールされたデスクトップアプリケーション群が付属している(時計、ゲーム、ドローソフト、テキストエディタ、楽譜作成ソフト、ペイントソフトなど)。

後方互換[編集]

新たなバージョンのOSやハードウェアへの移植性は高くない。BBC BASIC で書かれたプログラムは比較的移植が容易だが、デスクトップアプリケーションやゲームには深刻な後方互換問題がある。

1994年のRiscPCの登場と、後のStrongARM向けのアップグレードで、コード列と独自のデータ圧縮方式 (AIF) で非互換問題が生じた。そのためStrongARM向けアプリケーションにパッチをあて、AIFヘッダに対して伸長を行う UnsqueezeAIF というソフトウェアを提供した[45]。この非互換問題があったため、The ARM Club による Game On![46][47]StrongGuard[46][48][49] というソフトウェアのリリースが促進された。それらは非互換問題で動作できなかったソフトウェアを新システム上で動作できるようにするものである。A9home向けのOSでは、AIFヘッダのないソフトウェアは「デスクトップの破壊」を防ぐため[50]、動作できないようにされた[51]

Iyonix PC (RISC OS 5) と A9home(RISC OS 4 カスタム)では、26ビットのアドレッシングモードを捨てたためにさらなるソフトウェア非互換が生じた。活発に開発されていたアプリケーションの多くは、それ以降書き換えられることになった[52][53][54]静的コード解析で26ビット固有のコード列を検出する ARMalyser も登場した[55]。その出力を使ってソースコードがない古いアプリケーションを32ビット版にすることができる[55][55][56]。一部の26ビット版ソフトウェアは、Aemulorというエミュレータを使えば修正することなく動作する[54][57][58]

