Ubuntu

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ubuntu
Ubuntu logo
Ubuntu 13.10 release.png
Ubuntu Desktop 13.10 Saucy Salamander
開発元企業 / 開発者 カノニカル
/ Ubuntu Foundation
OSの系統 Unix系
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
初リリース 2004年10月20日(9年前) (2004-10-20
最新安定版リリース 14.04 Trusty Tahr / 2014年04月17日(3か月前) (2014-04-17[1]
使用できる言語 多言語(55言語以上)
アップデート方式 APT(UIとして Ubuntuソフトウェアセンター, Synaptic 等)
パッケージ管理 dpkg
対応プラットフォーム i386, AMD64,[2] ARM[2][3][4][5][6]
カーネル種別 モノリシックLinuxカーネル
ユーザランド GNU
既定のユーザインタフェース Unity
ライセンス GPLおよびその他のライセンス
ウェブサイト www.ubuntu.com, www.ubuntulinux.jp

Ubuntu(ウブントゥ[7]国際音声記号[ʊˈbʊntuː]; oo-BOON-too[8])は、Debian GNU/Linuxをベースとしたオペレーティングシステム (OS) である。Linuxディストリビューションの1つであり、自由なソフトウェアとして提供されている。

Ubuntuの開発目標は、「誰にでも使いやすい最新かつ安定したOS」を提供することである。 Ubuntuという名称は、南アフリカズールー語の言葉で「他者への思いやり」を意味する[9]

Ubuntuはカノニカルから支援を受けて開発されている。カノニカルの創業者は、南アフリカ生まれでイギリス市民権を持つマーク・シャトルワースである。

特徴[編集]

2009のParis Ubuntu Partyで話をするマーク・シャトルワース

管理権限の必要な作業では標準でsudoを利用するように[10]、Ubuntuは使いやすさを重要視している[11]

インストーラであるUbiquityでは、Live CD環境から直接ハードディスクにインストールが可能である。

Ubuntuは、アクセシビリティ国際化にも力をいれており、5.04からはUTF-8が標準の文字コードとなった。

Ubuntuには標準的なシステムツールといくつかの小さなアプリケーションに加えて、写真編集ツール Shotwell、オフィススイート LibreOffice、インターネットブラウザである Mozilla Firefox、インターネット・メッセンジャEmpathyなどもデフォルトでインストールされている。また、数独チェスなどの小さなカードゲームパズルゲームも同梱されている。Ubuntuはセキュリティの観点から、最初からすべてのポートを閉じている。

デザイン[編集]

現在のユーザインタフェースは、紫色を基調としたLightと呼ばれる外見になっている。

Ubuntuのロゴのフォントは、イギリスのフォント制作会社Dalton Maag Ltd.が制作したフォントUbuntu Font Familyである。最初のリリースから9.10 (Karmic Koala) までは、Andy Fitzsimonが作成したフォントUbuntu-Titleが使われていたが、10.04 (Lucid Lynx)からUbuntu Font Familyが使われている。

対応するインタフェース[編集]

Ubuntuは始め、デスクトップ版とサーバ版のみだったが、カノニカルは2012年、Ubuntu for AndroidUbuntu Touch などを発表し、モバイル向けインタフェースにも対応した。

また、Ubuntu Edgeなどの開発、携帯電話ベンダーとの契約を発表した[いつ?]スマートフォンタブレットデスクトップで同じものを共有できるOSを目指している。

デスクトップ環境[編集]

Unityインタフェース
(Dashホームメニューを表示中)

長い間、GNOME 2 以前の標準のインタフェースである GNOME パネルが用いられていたが、GNOME 3のリリースと同時期にUbuntu独自のインタフェースに変更された。

Unity[編集]

Ubuntu 11.04からはデフォルトがUnityに置き換えられ、GNOMEパネルの代わりとなった。

Unityではデスクトップの左端に「アプリケーション」のサイドバー (Dock) が取り入れられ、これまでのGNOMEパネルの下部パネルが取り外された。また、これまでの上部パネルの通知領域が残されているのに対し、左端にあった「アプリケーション」「場所」「システム」の項目がUbuntuのロゴ1つ(Dash) に置き替えられた。これをクリックするとインストールされたアプリケーション、インストールできるアプリケーションが検索できる。

Unity 2D[編集]

Unity 2D は、CompizのプラグインであるUnityとは違い、独立したアプリケーションとして動作する。Unity 2DはQtフレームワークを用いて作られている。Unityは初期状態ではMetacityで動作するようになっているが、CompizやKWinといったウィンドウマネージャ上でも動作する。

Unity 2D は、11.04では追加可能なパッケージとして提供されていたが、11.10からは11.04のGNOMEクラシックに代わり、Unity 3D が動作しないハードウェア環境のユーザー向けのデフォルトデスクトップ環境として提供されている。 また、12.10ではOpenGLを使用せずにUnity 3Dを動作させられるので、Unity 2Dは廃止されている。

その他[編集]

その他のデスクトップ環境パッケージとしてKDEXfceLXDEGNOME Shell等が含まれており、これらをデフォルトにしたKubuntuXubuntuLubuntuUbuntu GNOMEがそれぞれ配布されている。

世間の評価[編集]

ユーザエージェントのカウントによると、Ubuntuは、インターネットトラフィックにおける0.5%[12]から0.65%[13] の割合を占めており、Webクライアントの中で最も人気のあるLinuxディストリビューションである。

マーク・シャトルワースによると、2006年の末までに少なくとも800万人のUbuntuユーザがいる[14]。カノニカルの Chris Kenyon によると、2010年4月時点で1200万を超えるユーザーがいた。

サーバー版に関しても、WikipediaをホスティングするWikimedia財団が採用するなど[15]、個人のみならず大規模な採用者も増えている[16]

W3Techsの調査では、2011年の6月、トラフィックの多いサーバーの間ではUbuntuのシェアはRHELのシェアを超えた[17]。 日本では主に、北海道夕張市大阪府箕面市が、Ubuntu及びその派生ディストリビューションの導入を行った。

Ubuntuは、世界で最も使用者数の多いLinuxディストリビューションの1つである。しかし、一方で開発者マーク・シャトルワースの独善的な振る舞いや、UnityMir等の採用に代表されるLinuxのトレンドを無視した独自の機能強化が目立ち、それを嫌う向きもあるとされる[18]

DistroWatch.comのランキングの推移[編集]

