PlayStation Store

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PlayStation > PSN > PlayStation Store
Sony Entertainment Network > PSN > PlayStation Store
PlayStation Store
運営元 ソニー
種類 デジタル配信(ダウンロード販売
サービス開始日 2006年11月11日
対応機種 PS4
PS3
PS Vita
PSPPSP goを含む)
PS Mobileなど
公式サイト PlayStation Store
テンプレートを表示

PlayStation Store(プレイステーション ストア)とは、ソニーが提供しているゲームやビデオのオンラインストア。コンテンツは全てデジタルデータであり、受け取りはダウンロードによって行う。国・地域ごとにサービスが提供されているが、コンテンツの内容や名称は若干異なる(現行のストアは、日本・米国・欧州・香港の4つである。登録する地域で自動的に分けられる)。

沿革[編集]

特に表記がない項目は日本国内のもの。

  • 2006年11月11日 - PS3の発売と同時にオープン。
  • 2007年1月24日 - ウォレットへのチャージ(入金)手段としてEdyに対応。
  • 2007年6月上旬 - ウォレットへのチャージ手段として「PLAYSTATION Network チケット」をコンビニ・郵便局ATMで販売開始。
  • 2007年9月20日 - PLAYSTATION Store for PCサービス開始。
  • 2007年12月13日 - ウォレットへのチャージ手段として「PLAYSTATION Network カード」をゲーム販売店等で販売開始。
  • 2008年4月15日 - リニューアルオープンされ、ユーザー操作体系も一新され、反応速度もリニューアル前より改善されている。リニューアルを記念して「PSストアで宝探し」キャンペーンを2008年4月15日から2008年5月12日まで行った。
  • 2008年5月26日 - 「PLAYSTATION Network」の日本国内におけるアカウント総数が、100万アカウントに達したと発表[1]。アカウント100万達成を記念し、2008年6月9日まで「PLAYSTATION Network アカウント100万突破! 感謝企画 1000円×1000人プレゼントキャンペーン」を実施。
  • 2008年6月 - 北米地域で有料サブスクリプションサービス「Qore」を開始。オリジナルの情報番組を配信したり、Qore限定/先行配信の体験版がダウンロードできる。
  • 2008年7月 - 北米地域でPS3向けに動画の有料配信を開始。
  • 2008年9月 - PSPから直接アクセスできるサービスの開始を発表。合わせて「PlayStation Store」と表記を変更(これまではPS3専用サービスだったため「PLAYSTATION Store」だった)。
  • 2008年9月24日 - 日本でPS3向けに動画の有料配信を開始。SD画質の場合はPSPに転送できる。
  • 2008年10月15日 - PSPから直接アクセスできるPlayStation Storeのサービス開始。
  • 2009年7月15日 - PlayStation以外のプラットフォームとしては初めてとなる「PCエンジンアーカイブス」の取り扱いが開始され、PCエンジン用のゲームソフトを配信開始。
  • 2009年7月22日 - PlayStation StoreからPSPへビデオコンテンツを直接ダウンロード可能になる。
  • 2009年9月 - PS3のシステムソフトウェア3.00アップデートと共にダイナミックカスタムテーマ(動く背景などを利用可能)の配信を開始。
  • 2009年11月2日 - ビデオコンテンツを強化。従来のアニメ中心から海外と同様に映画・ドラマ・ミュージックビデオなども提供(2008年開始当初の段階では国内はアニメのみが配信されていた、コンテンツ強化に合わせてレンタルだけでなく販売(セル)も始まった、更新日は毎週水曜日)。
  • 2009年12月10日 - PSP向けにコミックの配信を開始。
  • 2011年1月27日 - Android(PlayStation Suite(現:PlayStation Mobile))向けにも提供すると発表。
  • 2011年4月21日 - PlayStation Network個人情報流出事件に伴う大規模なサービス停止(全世界)。
  • 2011年7月6日 - 2ヶ月半ぶりにサービス再開(日本)。なお、日本を除く地域は6月にサービスが再開。
  • 2011年11月18日 - 1アカウントあたりの機器認証台数が最大5台(機種問わず)から、PS3が最大2台、PSP(PSP goやPSVitaを含む)が最大2台に変更となる。ただし、変更以前に購入したソフトの機器認証台数は変更前と変わらない[2]
  • 2012年3月15日 - コミックコンテンツの新規コンテンツ追加更新を終了[3]
  • 2012年9月末 - PlayStation Store内のコミックカテゴリでのコンテンツの購入を終了[3]
  • 2012年12月 - コミックコンテンツの購入済みコンテンツの再ダウンロード、「コミックリーダー」のダウンロード提供を終了[3]
  • 2013年5月20日 - PCやスマートデバイスウェブブラウザでPlayStation Storeにアクセスできる「Sony Entertainment Network オンラインストア」をオープンすると発表。
  • 2014年3月3日 - 「PlayStation Network カード/チケット」が「PlayStation Storeカード/チケット」に改名発表。
  • 2014年3月14日 - モバイル決済(「ドコモ ケータイ払い」「auかんたん決済」)に対応発表。