BeagleBoardのARMv7やRaspberry PiのARMv6でも非互換が生じている[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ Revill, Steve (2012年2月24日). “RISC OS 5.18 for Iyonix and Beagleboard”. RISC OS Open. 2012年2月24日閲覧。
  2. ^ RISC OS Shared Source FAQ, RISC OS Open, accessed 2011-01-06
  3. ^ About us: RISC OS Open Limited FAQ”. RISC OS Open. 2011年6月13日閲覧。
  4. ^ “Acorn announces distribution deal with Castle Technology for RISC based products”. Press release (Acorn Computers Ltd). (1998年10月12日). オリジナル1999年5月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/19990506180305/http://www.acorn.co.uk/acorn/news/press/castle.html 2011年1月6日閲覧. "(October 12th 1998), Cambridge, UK-Acorn announced today that it has completed negotiations with Castle Technology for them to distribute Acorn products." 
  5. ^ Risc os 6 general faq”. RISCOS Ltd. 2011年1月31日閲覧。 “[RISC OS 6 is] suitable for Risc PC, A7000 and Virtual Acorn products.”
  6. ^ RISC OS 5 features”. Iyonix Ltd. 2011年1月31日閲覧。 “All IYONIX pcs ship with RISC OS 5 in flash ROM.”
  7. ^ a b Farrell, Nick (2009年4月27日). “Snaps leak of RISC OS5 on Beagleboard”. The Inquirer. 2011年6月28日閲覧。 “A snap of an RISC OS 5, running on a Beagleboard device powered by a 600MHz ARM Cortex-A8 processor with a built-in graphics chip, has tipped up on the world wide wibble. The port developed by Jeffrey Lee is a breakthrough for the shared-source project because it has ported the OS without an army of engineers.”
  8. ^ Cortex-A8 port status”. RISC OS Open. 2011年1月31日閲覧。 “[The port includes] a modified version of the RISC OS kernel containing support for (all) Cortex-A8 CPU cores.”
  9. ^ a b Lee, Jeffrey (2011年8月2日). “Have I Got Old News For You”. The Icon Bar. 2011年9月28日閲覧。 “[...] Willi Theiss has recently announced that he's been working on a port of RISC OS to the PandaBoard [...]”
  10. ^ Lee, Jeffrey. “Newsround”. The Icon Bar. 2011年10月17日閲覧。
  11. ^ a b Holwerda, Thom (2011年10月31日). “Raspberry Pi To Embrace RISC OS”. OSNews. 2011年11月1日閲覧。
  12. ^ Dewhurst, Christopher (2011年12月). “The London show 2011”. Archive (magazine) 23 (3): pp. 3 
  13. ^ ART – Acorn RISC OS
  14. ^ a b c RISC OS Open: ROM image releases
  15. ^ a b Chris's Acorns – Risc PC
  16. ^ a b c d e f RISC OS Six Frequently Asked Questions
  17. ^ a b Chris's Acorns – A7000
  18. ^ a b Chris's Acorns – A7000+
  19. ^ A7000+をパッケージし直した機種
  20. ^ a b Chris's Acorns – Microdigital Medi
  21. ^ a b Chris's Acorns – Microdigital Mico
  22. ^ a b c RISC OS Open Forum IOMD development / issues
  23. ^ a b Chris's Acorns – RiscStation R7500
  24. ^ Castle reveal Kinetic to the press
  25. ^ Drobe – Omega production saga continues
  26. ^ – Microdigital Omega
  27. ^ Drobe – A75 is ARM7500FE ruggable
  28. ^ Advantage6: Thea75
  29. ^ Let's get started with a Pandora port
  30. ^ a b Palmer, Stewart (December 1996). “A RISC OS for all Seasons: Tired of OSes that require acres of memory and huge hard drives?”. Byte 21 (12): 49. ISSN 0360-5280. OCLC 208951251. http://trove.nla.gov.au/work/46186455. 
  31. ^ Williams, Chris (2003年7月26日). “Imagining RISC OS and PMT”. Drobe. http://www.drobe.co.uk/article.php?id=764 2012年7月10日閲覧。 
  32. ^ Michael Reed Tech Book 1 – Published articles Oct 2006 – June 2008
  33. ^ a b Naulls, Peter (2004年1月2日). “RISC OS filename translation”. Drobe. 2012年4月25日閲覧。
  34. ^ Emulating RISC OS under Windows
  35. ^ Fitton, Gerald (August 1994), “Fireworkz for Windows”, Archive (Glastonbury: Abbey Press) 7 (11): 21, OCLC 222434223, http://downloads.abacusline.me.uk/pdf/Arc/2007/GC0701.pdf 
  36. ^ Iyonix: MIMEMap
  37. ^ Mellor, Phil (2007年3月23日). “An arbitrary number of possibly influential RISC OS things”. The Icon Bar. 2011年9月27日閲覧。 “Admittedly it wasn't until RISC OS Select was released, almost 10 years later, that the standard Acorn applications (Draw, Edit, and Paint) implemented the style guide's clipboard recommendations, but most products followed it with care.”
  38. ^ Pountain, Dick (1988年12月). “Screentest: Archie RISC OS”. Personal Computer World: p. 154. http://acorn.chriswhy.co.uk/docs/Mags/PCW/PCW_Jan89_RISCOS.pdf 2011年1月14日閲覧. "[ArcDraw] can also add text in multiple sizes and fonts to a drawing (including anti-aliased fonts)" 
  39. ^ Round, Mark (2004年2月26日). “Emulating RISC OS under Windows”. OSnews. OSNews. 2011年5月12日閲覧。 “Many of the UI concepts that we take for granted were first pioneered in RISC OS, for instance: scalable anti-aliased fonts and an operating system extendable by 'modules', while most of the PC world was still on Windows 3.0.”
  40. ^ Ghiraddje (2009年12月22日). “The RISC OS GUI”. Telcontar.net. 2011年5月12日閲覧。 “Only with Mac OS X did any mainstream graphical interface provide the smoothly rendered, fractionally spaced type that Acorn accomplished in 1992 or earlier.”
  41. ^ Reimer, Jeremy (2005年5月). “A History of the GUI”. ArsTechnica. 2011年5月25日閲覧。 “[...] in 1987, the UK-based company Acorn Computers introduced their [...] GUI, called "Arthur", also was the first to feature anti-aliased display of on-screen fonts, even in 16-color mode!”
  42. ^ Holwerda, Thom (2005年6月23日). “Screen Fonts: Shape Accuracy or On-Screen Readability?”. OSNews. 2011年6月13日閲覧。 “[...] it was RISC OS that had the first system-wide, intricate [...] font rendering in operating systems.”
  43. ^ Acorn Computers Support Group Application Notice 253 - New features of RISC OS version 3.5
  44. ^ Application Note 295”. Engineering Support Application Note. Acorn Computers (1996年10月4日). 2012年6月28日閲覧。
  45. ^ a b Foggy (2001年7月11日). “Games FAQ”. Acorn Arcade. http://acornarcade.com/articles/Games_FAQ/index1004.html 2012年6月27日閲覧。 
  46. ^ Game On!”. The ARM Club - Software Products. The ARM Club. 2001年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月27日閲覧。
  47. ^ StrongGuard”. The ARM Club - Software Products. The ARM Club. 2009年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月27日閲覧。
  48. ^ McKillop, Keith (2000年11月22日). “RISC OS 2000: Show Report”. Acorn Arcade. http://acornarcade.com/RISC_OS_2000_Show_Report/news971.html 2012年6月27日閲覧。 
  49. ^ Williams, Chris (2006年4月17日). “ROL release C99 SCL to A9home users”. Drobe. http://www.drobe.co.uk/article.php?id=1580 2012年6月28日閲覧。 
  50. ^ RISCOS Ltd News”. RISCOS Ltd (2006年5月). 2012年6月28日閲覧。
  51. ^ Thompson, Matt. “Iyonix Issues”. RISC World 7 (2). http://www.apdl.co.uk/riscworld/volume7/issue2/iyonix/index.htm 2012年6月27日閲覧。 
  52. ^ Thompson, Matt. “Iyonix Issues”. RISC World 8 (2). http://www.apdl.co.uk/riscworld/volume8/issue2/iyonix/index.htm 2012年6月27日閲覧。 
  53. ^ a b A Guide to RISC OS Versions”. WROCC website. Wakefield RISC OS Computer Club. 2012年6月27日閲覧。
  54. ^ a b c Brett, Paul. “PD World”. RISC World 7 (1). http://www.apdl.co.uk/riscworld/volume7/issue1/pd/index.htm 2012年6月27日閲覧。 
  55. ^ Free Software”. The ARM Club website. The ARM Club. 2012年6月27日閲覧。
  56. ^ Williams, Chris (2002年11月19日). “Aemulor: Number of apps working on Iyonix 'growing daily'”. Drobe. http://www.drobe.co.uk/article.php?id=488 2012年6月21日閲覧。 
  57. ^ Williams, Chris (2003年3月25日). “Aemulor sees the light of day”. Drobe. http://www.drobe.co.uk/riscos/artifact602.html 2012年6月27日閲覧。 

外部リンク[編集]