DistroWatch[1]とはオープンソースオペレーティングシステムを紹介しているニュースサイトの一つで、主としてLinuxBSDディストリビューションのリリース情報や標準デスクトップアプリケーションの比較記事などを掲載している。メジャー・マイナー問わず、各ディストリビューションのリリース情報やスクリーンショットなどをそれぞれ個別のページに管理しており、各OSのページ閲覧数を「Page Hit Ranking」としてトップページに掲載している[19]

現在、Distrowatch.com[2]のランキングで2010年までの数年[いつ?]を連続で1位を獲得したLinuxディストリビューションである[要説明]。この人気はGoogle検索において、2004年以来の"Ubuntu"の検索回数増加と、同じ期間の"Fedora"、"Debian"、"SUSE"などの他の主要なデスクトップ向けLinuxディストリビューションに関連する語の検索回数減少もしくは高原状態を見比べることによって裏付けられる指標の一つと言える[20][要説明]

これまでDistroWatch閲覧数ランキングで1位であったUbuntuが、Linux Mint に抜かされ2位に落ちた原因は、Ubuntu 11.04 から標準で採用された新しいデスクトップ環境Unityがユーザーに不評だったためだという記事[21][22]がある。たしかに、DistroWatchのページ閲覧ランクはLinux Mint及びMageiaよりも減少していると考えられるが、Google Trends の検索回数の変化は大きくない[23]ことから、それだけの情報では「シェアが減少した」と決めつけられないという見方もある[24]

フリーソフトウェア財団からの批判[編集]

フリーソフトウェア財団の会長のリチャード・ストールマンは、Ubuntu 12.10よりUnity Lens検索に標準導入されたAmazonの商品検索を使うことにより、検索クエリやIPアドレスがCanonicalのサーバーを通ってしまう[25]ことに「まるでスパイウェアである」などの批判をし、Ubuntuの利用を控えるように主張した[26]。それに対しUbuntuの開発元Canonicalのマーク・シャトルワースは、自身のブログで反論した[27]

以前からも、フリーソフトウェア財団からはUbuntuやAmazonに対し以下のような批判がされている。

  • Ubuntuは、不自由なソフトウェアの特定のリポジトリを利用することを推進している[28]
  • Ubuntuの独自のLinuxカーネルには、バイナリ・ブロブファームウェアが導入されている[29]
  • Ubuntuは、変更を加えず複製して販売することを禁止している[30]
  • AmazonDRM関連企業であり、労働者、著者、出版社を虐待している[31]

Debianとの関係[編集]

Ubuntuは、Debian GNU/Linux をベースに開発されている。Debianに由来する他の派生ディストリビューションの中には、プロプライエタリなソフトウェアクローズドソースな機能を追加しているものもあるが、Ubuntuではなるべく自由なソフトウェアを使うことを方針としており、Debian の思想に近い位置に立つように努めている[32]。しかしながら、現在のUbuntuはユーザーの使い勝手や利便性を考慮してか、プロプライエタリドライバやソフトウェアを標準でサポートしている。

Ubuntuのパッケージは、基本的にDebianのテスト版を元に作られており、Debianと同様に、パッケージファイル形式としてdebを、パッケージ管理システムとしてAPT/Synapticを使うことができる。ただし、Ubuntu と Debian のパッケージの間に「バイナリ互換性」は完全には保証されていない[33]。Ubuntuのパッケージ開発者の多くは、母体となるDebianからカノニカルへと「自由意思」で移動してきている。Ubuntuへ「移籍」したメンテナの中には、移籍後もDebianの基本パッケージのメンテナンスにも協力し続けている者もいる。Ubuntuでは、Debianパッケージに対する変更点の告知をリリース時のみだけではなく、直接かつ迅速に Debian に伝えるようにしている[34]

Ubuntuは当初、Debianコミュニティから人材を確保しようとした。この際、Debian側では混乱を強いられ、開発も一時遅延した。このため、Debianの創設者である イアン・マードック (Ian Murdock) も、UbuntuはDebianのパッケージやDebian自身と完全には互換性がなく、開発リソースの分散やフィードバックにおいて問題が起こると懸念を示した[35]。イアン・マードックは Ubuntu コミュニティとの一連の騒動の後、Debianから脱退した。

歴史[編集]

初期のリリース Ubuntu 4.10
数字はリリーズされた年月を示す。(2004/10)

Ubuntu の最初のリリースは、2004年10月20日にDebian GNU/Linuxから派生したものである[34]

現在、Ubuntuコミュニティは、カノニカルから資金提供をうけている。2005年7月8日、マーク・シャトルワースとカノニカルはUbuntu財団を創設し、初期投資として1000万USドルを提供したと発表した。財団の目的は、今後リリースされるバージョンも含めたUbuntuのサポートと開発を保証することであるが、2006年現在、財団は休眠状態にある。この不透明な状況を、マーク・シャトルワースは、財団はCanonicalに不測の事態が起きたときの緊急財源であると説明している[36]

Grumpy Groundhog(気難しいウッドチャック)というコードネームを持ったブランチが計画されている。これは常に不安定な開発・テスト版であり、Ubuntuの一部として含まれる予定のプログラムやアプリケーションを、バージョン管理システムから直接ソースコードを取得し、修正できる。これによりパワーユーザや上流開発者は、パッケージを実際にビルドすることなく個々のプログラムの最新版をパッケージ化されたような状態でテストでき、各アーキテクチャ向けのパッケージ化の問題を早期に得られる[37]。Grumpy Groundhogは6か月ごとにDebian Unstableにマージされることになっている[38]。Grumpy Groundhog はまだ公には利用可能とはなっていない。

2008年9月5日、DELLが発表したミニノートPC「Inspiron Mini 9」は、OSにUbuntuを選択できる。OSにLinuxを選択できるのは珍しい。短期間[いつ?]で販売を終了している[39]。さらに、2009年8月27日シャープが発表したスマートブックNetWalker」には、Ubuntu 9.04がプリインストールされている。


開発工程[編集]

UDSグループ(11/11/02撮影)

Ubuntuは、半年ごとに定期的なリリースが行われる[40]。オペレーティングシステムとしては比較的頻繁にアップデートされるものとなっている。

リリース月は、通常は4月,10月の年2回である。同じく半年ごとにアップデートされるGNOMEのリリースからおよそ1か月後,X.orgのリリースから2か月後になるように設定されており,これによりUbuntuは最新版のGNOMEとXを同梱することができるようになっている[41]

Ubuntu開発者サミット (UDS) がUbuntuの新バージョンの開発前に開催され、ソフトウェア開発者が世界中から集まり、次期バージョンに導入する機能や改善すべき部分の大まかな検討をする。

