PackageKit

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PackageKit
PackageKit.png
開発元 Richard Hughes
最新版 0.6.10 / 2010年11月1日(4年前) (2010-11-01
対応OS Linux
公式サイト www.PackageKit.org
テンプレートを表示

PackageKit とは、多数のパッケージ管理システムに対して、質の高いフロントエンドを提供することを目指したソフトウェアのことである。GNU General Public License のもとで提供されている。

クロスプラットフォームを謳っているが、実際には freedesktop.org による相互運用性の規定に従った各種 Linux ディストリビューションが最大のターゲットである。

プロセス間通信、あるいは特権の必要な作業を処理するときは、D-BusPolicyKitを使用する。

歴史[編集]

Richard Hughes によって作成され、2007年ブログで初めて提供された。現在は小規模なチームによって開発が続けられている。

Fedoraが初めてYumのための標準のフロントエンドとして、バージョン9で採用した。

設計[編集]

PackageKit自体はpackagekitdとよばれるデーモンであり、異なるシステム間の相違点をまとめる。libpackagekitとよばれるライブラリは、他のプログラムがPackageKitと連携して動作することを可能にしている。

機能[編集]

バックエンド[編集]

PackageKitが利用可能なパッケージ管理システムバックエンド)にはAPT, Conary, Yumなどがある。

フロントエンド[編集]

gnome-packagekit
GNOME デスクトップで使われるフロントエンドGNU General Public License のもとで提供されている。
KPackageKit
KDE デスクトップ環境で利用される。
pkcon
コマンドラインで利用される。

外部リンク[編集]