Oracle Linux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Oracle Linux(旧称Oracle Enterprise Linux)
OEL Desktop.png
開発元企業 / 開発者 オラクル
OSの系統 Linux
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース 7.0 / 2014年7月23日
パッケージ管理 RPM
対応プラットフォーム i386, x86-64
カーネル種別 モノリシックカーネル
ライセンス GPL
ウェブサイト www.oracle.com/jp/technologies/linux/

Oracle Linuxは、オラクルによるRed Hat Enterprise Linux (RHEL) をベースとしたLinuxディストリビューションの一つ。

概要[編集]

CentOSと同じようにRHELから商標やロゴを抜きだし、再構築したディストリビューションで、RHELとの互換を目標としている。Oracle Unbreakable Linuxサポートプログラムにより比較的安価な価格で有償サポートを提供する。

レッドハットによる有償ディストリビューションRHELと、RHELをベースにしRHELとの互換環境を無償で実現しようとするCentOSScientific Linuxなどのディストリビューションの間を埋める製品として、RHELと同じバージョンや操作は必要だが安価なサポートを求める企業などを対象にしている。

なお、RHELではサポートされているIA-64アーキテクチャやPowerPCアーキテクチャ向けのサポートは提供されておらず、i386x86-64といったPCアーキテクチャ向けのみに限られている。また、デスクトップ向けのパッケージも用意されておらず、サーバー用途にほぼ限定した形で提供が行われている。

バージョン履歴[編集]

  • Oracle Linux 7 [1]
  • Oracle Linux 6, 6.1, 6.2, 6.3, 6.4, 6.5 [2]
  • Oracle Enterprise Linux 5, 5.1, 5.2, 5.3, 5.4, 5.5, 5.6, 5.7, 5.8, 5.9, 5.10 [3]
  • Oracle Unbreakable Linux 4.5, 4.6, 4.7, 4.8, 4.9 [4]

レッドハットの反応[編集]

Oracle Enterprise LinuxはRHELと直接競合する製品で、レッドハットから多くの顧客が流れる事が危惧された[5]。 これに対しレッドハットは、オラクルのEnterprise LinuxはRHELと完全な互換性がない事を発表し、オラクルに乗り換える場合の問題点を公表し対抗した[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]