Ubuntuバザール方式を採用しており、その中心となるシステムはLaunchpadというウェブサイトである。ここでは、Ubuntu行動規範にYesとした全ての人がUbuntuのソフトウェアの翻訳や開発に貢献することができる。

リリース[編集]

リリースごとにバージョン番号とコードネームが存在する。

バージョン番号はリリース時の年と月から作られる。例えば,2004年の10月20日にリリースされたUbuntuの最初のリリースであるWarty Warthog[42]のバージョン番号は4.10である。

近年のコードネームは、動物の名前を頭文字がアルファベット順になるようにつけられている。

サポート期間[編集]

Ubuntuのリリースには、通常版と長期サポート版 (LTS: Long Term Support)があり、サポート期間が異なる[43]

通常版のサポート期間はリリースから9ヶ月である。通常版を使うユーザーは、6ヶ月から9ヶ月ごとに新しいリリースにバージョンアップをしなければならないことになる。新しい機能を含む最新のリリースを使うことを望むユーザーに向いている。

長期サポート版(LTS)は2年間隔でリリースされ、サポート期間はリリースから5年である。安定した環境を望むユーザーに向いている。

なお、12.04以前のバージョンでは長期サポート版(LTS)のサポート期間はデスクトップ向けのみ3年であったが、現在はデスクトップ版もサーバー版も5年となっている[44]。 また、13.04以前のバージョンでは通常版のサポート期間は18ヶ月であったが、管理にかかる費用を削減するために現在の9ヶ月に短縮された[45]

リリース一覧[編集]

バージョン コードネーム
テスト版の名前
リリース日 サポート期限 おもな新機能と変更点 備考
デスクトップ サーバー
4.10 Warty Warthog
Sounder
2004年10月20日[46] 2006年4月30日[47] ShipIt Mozilla Thunderbird 1.0
Mozilla Firefox 1.0
OpenOffice.org 1.1
MySQL 4.0
XFree86 4.3
GNOME 2.8
5.04 Hoary Hedgehog
Array
2005年4月8日[48] 2006年10月31日[49] アップデート・マネージャ、ノートパソコンのサスペンド、ハイバーネート、スタンバイ
周波数コントロール、USBデバイスからのインストール、UTF-8の準拠、APTの認証
MySQL 4.1
X.org 6.8
GNOME 2.10
5.10 Breezy Badger
Colony
2005年10月13日[50][51] 2007年4月13日[52] USplash(グラフィカルなブートローダ)の採用、論理ボリュームマネージャのサポート、OEMインストーラのサポート PHP 5.0
GNOME 2.12
6.06 LTS Dapper Drake
Flight
2006年6月1日[53][54] 2009年6月 2011年6月 Live CDとインストールCDの統合、Live CD上でのグラフィカルインストーラの採用、シャットダウン時のUSplashの採用、USBデバイスへのインストール、debファイルのグラフィカルインストーラGDebi GCC 4.0
Mozilla Thunderbird 1.5
Mozilla Firefox 1.5
OpenOffice.org 2.0
PHP 5.1
MySQL 5.0
X.org 7.0
GNOME 2.14
6.10 Edgy Eft
Knot
2006年10月26日[55][56] 2008年4月 'Human'テーマの大幅な修正、Upstartの実装、問題の報告を自動化 (Apport)、メモツールTomboy、写真管理F-Spot Mozilla Firefox 2.0
X.org 7.1
GNOME 2.16
7.04 Feisty Fawn
Herd
2007年4月19日[57] 2008年10月 Windowsからの移行補助プログラムの搭載、コーデック/制限付きドライバのインストールの簡素化、Compizデスクトップ効果
WPAのサポート、PowerPCのサポート廃止
数独とチェスの追加、ディスク使用量解析ツール'baobab'の追加、GNOMEコントロールセンター、Zeroconfのサポート
OpenOffice.org 2.2
PHP 5.2
X.org 7.2
GNOME 2.18
7.10 Gutsy Gibbon
Tribe
2007年10月18日[58][59] 2009年4月 Compiz Fusionの搭載[60]、サーバ管理eBox[61]、セキュリティフレームワークAppArmor[61]
高速なデスクトップ検索[62]、高速なユーザ切り替え[62]、Mozilla Firefoxのプラグイン管理の改善 (Ubufox)[63]
X.orgのグラフィカルな設定ツール[63]NTFSへの書き込みサポート
Mozilla Thunderbird 2.0
OpenOffice.org 2.3
GNOME 2.20
8.04 LTS Hardy Heron[64]
2008年4月24日[65] 2011年4月 2013年4月 長期サポート (LTS)[66][67]、テーマとアートワークの改良[68]Wubiを標準搭載 Firefox 3.0
OpenOffice.org 2.4
GNOME 2.22
8.10 Intrepid Ibex[69] 2008年10月30日 2010年4月 Mobile Linux[69] X.Org 7.4
Linux kernel 2.6.27
Network Manager 0.7
Samba 3.2
GNOME 2.24
9.04 Jaunty Jackalope[70] 2009年4月23日 2010年10月 新しい通知システム、起動プロセスの変更[70]ext4をオプションでサポート OpenOffice.org 3.0
Linux kernel 2.6.28
Samba 3.3
GNOME 2.26
9.10 Karmic Koala[71] 2009年10月29日 2011年4月 クラウドコンピューティング[71]、ext4がデフォルトになる OpenOffice.org 3.1
Linux kernel 2.6.31
GNOME 2.28
GIMP 2.6
Mozilla Firefox 3.5
X.Org 7.5
10.04 LTS Lucid Lynx[72] 2010年4月29日 2013年4月 2015年4月 長期サポート (LTS)、Lightテーマ[73]、起動画面 (HAL) 廃止、動画編集ソフトPiTiViを同梱、NVIDIA用のオープンソースドライバを導入、Ubuntu One Music Store、起動速度の大幅な改善 OpenOffice.org 3.2
Linux kernel 2.6.32
Mozilla Firefox 3.6
GNOME 2.30
10.10 Maverick Meerkat[74] 2010年10月10日 2012年4月 Ubuntu Netbook Editionの操作性向上 (Unity)、Btrfsをオプションでサポート、uTouchによるマルチタッチサポート、MeMenu、サウンドインジケータの改良、F-SpotがShotwellに置き換え OpenOffice.org 3.2
Linux kernel 2.6.35
GNOME 2.32
11.04 Natty Narwhal[75] 2011年4月28日 2012年10月 グローバルメニュー、デスクトップ版のデフォルトUIとしてUnityを採用、Ubuntu ソフトウェアセンターの評価機能、OpenOffice.orgがLibreOfficeに置き換え、RhythmboxBansheeに置き換え LibreOffice 3.3
Linux kernel 2.6.38
11.10 Oneiric Ocelot[76] 2011年10月13日 2013年4月 Unityに加えデフォルトでUnity 2Dを搭載、デフォルトのメールクライアントとしてMozilla Thunderbirdを採用、ログインマネージャにLightDMを採用 LibreOffice 3.4
Linux kernel 3.0
12.04 LTS Precise Pangolin[77] 2012年4月26日 2017年4月 長期サポート (LTS)、本バージョンからデスクトップ版も3年から5年の長期サポートに変更[78]、Head-Up Display (HUD) 導入、BansheeがRhythmboxに置き換え LibreOffice 3.5
Linux kernel 3.2
Unity 3D/2D 5
12.10 Quantal Quetzal[79] 2012年10月18日 2014年4月
→ 5月16日[80]
Python3のデフォルトでのインストール、Unity 2Dの廃止 LibreOffice 3.6
Linux kernel 3.5
Unity 6
13.04 Raring Ringtail[81] 2013年4月25日 2014年1月 通常版のサポート期間が9ヶ月に短縮される。 LibreOffice 4.0
Linux Kernel 3.8.8
Unity 7
13.10 Saucy Salamander[82] 2013年10月17日[1] 2014年7月 Phoneエディションの追加、64ビットARM対応(開発者用) Linux Kernel 3.11.3
LibreOffice 4.1
14.04 LTS Trusty Tahr[83] 2014年4月17日[1] 2019年4月 長期サポート (LTS)、Open vSwitch 2.0.1サポート、マルチタッチ対応、高精細ディスプレイ対応 Linux Kernel 3.13
LibreOffice 4.2.3
サポート状況:
サポート終了したリリース サポート中のリリース 最新のリリース 将来のリリース

