Direct Media Interface

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DMI または Direct Media Interface (ダイレクト・メディア・インタフェース)は、マザーボード上でインテルノースブリッジとインテルのサウスブリッジを接続するための、ポイントツーポイントの接続方式である。DMI は、以前のチップセットで使われていたハブインタフェースの後継である。DMI は 10 Gb/s の双方向データレートを実現し、2004年にリリースされた ICH6 で最初に使用された。実体はおそらく(改修された) PCI-E x4 v1.1 インタフェースである。一部のモバイル用ノースブリッジ(915GMS と 945GMS/GSE/GU)とモバイル用プロセッサ(Atom N450)では PCI-E x2 を使用し、半分のデータレート(5 Gb/s)となっている。サーバチップセットは、Enterprise Southbridge Interface (ESI) と呼ばれる PCI x4 に基づいた同様のインタフェースを使用する。2004年以降のインテルの全てのチップセットは、このインタフェースのいずれかのバージョンを使用している。このチップセットという表現は、ノースブリッジと(存在する場合は)サウスブリッジを示している。ICH6以降のインタフェースは DMI と呼ばれているが、インテルは相互に動作するデバイスの組み合わせを表明している。従って、DMI インタフェースが存在することは、あるノースブリッジが、あるサウスブリッジと接続できることを保証するものではない。I/O バス上で回復不能のエラーが発生した場合、システムエラーメッセージ (SERR DMI msg)が DMI を通して送られる。

以下のチップセットファミリに含まれる「ノースブリッジ」デバイスは DMI をサポートしている:

以下の「サウスブリッジ」デバイスは DMI をサポートしている:

加えて、インテルのNehalemおよびSandy Bridgeに基づいたCPUファミリでは、DMI は直接CPUに実装している。これらのプロセッサを使うことで、マザーボード上のノースブリッジが不要となる。

関連項目[編集]