Media Oriented Systems Transport

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Media Oriented Systems TransportMOST)は、自動車などの輸送機械で、マルチメディア装置間を接続するために策定されたコンピュータネットワーク規格である。従来の車載バス規格と異なり光ファイバーを使っているため、遥かに高速なデータ転送を実現している。

MOST規格には、OSI参照モデルの全7層に対応する仕様が定義されている。トポロジーはリング状が一般的だが、スター状や二重リング状の構成もある。最大64個のデバイスを相互接続する。各デバイスはプラグアンドプレイで容易に着脱可能である。タイミングマスタ (Timing Master) と呼ばれるノードが継続的にデータフレームをフィードし、データのゲートとして機能する。総帯域幅(ストリーミングとそれ以外を含む)は約23Mボーである。

MOST は、業界の標準化団体 MOST Cooperatin が策定した。参加企業は自動車製造業者(フォード・モーターBMWダイムラーゼネラルモーターズ)、自動車向けの電子機器製造業者(インフィニオン・テクノロジーズ、Delphi E&S、デンソー[1])、AV機器製造業者(ソニーフィリップスリンモトローラ)などである。

SMSC、MediaLB、MOST は SMSC(スタンダードマイクロシステムズ)の登録商標である。MOST Cooperation は、この規格を使用するにあたって料金を徴収していない。

脚注[編集]

外部リンク[編集]