ポイントリリース[編集]

LTS版が対象で且つ決められた期間内にリリースされた最新のパッケージ群を統合したものである。Windowsであればサービスパック適用済みメディアが近い。 2014年現在までLTSにはポイントリリース1から4がそれぞれ定められている。

リリース毎に最新のイメージを適用する以外にはアップデートのみで同等のバージョンへのアップグレードが可能である。

UbuntuをLTSで運用する場合は安定性の面でポイントリリース1からの適用が推奨されている。

系統 バージョン リリース年月日
8.04 8.04 2008年4月24日[84]
8.04.1 2008年7月3日
8.04.2 2009年1月22日
8.04.3 2009年7月16日
8.04.4 2010年1月28日
10.04 10.04 2010年4月29日[85]
10.04.1 2010年8月17日
10.04.2 2011年2月17日
10.04.3 2011年7月21日
10.04.4 2012年2月16日
12.04 12.04 2012年4月26日[86]
12.04.1 2012年8月23日
12.04.2 2013年2月14日
12.04.3 2013年8月23日
12.04.4 2014年2月6日
12.04.5 2014年8月7日(予定)
14.04 14.04 2014年4月17日[87]
14.04.1 2014年7月24日(予定)

タイムライン[編集]


期間の種類
開発期間 標準サポート期間 延長サポート期間 サーバー版のみの延長サポート期間


スクリーンショット[編集]

必要環境[編集]

最新の安定版では、デスクトップ版の場合 PAE に対応した Intel x86、AMD64、ARM、サーバ版の場合 Intel x86 と AMD64 に加えて SPARC をサポートしている[88][89][90]。ただし、8.04 以降では SPARC はサポートされない。

非公式な PowerPC 版[91](7.04 以前では、PowerPC を公式にサポートしていた)や、IA-64 (Itanium) 版、プレイステーション3版もある[92]

以下の必要環境を満たせない古いコンピュータでも、Xfce ベースの Xubuntu 等を利用すれば、必要なメモリディスク容量は少なくて済む。

インストールの際にはインストールメディアに DVD や USB メモリを使う必要がある。それは Ubuntu システムが 700MB を超え、CD メディアに入り切らなくなったためである。よってインストールには USB ブートか DVD ブートをサポートしたコンピュータが必要になる。

デスクトップ版[編集]

デスクトップ版で、良いパフォーマンスが得られる「推奨最低環境」は次のようになる[90][93][94]

  • PAE に対応したプロセッサ
  • 1GB のシステムメモリ
  • 15GB のディスクスペース
  • 1024×768 の解像度が利用可能なグラフィックスカード
  • サウンドカード
  • ネットワークもしくはインターネットへの接続手段

サーバ版[編集]

サーバ版は(Pentium 75MHz の CPU と 32MB のメモリのような)「レガシーマシン」にもインストール可能だが[95]、良いパフォーマンスを得られる「最低環境」は次のようになる[90][93]

  • PAE に対応したプロセッサ
  • 384MB のシステムメモリ(64bit 版は 512MB)
  • 最低 1GB のディスクスペース
  • 640×480 の解像度が利用可能な VGA グラフィックスカード
  • CD-ROM ドライブ

インストール[編集]

Live CD (Ubuntu 10.10)

Ubuntu は、標準インストールすれば必要な機能の全てが揃うように設計されている。インストールメディアはLive DVDとなっており、Ubuntu のインストールと試用の両方ができるため、ハードディスクへのインストールをする前にハードウェアが適合しているかを確認できる。ハードディスクにインストールするのであれば最低 4GB 程度の空き容量が必要である。しかし、これはあくまで最低の空き容量であり、実用に利用するには 16GB 程度の空き容量が必要だといわれている[96]

Windowsからの移行がサポートされている[97]ため、Ubuntu のインストール時に Windows のブックマークや壁紙、設定などを簡単に Ubuntu に移行できる。

インストールメディア[編集]

基本的にユーザーが最初に手にするインストールメディアは DVD となる。実際にはそれを作成するための iso イメージであり、iso イメージは Ubuntu の公式サイトからダウンロードする。イメージ書き込みツールなどを用いてイメージファイルを DVD に書き込むことで Live DVD が、USB メモリに書き込むことで Live USB が入手できる。Live USBはUnetbootin や Ubuntu の Live DVD システムにプリインストールされているツール「スタートアップ・ディスクの作成」で作成できる[98]。この他にオープンソースカンファレンスなどの会場に行くことでも DVD を入手することが可能なことがある。

DVD や USB メモリなどの他にも学校や職場での一斉インストールや低スペック環境へのインストールを考慮し、PXE などのネットワークブートでのインストールにも対応している。この場合、標準ではTUI でのインストールが可能であり、インストール時に必要な環境構成を選べる。しかし、サーバー構築などの高度な作業も伴うため、DVDを使うのが一般的である。

