Cバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cバスの例(LAN)

Cバス日本電気PC-9800シリーズに搭載されていた拡張スロットの名称である。

この名称は、1990年NESAを搭載したPC-H98シリーズが発売された際に32ビットバスのNESAバスをE-BUS(Extension Bus)、16ビットの従来互換バスをCバス(Compatible Bus)と呼称したことからこれ以降使われるようになったものであり、それ以前は単に拡張スロットまたは、98バス等と呼ばれていた。

98シリーズ以外にもCバスの採用機種があった。PC-88VAシリーズ文豪シリーズの一部機種、SHARP MZ-2861など。

規格[編集]

  • Intel 8086のCPUバスに準拠。
    • ただし、1985年発売のPC-98XA以降の機種では、Intel 80286に対応し、アドレス線が20bitから24bitに拡大されている。
  • 5MHz、8MHz もしくは 10MHzで駆動され、10Mbytes/secの理論最大転送帯域を有する。
  • 1スロット当り、+5V 0.8A、+12V 0.06A、-12V 0.07A(EPSON98互換機はそれぞれ1A、0.125A、0.075A)の電源容量が保証され、他のスロットを使用しない前提でn倍の電力を消費することも許されている。
  • 拡張カードは奥行き17cm、幅15cmの長方形で、部品実装面の厚さは2.5cmまでが許容されている。
  • 100本の端子を持ち、アドレスバス、データバスの数本おきに1つGNDを配置、クロックや12V等のノイズが発生しやすい端子は端にまとめるなど、電気的によく考えられた構造になっている。
  • 筐体を開けずに抜き差しできるようにエッジ・コネクタには引き抜き用のレバーが装着されている。

Cバスは、サウンドカードビデオカード、拡張メモリ、TVチューナーカード、LANカード、MIDIカード、USB 1.0カード、SCSIカード、自作基板向けブランクボード、計測器用独自通信拡張カード、NC加工機制御用通信カードなどがあったが、いずれも転送速度の遅さから1996年以降減少し、現在はない。また、豊富な電力供給より、Cバス型マザーボードも考案され、DOS/V規格のマシンに改造することもできた。

他の類似の拡張バス[編集]

  • 98NOTE用110ピン拡張バス - Cバスと増設用FDDの信号線が出力されている。EPSONの98互換機ノートタイプパソコンでも後期のもので採用されている(前期のものはEPSON独自のバス)。9821NOTEでは198ピンとなっているがオプションで110ピンに変換可能。
  • Lスロット - EPSON互換機のブック・ノートタイプパソコンに搭載された小型の拡張スロット。

PCカードスロットやPCIスロットをCバスに変換するアダプタもサードパーティーから発売されている。

関連項目[編集]