Inter-IC Sound

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Inter-IC Sound(IC間サウンド)とは、IC間でデジタル音声データをシリアル転送するための規格である。一般的にはI2Sと表記される。

規格[編集]

I2Sは、3本の信号線から構成される。これらは同期で転送される。信号線の名称はメーカーやデータシートなどにより若干異なる場合があるが、代表的な名称をあげる。

LRCLK
LR Clock(エルアールクロック)。2チャンネルステレオにおいて、音声信号のLチャネルとRチャネルを区別するための信号。WDCLK(Word Clock - ワードクロック)とも記述される。
BCLK
Bit Clock(ビットクロック)。SDATAの信号のタイミングに合わせてラッチする。これによりSDATAが若干ぶれてもビット列を正確に伝送することが出来る。SCLK(Serial Clock - シリアルクロック)とも記述される。
SDATA
Serial Data(シリアルデータ)。デジタル化された音声データのビット列である。

ICの規格によっては、この他に基準クロック用の信号(MCLK)を必要とする場合がある。

MCLK
Master Clock(マスタークロック)。デジタル信号の動作基準となるクロック信号。ICによっては、外部からクロックを供給せずに、上記3信号と同期するようにしてMCLKの供給が必要になることがある。SYSCLK(System Clock - システムクロック)とも記述される。

用途[編集]

主に、音声用のD/Aコンバータ(DAC)の入力やA/Dコンバータ(ADC)の出力、S/PDIFUSBからの入力データを転送するためのDAI(Digital Audio Interface)の出力などに用いられている。

外部リンク[編集]

ラトックシステム PC Audioブログ: #20 Digital Audioの伝送について(I2S編)