以前は ShipIt というインストール CD(当時)を無償で送付するサービスを2005年から提供していて[99]、メールで送付先を送るだけでインターネット越しにインストール CD を注文することができた[100]。その後2009年10月にコスト上の理由から、初めて注文するユーザーや開発者に限り無料で利用できるという制限がかけられるようになり、その他は5枚1組税抜き送料別で5ポンドで販売することとなった。その後2011年4月、ついにShipItは利用できなくなった。

デスクトップ版[編集]

デスクトップ版では、一般的にx86とx64の2種類のインストールDVDが提供される[88]GUIよるインストールが行われる。

特殊用途向けに Alternate CD 版もあったが、通常のデスクトップイメージの利便性を向上する目的でバージョン12.10から廃止となった[101]

Wubi[編集]

Wubi (Windows-based Ubuntu Installer) という、Windows と共存するようにインストールを行うソフトウェアがあり、バージョン 8.04から標準搭載されている。Windows ファイルシステム内のファイルとしてインストールできるのでめ、パーティションの切り分けやフォーマットの必要がなく、また現在の環境を損なうことなく気軽に Ubuntu を試せる。前述のとおり、システムファイル内にインストールできるため、Windows 上で Ubuntu をアンインストールできる。

バージョン 11.10 日本語 Remix 以降には, Localized CD Image tools の都合により現時点で収録がされていない[102]。 そのため http://www.ubuntu.com/download/desktop/windows-installer からのダウンロードが必要である。

Wubi は Ubuntu 13.04 以降、Windows 8 との整合性に欠けること、UEFI に対応できていないことなどから、公式パッケージにも搭載されていない。 現在、サポートしているバージョンは 12.04LTS だけである。

サーバー版[編集]

サーバー版の CD には Live 機能はなく、TUI によるインストールのみが可能となっている。インストール後は CUI だが sudo apt-get install ubuntu-desktop を使用して GUI もインストールできる。

パッケージの分類とサポート[編集]

Ubuntuは、全てのソフトウェアをそのライセンスやサポートレベルによって、コンポーネントと呼ばれる4つの種類に分けている[103]

パッケージは以下のコンポーネントのいずれかに振り分けられる:

フリーソフトウェア フリーでないソフトウェア
サポートあり Main Restricted
サポートなし Universe Multiverse

「フリー」ソフトウェアには、Ubuntuライセンスポリシー[104]に適合したソフトウェアのみが含まれる。このポリシーはほぼDebianフリーソフトウェアガイドラインに沿っている。ただし、Mainに関してはいくつかの警告がある。それは「作者の許諾を得ることなく修正のできないバイナリファームウェアや特定フォント」が、「再配布の妨害をされない限り、(Mainの一部が利用するために)Mainの中に含まれてしまうかもしれない」というものである。

フリーでないソフトウェアは基本的にサポートされない (Multiverse)。ただし、ビデオカードドライバのようなバイナリでのみ配布されているデバイスドライバなどの、Ubuntuを利用するために必要なソフトウェアに関しては別である (Restricted)。これらのソフトウェアについては、開発者がソースコードを読むことができないので、mainに比べるとサポートのレベルは落ちる。

MainRestrictedに含まれるパッケージは一般的なLinuxの利用に対して必要なソフトウェアが全て揃うように選ばれている。同じような機能を持った別のプログラムや、それほど重要でない特定の用途にのみ使われるようなプログラムはUniverseMultiverseに配置される。

Ubuntu Backports[105]という公式のリポジトリがある。これは、特定のソフトウェアに対してUbuntuの不安定版でのみ利用可能な最新版をバックポートするための公式的に認められたプロジェクトである。リポジトリは大局的に管理されているわけではなく、利用者からの要求に対して一定の品質を満たしさえすれば、そのパッケージがバックポートされる。

プロプライエタリなソフトウェア[編集]

Ubuntuには、サードパーティーのソフトウェアを認証するシステムがある[106]。Ubuntuに認証されたプロプライエタリ・ソフトウェアはUbuntu上で動作することが保証される。

その上再配布が禁止されているプロプライエタリ・ソフトウェアでも、カノニカルとの契約によってUbuntuのpartnerリポジトリからダウンロードできるものがある。例えばアドビシステムズFlash プラグインや、マイクロソフト(旧:Skype Technologies)の Skypeといったものである。

インストール直後のUbuntuは商用DVDは再生することができないが、これはDVDのリージョンコードやアクセスコントロールを回避する機能を持つライブラリやアプリケーションをプリインストールしていないためである。特にDVDのアクセスコントロールを回避する機能があるlibdvdcss(DeCSS)を使ったオープンソースのDVDデコードライブラリは、日本を含めたいくつかの国や地域で法的な問題を抱えている。libdvdcssは適正なリージョンにおいてDVDを再生する場合にも必要となるため、商用のDVDソフトを再生するにはこのライブラリを利用者がインストールする必要がある。

クラウドコンピューティングへの対応[編集]

Ubuntuの開発元カノニカルは、2009年よりクラウドコンピューティング向けの開発を進めている。

9.04 (Jaunty Jackalope) からは、サーバー版で Amazon EC2 と同様の機能を実現できる「Eucalyptus」を搭載した。9.10 (Karmic Koara) ではクラウド構築用パッケージ「Ubuntu Enterprise Cloud (UEC)」を正式にリリースした。このようにLinuxディストリビューションがクラウド構築用パッケージを提供する例はUbuntuが初めてである[107]

デスクトップ版においてもデータストレージサービス「Ubuntu One」を9.04 (Jaunty Jackalope) から実験的に、9.10 (Karmic Koara) から正式にサポートした。Ubuntu Oneでは、複数のPCやスマートフォンなどの携帯機器の間でネットワークストレージを用いたファイル等の共有ができる。無料で5GBまで同期でき、毎月2.99米ドルまたは毎年29.9米ドルを支払うと20GBごとに同期容量を拡大できる。また、10.04 (Lucid Lynx) では7digital配給の音楽配信サービス「Ubuntu One Music Store」を展開した。20GBごとに毎月3.99米ドルまたは毎年39.9米ドル支払うことで音楽配信サービスを利用することが出来る。

Ubuntu Oneでは、主に以下のものを同期できる。

  • 通常のファイル
  • Ubuntu One Music Storeで購入した音楽
  • Webページのブックマーク
  • 電子メールの連絡先(アドレス帳)
  • ブロードキャストメッセージのアーカイブ

