ExpressCard

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ExpressCard 2種(上・中)とPCカード
ExpressCard/34対応eSATAカード
ExpressCard/34対応データ通信カード

Express Card(エクスプレスカード)はIBMインテルテキサス・インスツルメンツデルヒューレット・パッカードマイクロソフトレキサー・メディア、SCM Microsystemsといった各社の協業で、規格策定団体PCMCIAにおいて2003年に策定された、PCカードに代わるパソコンノートパソコン)用小型カード型インターフェース、およびその規格による拡張カード

概要[編集]

PCカードの後継として開発されたものであり、PCカードがデスクトップPC用の拡張バス規格ISAを、CardBusではPCIバスを基にモバイル向けに規格化されて来ているように、ExpressCardではPCI Expressバス(とUSB2.0)を基に設計・規格化されている。バスの性能・能力的には、現在PCカードで使われている機能は(再設計によって)すべてExpressCardに置き換えることも可能であるが、PCカードとの物理的な互換性はない。

接続インタフェースにはPCI Express x1とUSB2.0が用いられ、通常はそのうちのどちらか一方を使用する。サイズは幅が34mm (ExpressCard/34)、または54mm (ExpressCard/54) とふたつのタイプがあり、どちらも長さ75mm、厚み5mmとなっており、製品にExpressCardスロットを搭載する際、どちらのサイズに対応させても構わないが、ExpressCard/54対応スロットではExpressCard/34カードも利用できることが条件となっている。

各社のノートPCがPCI Expressに対応したチップセットを採用するに連れてExpressCardの採用例も一定数存在していたが、2013年現在、ExpressCardを搭載するノートPCがほとんど存在しない現状である。 理由はいくつか考えられるが、USB3.0Thunderboltなどの利便性に優れた規格に代替されていったことや、Ultrabookに代表される小型薄型化により物理的なスペース確保が難しくなった事が挙げられる。

PC Card/CardBusからExpressCardへの移行は2005年頃から本格的に始まったが、傾向としてはコンシューマ向けノートPCの対応が早く、一方の法人向け製品ではCardBusの採用や併設が長く続いており、2010年頃まではCardBusスロットを持つ製品の提供が続いていた。 移行の特に初期では、筐体寸法に余裕のある大型の機種でPCカードとExpressCardの両スロット併設とした例や、本体側にCardBusスロットを備え、ドッキングステーション側にExpressCardスロットを配置する製品や、本体側にExpressCardスロット、ドック側にCardBusスロットを備える製品なども提供された。

ピン配列[編集]

ピン 信号
1 GROUND
2 USB データ-
3 USB データ+
4 CP USB #
5 予備
6 予備
7 予備
8 SMBus CLK
9 SMBus データ
10 +1.6V
11 WAKE #
12 +3.3V AUX
13 Power Switch #
14 +3.3V
15 +3.3V
16 Clock Request #
17 CPPE #
18 Ref CLK-
19 Ref CLK+
20 GROUND
21 PERn0
22 PERp0
23 GROUND
24 PETn0
25 PETp0
26 GROUND
  • 1 - 5ピンがUSB2.0端子、10 - 26ピンがPCI Express端子。

データ通信カード[編集]

現在、NTTドコモイー・モバイルなどからExpressCard型のデータ通信カードが発売されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]