ルック・アンド・フィール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルック・アンド・フィール: look and feel、LnF)とは、グラフィカルユーザインタフェースにおける色、形状、レイアウト、書体のような要素を含むデザインの側面(ルック)と、ボタン、ボックス、メニューといった動的振る舞い(フィール)からなる。

ルック・アンド・フィールという用語はソフトウェアウェブサイト両方に関して使われている。それ以外にも、文書では例えば、視覚的なレイアウト(ドキュメントサイズ、色、フォント、その他)と書法を表して使われる。機器などでは、それは生産ライン上での表示と制御の一貫性を意味する。

オペレーティングシステム[編集]

オペレーティングシステムユーザインタフェースのルック・アンド・フィールには主に二つの目的がある。まず、それは一目見てその製品がある会社のものであると認識させるブランドの役割を持つ。第二に、ユーザが製品機能(見た目、使い方など)に慣れてくると、同じルック・アンド・フィールの他の製品を簡単に使いこなせるようになる。いくつかの会社が自社のルック・アンド・フィールについて著作権を主張しようとしている。

アップルコンピュータは自社の Mac OS オペレーティングシステムに関して用語ルック・アンド・フィールを使ったことで注目された。同社は、類似のルック・アンド・フィールを持つソフトウェアを開発しようとする他のソフトウェア開発企業を妨害しようとして、いくつかは成功した。アップルは、彼らのソフトウェアのルック・アンド・フィールには著作権があると主張した。また、彼らは Macintosh 用のソフトを開発していたマイクロソフトに対しても訴えを起こし、Windows オペレーティングシステムはアップル社のルック・アンド・フィールの違法コピーだと主張した。 結末の大部分はアップルが Windows 1.0 をマイクロソフトが許可したライセンスをベースに解決した。ロータスボーランドの対決で一等控訴裁判所はユーザインタフェースのフィールの著作権を棄却した。

ウィジェット・ツールキット[編集]

オペレーティングシステムのユーザインタフェースに反して、製品と一体である部品のルック・アンド・フィールとして、ウィジェット・ツールキットはよく、ユーザに、デフォルトルック・アンド・フィールを得るか、完全に彼らが自分で定義することでアプリケーションのルック・アンド・フィールを特殊化することを許している。この特殊化はユーザがソフトウェアにふれあう方法で完全に特殊化するスキンウィジェットの外観)によって実現できる。

アプリケーションと提携するルック・アンド・フィールの定義は初期化によって行われるが、Java APIの一部であるいくつかの Swing ウィジェットツールキットのようなウィジェット・ツールキットは、ユーザに実行時にルック・アンド・フィール変更を許可する。

ルック・アンド・フィール設定をサポートするウィジェット・ツールキットのいくつかの例:

  • XUL: ユーザインタフェースのルック・アンド・フィールはXUL定義ファイルと関連するCSSファイルを特殊化できる。デフォルトから特殊化できるプロパティは例えば、ウィジェットの全景や背景、フォント、ウィジェットのサイズなどである。
  • Swing は、デフォルトまたは存在するもの、または寄せ集めで作ったもの、またはJ2SE 5.0から利用可能になったsynth(スキン可能なルック・アンド・フィール)と呼ばれるXMLプロパティファイルによってウィジェットの特殊化をサポートする。

文学[編集]

ダグラス・クープランドの小説・『マイクロサーフス』[1]における登場人物の一人が、所有する二匹の ハムスターにルックとフィールという名前をつけた。

脚注[編集]

  1. ^ : Microserfs

外部リンク[編集]