2014年4月2日、CanonicalはUbuntu Oneが同年6月1日を以ってサービスを終了することをアナウンスした[108]。Ubuntu One上のデータは7月31日まで保持が行われ、その後削除されるので注意が必要である。また、これを機にサーバーサイドのソースコードが公開されることも発表している。

派生品[編集]

公式[編集]

Xubuntu 13.10
Kubuntu 13.10
Lubuntu 13.10

これらはUbuntuと異なるパッケージをインストールするだけであるが、それらのパッケージはUbuntuと同じリポジトリで管理されているので、お互いに全く同じパッケージを使え、それぞれのデスクトップ環境を共存させられる。

Edubuntu
教育用にカスタマイズされたもの。児童が学校や自宅で同等の環境を利用できることを目的としている。
Gobuntu
フリーソフトウェアのみを利用したディストリビューション。既にメインラインに合流しており、この方向性は外部ディストリビューションgNewSenseに受け継がれている。
Kubuntu
Ubuntuのデスクトップ環境KDE に置き換えたもの。
Lubuntu
Ubuntuのデスクトップ環境を LXDE に置き換えたもの。比較的「軽い」ディストリビューション。
Mythbuntu
UbuntuとMythTVを元に作られた、ホームシアターPC向けのディストリビューション。デスクトップ環境は標準でXfceを採用している。
Ubuntu for Android
Android端末向けのディストリビューション。
Ubuntu GNOME
Ubuntuのデスクトップシェルを GNOME Shell に置き換えたもの。
Ubuntu Desktop 日本語 Remix
Ubuntu Japanese Teamによって日本化されたもの。
Ubuntu JeOS
現在はサーバー版の一部に含まれている。
UbuntuKylin
中国向けに開発されたディストリビューション。
Ubuntu Mobile
組み込み端末向けに作成されたディスリビューション。現在は、Ubuntu Touchに引き継がれている。
Ubuntu Netbook Edition
ネットブック等の小型端末向けのディストリビューション。普通のパソコンに比べて非力なCPU、小さい画面、タッチパネルの存在を意識した構成となっている。
Ubuntu Server
サーバー向けのディストリビューション。
Ubuntu Studio
クリエイター向けのディストリビューション。
Ubuntu Touch
Ubuntu Mobileの後継版。タブレット端末向けのディストリビューション。
Ubuntu TV
スマートTV向けのディストリビューション。
Xubuntu
Ubuntu のデスクトップ環境を Xfce に置き換えたもの。比較的「軽い」ディストリビューション。

Ubuntuの派生品のリストに載っているものの一部は、カノニカルのコントロールを離れ、独自の目的をもった別プロジェクトである。

非公式[編集]

Linux Mint 15 (Raring Ringtail 13.04 ベース)
Puppy Linux Precise-550JP (Precise Pangolin 12.04 LTS ベース)

次のような複数の非公式な派生物がある。これらのプロジェクトの中には、Ubuntu と密接に関わり、Ubuntu と同時にリリースされ、パッケージはUbuntuと同じ公式リポジトリを利用しているものもある。

Anonymous-OS
匿名のハッカー集団 Anonymousと名乗る人物がリリースしたディストリビューション。マルウェアであるとの指摘もある[109]
Aurora
eeeUbuntuの後継。カノニカルからの公式サポートから離脱したため改名した。
Basix(日本)
ユーザーのカスタマイズを前提としたディスリビューション。そのため必要最低限のパッケージしかない。Lxubuntuの後継版。
CrunchBang Linux
ウィンドウマネージャとしてOpenboxを採用している軽量ディストリビューション。
EasyPeasy
ASUSのEeePCやAcerのAspireなど、ネットブックに特化したディストリビューション。改名前は Ubuntu Eee としてリリースされていた。
Ecolinux(日本)
ロースペックマシン向けのOS。11.04.3を最後に開発が止まっている。
Ecolinux-ez(日本)
Ecolinuxのデスクトップ環境をXfceに置き換え、初心者向けにカスタマイズされたディストリビューション。
Ecolinux-light(日本)
デスクトップ環境にFluxboxを採用したディストリビューション。比較的軽量だがあまりにも使いづらいため開発が終了した。現在は、Ecolinux-lxに引き継がれている。
Ecolinux-lx(日本)
Ecolinux-lightの後継版。Ecolinuxと何一つ変わらない。
eeeUbuntu
Eee PC専用に構成されたディストリビューション。非公式の日本語版も存在していたが、統合により開発は終了した。本家はAuroraに改名し開発を続けている。
Elbuntu
ウィンドウマネージャとして Enlightenment を採用している。
Fluxbuntu
デスクトップ環境としてFluxboxを採用した「最も軽い」ディストリビューション。
Freespire
Linspireから派生したディストリビューション。バージョン2.0からUbuntuベースとなっている。
LinuxBean(日本)
軽量で初心者にも利用しやすいディスリビューション。RemastersysによるLiveCD再構築が可能。
Linux Mint
デザインやソフトウェア環境を変更し、マルチメディア関係のコーデックを充実させたディストリビューション。
Lxubuntu(日本)
Basixの改名以前のバージョン。カノニカルの許可をもらっていなかったため改名された。
nUbuntu
セキュリティツールを多数含んでいる。
Peppermint Ice
chromiumを搭載している軽量のディストリビューション。webアプリとの連携も強い。
Pear Linux
Mac OS X風に構成されたディストリビューション。
Puppy Linux
軽量Linuxディストリビューション。バージョン5.x系からUbuntuベースのバージョンがリリースされている。
U-Lite
レガシーデバイスを備えた古いコンピュータ用のディストリビューション。
Ubuntu Christian Edition
標準的な Ubuntu に聖書全文と URL フィルタリングを搭載したクリスチャン向けのディストリビューション。
zUbuntu
IBM eServer zSeriesメインフレーム用のディストリビューション。
巫女 GNYO/Linux(日本)
3.6以降。openMosixSCoreを利用したPCクラスタが構築可能。CDブート/HDDインストール共可能。インターネットFTPなど)を用いて配布されると同時に、コミックマーケットでの販売も行われる。

その他[編集]

  • GoogleGoobuntuというUbuntu派生ディストリビューションを作成しているという有名な噂があった。GoogleはUbuntuの修正版を作っていることは認めたが、それを社外に公開する予定はないことも明言している[110][111]
  • Ubuntuの開発者たちは、2007年の秋にUbuntu 7.10をリリースしたあと、新しい低電圧Intelモバイルチップを搭載したPDAやスマートフォン上で動くUbuntu Mobile and Embeddedエディションと呼べるものをリリースすると公表している[112]
  • VirtualAppliances.netは、仮想環境で事前にビルドされたUbuntuベースのアプリケーション集である(仮想アプライアンス参照)。
  • gOSは2007年11月1日に登場したばかりの新しいUbuntuの派生ディストリビューション。アメリカのウォルマートで発売される低価格PC Everex Green gPC TC2502 用のOSとして開発された。特徴はGoogleのオンライン・アプリへのアクセスを優先した設計である。デザインは Mac OS X が模されている。
  • GoogleがUbuntuをベースにした Google Chrome OS を当初オープンソースで開発していた。(2010年2月にベースOSをGentoo Linuxに変更している[113]。)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Home - Ubuntu Wiki”. Canonical Ltd.. 2014年4月19日閲覧。
  2. ^ a b Supported Hardware”. Official Ubuntu Documentation. 2012年7月7日閲覧。
  3. ^ Ubuntu 11.10 will support ARM processors to take on Red Hat”. The Inquirer (2011年10月10日). 2011年10月20日閲覧。
  4. ^ Paul, Ryan (2012年4月26日). “Precise Pangolin rolls out:Ubuntu 12.04 released, introduces Unity HUD”. Ars Technica. Condé Nast. 2012年7月7日閲覧。
  5. ^ Larabel, Michael (2012年1月23日). “Ubuntu's Already Making Plans For ARM In 2014, 2015”. Phoronix. 2012年7月7日閲覧。
  6. ^ Steven J. Vaughan-Nichols (2011年8月22日). “Ubuntu Linux bets on the ARM server”. ZDNet. 2011年10月20日閲覧。
  7. ^ Ubuntuとは - Ubuntu Japanese Team”. Ubuntu Japanese Team. 2010年9月12日閲覧。
  8. ^ http://www.ubuntu.com/project/about-ubuntu
  9. ^ Ubuntu's African Roots”. 2007年6月6日閲覧。
  10. ^ RootSudo - Ubuntu Wiki”. 2006年4月25日閲覧。
  11. ^ About Ubuntu”. 2006年4月25日閲覧。
  12. ^ Zachte, Eric. “Operating Systems (December 2011)”. Wikimedia Traffic Analysis Report. Wikimedia Foundation. 2012年1月23日閲覧。
  13. ^ Linux (Global marketshare)”. Clicky Web Analytics. Roxr Software Limited. 2012年1月23日閲覧。
  14. ^ http://redherring.com/article.aspx?a=20497
  15. ^ Wikimedia chooses Ubuntu for all of its servers
  16. ^ http://japan.internet.com/busnews/20100408/10.html
  17. ^ http://www.markshuttleworth.com/archives/1072
  18. ^ 階戸明 (2014年2月14日). “問題の核心はinitにあらず ─Ubuntuの孤立”. 技術評論社. http://gihyo.jp/admin/clip/01/linux_dt/201402/14 2014年2月15日閲覧。 
  19. ^ http://distrowatch.com/dwres.php?resource=popularity
  20. ^ Google Trendsでの比較Hat, Debian, Ubuntu, SUSE|OpenSUSE, Mandrake|Mandriva
  21. ^ Ubuntuシェア減止まらず、Mint急浮上 - Royal Pingdom報告”. マイナビニュース (2011年11月29日). 2012年10月8日閲覧。
  22. ^ Ubuntu の人気が急降下 ― Unity の採用が原因か?” (2011年11月25日). 2012年10月9日閲覧。
  23. ^ Google Trends - Web Search Interest: mint, ubuntu - Worldwide, Past 12 months”. 2012年11月24日閲覧。
  24. ^ 『Ubuntuのシェアが減ってる』というマイナビの記事を鵜呑みにしてはいけない - lamichの日記” (2011年12月6日). 2012年10月9日閲覧。
  25. ^ Blogger Claims Ubuntu’s New Shopping Lens Breaks EU Law”. 2013年8月9日閲覧。
  26. ^ フリーソフトウェアのリーダーRichard Stallman曰く: Amazonの検索を統合したUbuntuはスパイウェアだ”. 2012年12月9日閲覧。
  27. ^ Amazon search results in the Dash”. 2013年8月9日閲覧。
  28. ^ 他のシステムを推奨しない理由を説明する”. 2013年8月9日閲覧。
  29. ^ 他のシステムを推奨しない理由を説明する”. 2013年8月9日閲覧。
  30. ^ 他のシステムを推奨しない理由を説明する”. 2013年8月9日閲覧。
  31. ^ 他のシステムを推奨しない理由を説明する”. 2013年8月9日閲覧。
  32. ^ ubuntu/philosophy”. 2006年4月25日閲覧。
  33. ^ Mark Shuttleworth on binary compatibility”. 2006年4月25日閲覧。
  34. ^ a b ubuntu/relationship "Debian is the rock upon which Ubuntu is built"”. 2006年5月25日閲覧。
  35. ^ internetnews.com Sarge vs. The Hoary Hedgehog?”. 2006年4月25日閲覧。
  36. ^ Announcing Launch of ($10m) Ubuntu Foundation” (2005年7月8日). 2007年4月21日閲覧。
  37. ^ GrumpyGroundhog specification”. 2006年6月29日閲覧。
  38. ^ MarkShuttleworth - Ubuntu Wiki”. 2006年7月13日閲覧。
  39. ^ Dell、ミニノートPCのスペックを明らかに”. ITmedia (2008年9月5日). 2008年9月5日閲覧。
  40. ^ https://wiki.ubuntu.com/TimeBasedReleases
  41. ^ https://wiki.ubuntu.com/Releases
  42. ^ Shuttleworth, Mark (2004年10月20日). “Ubuntu 4.10 announcement”. 2007年9月25日閲覧。
  43. ^ https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu
  44. ^ Ubuntu 12.04 to feature extended support period for desktop users
  45. ^ http://gihyo.jp/admin/clip/01/ubuntu-topics/201303/22
  46. ^ Ubuntu 4.10 announcement”. 2007年4月13日閲覧。
  47. ^ Zimmerman, Matt (2006年3月28日). “Ubuntu 4.10 reaches end of life on 30 April 2006”. 2007年9月25日閲覧。
  48. ^ 5.04 Release Notes” (2005年4月8日). 2007年4月14日閲覧。
  49. ^ Armstrong, Christina (2006年10月23日、). “Ubuntu 5.04 reaches end-of-life on 31 October 2006”. 2007年9月25日閲覧。
  50. ^ Ubuntu 5.10 announcement”. 2006年10月11日閲覧。
  51. ^ Ubuntu 5.10 release notes”. 2006年12月21日閲覧。
  52. ^ Heen, Tollef Fog (2007年3月14日). “Ubuntu 5.10 reaches end-of-life on April 13th 2007”. 2007年9月25日閲覧。
  53. ^ Ubuntu 6.06 LTS announcement”. 2006年12月21日閲覧。
  54. ^ Ubuntu 6.06 LTS release notes”. 2006年12月21日閲覧。
  55. ^ Ubuntu 6.10 announcement”. 2006年10月26日閲覧。
  56. ^ Ubuntu 6.10 release notes”. 2006年12月21日閲覧。
  57. ^ Ubuntu 7.04 announcement”. 2007年2月6日閲覧。
  58. ^ GutsyReleaseSchedule - Ubuntu Wiki”. 2007年4月12日閲覧。
  59. ^ Introducing the Gutsy Gibbon” (2007年4月12日). 2007年5月6日閲覧。
  60. ^ http://www.ubuntu.com/testing/tribe2
  61. ^ a b http://www.ubuntu.com/testing/tribe3
  62. ^ a b http://www.ubuntu.com/testing/tribe4
  63. ^ a b http://www.ubuntu.com/testing/tribe5
  64. ^ HardyReleaseSchedule”. 2007年9月25日閲覧。
  65. ^ Introducing the Hardy Heron”. 2007年8月29日閲覧。Introducing the Hardy Heron”. 2007年8月29日閲覧。
  66. ^ Ubuntu Weekly Newsletter:Issue 36
  67. ^ Ubuntu's new Linux sports debugging tool
  68. ^ Hardy Heron Artwork”. Ubuntu Wiki. 2007年10月19日閲覧。
  69. ^ a b Ubuntu 'Intrepid Ibex' to improve mobile Linux”. 2008年6月7日閲覧。
  70. ^ a b 次期Ubuntu Linux、「Ubuntu 9.04」のベータ版がリリース”. 2009年3月30日閲覧。
  71. ^ a b リリース名は「Karmic Koala」--Ubuntu 9.10の一部情報が明らかに”. 2009年2月23日閲覧。
  72. ^ 「Ubuntu 10.04」の開発コードは“Lucid Lynx”
  73. ^ Brand - Ubuntu Wiki (2010-03-03 22:37:35 版)
  74. ^ Mark Shuttleworth »Blog Archive »Shooting for the Perfect 10.10 with Maverick Meerkat”. 2010年4月10日閲覧。
  75. ^ Ubuntu 11.04 Codename announced - Natty Narwhal”. 2010年8月18日閲覧。
  76. ^ Next after Natty?”. 2011年3月14日閲覧。
  77. ^ Ubuntu 12.04 Named Precise Pangolin”. 2011年10月6日閲覧。
  78. ^ Ubuntu 12.04 to feature extended support period for desktop users
  79. ^ Quality has a new name”. 2012年4月28日閲覧。
  80. ^ Ubuntu 12.10 (Quantal Quetzal) reaches End of Life on May 16 2014”. 2014年5月22日閲覧。
  81. ^ Not the Runty Raccoon, the Rufflered Rhino or (even) the Randall Ross”. 2012年4月28日閲覧。
  82. ^ The Supercalifragilisticexpialidocious Scorpionfish. Not.”. 2013年4月30日閲覧。
  83. ^ Quantal, raring, saucy&#8230”. 2013年10月18日閲覧。
  84. ^ HardyReleaseSchedule - Ubuntu Wiki
  85. ^ LucidReleaseSchedule - Ubuntu Wiki
  86. ^ PrecisePangolin/ReleaseSchedule - Ubuntu Wiki
  87. ^ TrustyTahr/Schedule - Ubuntu Wiki
  88. ^ a b Ubuntu 7.04 (Feisty Fawn)
  89. ^ http://www.eweek.com/article2/0,1759,1969424,00.asp
  90. ^ a b c PrecisePangolin/ReleaseNotes/ja/UbuntuDesktop - Ubuntu Wiki”. 2013年10月17日閲覧。
  91. ^ https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-announce/2007-February/000098.html
  92. ^ http://cdimage.ubuntu.com/ports/releases/7.10/release/
  93. ^ a b Ubuntu System Requirements”. 2011年5月7日閲覧。
  94. ^ Meeting Minimum Hardware Requirements”. 2011年5月7日閲覧。
  95. ^ Installation/LowMemorySystems”. 2011年5月7日閲覧。
  96. ^ Ubuntu 6.06 Release Notes:Hardware Requirements”. 2006年7月8日閲覧。
  97. ^ Ubuntu 7.04 Adds a Migration Tool”. 2006年6月27日閲覧。
  98. ^ Ubuntu 11.04をUSBドライブから起動する”. 2012年11月1日閲覧。
  99. ^ Gerry Carr (2011年4月5日). “ShipIt comes to an end” (英語). CANONICAL. 2013年9月27日閲覧。
  100. ^ Shipit - free shipment of Ubuntu CDs”. 2006年4月26日閲覧。
  101. ^ 2012年10月26日号 12.10の各種注意点・Ubuntu Open Week・UWN#288:Ubuntu Weekly Topics”. 技術評論社. 2012年11月4日閲覧。
  102. ^ https://wiki.ubuntu.com/OneiricOcelot/ReleaseNotes/ja#A.2BZeVnLIqedLBYgzBrX3GX.2FzBZMItl4nflMG5SNpZQMPtVT5hMcLk-
  103. ^ ubuntu/components”. 2006年3月16日閲覧。
  104. ^ ubuntu/licensing”. 2006年6月29日閲覧。
  105. ^ UbuntuBackports”. 2006年3月16日閲覧。
  106. ^ Software catalogue”. 2010年9月20日閲覧。
  107. ^ Amazon EC2のライバル登場:Ubuntuがクラウドパワーを獲得——「Eucalyptus」採用 - ITmedia エンタープライズ”. 2010年3月25日閲覧。
  108. ^ Shutting down Ubuntu One file services - Canonical Blog”. 2014年4月19日閲覧。
  109. ^ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1203/16/news029.html
  110. ^ The Register:Google at work on desktop Linux”. 2006年4月25日閲覧。
  111. ^ Slashdot:Google working on Desktop Linux”. 2006年4月25日閲覧。
  112. ^ Ubuntu Mobile and Embedded edition”. 2007年6月30日閲覧。
  113. ^ Chrome OS、クロスコンパイルにGentooのPortage採用”. ITmedia (2010年2月18日). 2014年3月14日閲覧。

参考[編集]

外部リンク[編集]

日本語[編集]

英語[編集]