コンテンツ[編集]

国地域別に並んでいるコンテンツに違いが有る。

ゲームストア
ゲームソフトゲームアーカイブス)・追加コンテンツ(ダウンロードコンテンツ)・体験版プロモーションビデオなどを扱う。壁紙・カスタムテーマも提供されており、メニューデザインを変更できる(キャンペーンの応募券を兼ねている場合もある)。カスタムテーマは一部有料のものも配信している。定額制サービスとしてPlayStation Plusも提供されている。
ビデオストア
HD画質とSD画質の映像作品を扱う(ビデオ・オン・デマンド)。レンタル方式とセル方式で販売される。レンタル方式ではダウンロード後で未再生かつ未転送の場合は30日間保持できる。再生または転送後は72時間視聴でき、SD画質の作品はPSP、PS Vitaへの転送に対応している。セル方式はSD画質の場合はPSP、PS Vitaにコピーすることも可能である。ソニーの映像配信サービス「Video Unlimited」と同類のコンテンツも配信されている。PS4では「Video Unlimited」と統一され、ストリーミング方式となった。
コミックストア(2012年終了)
PSPのみ対応していた。PS3からではコンテンツ一覧に表示されない。PSPに専用のコミックリーダーをインストールする必要がある。ページの形式は通常の漫画と同じで、コミックリーダーがコマを拡大表示してくれる。アナログパッドでページ内の任意の位置を見る事も可能である。更新日は毎週木曜日であり、殆どの作品は1巻ごとでの販売だが、フルカラーで着色されている作品は1話単位での販売だった。
PS Vitaは非対応だったが、別サービスとして、ソニーの電子書籍ストア「Reader Store」用に「Reader for PlayStation Vita」が配信されている。

アクセス方法[編集]

PlayStation 3/PlayStation Portable
クロスメディアバー(XMB)の「PlayStation Network」(PSN)アイコンから「PlayStation Store」(PS Store)を選択する。これは、PS3システムソフトウェア バージョン2.00以後であり、それまでは「ネットワーク」アイコンから選択していた。PS3システムソフトウェアバージョン2.53・PSPシステムソフトウェアバージョン5.05以前では、PS Storeへのアクセスには、必ずPSNにサインインしていなければならなかった。ダウンロードするには既にサインインされてなければならない。
PSP向けコンテンツについてはPCからも購入・ダウンロードできる。PCからは2009年6月からMedia Goのインストールが必要になった。以前は「Media Manager for PSP」をインストールしていた。2008年10月までは、ウェブブラウザでアクセスする方式であった。コンテンツのダウンロードは、「PSN Downloader」を介して、USB接続したPSPへと直接行う。2012年現在、Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8に対応する。
PlayStation 4/PlayStation Vita
ホームメニュー(PS4では「PlayStation Dynamic Menu」、PS Vitaでは「LiveArea UI」)にある「PS Store」から起動する。PSNのアカウントを利用してサインインする。
PlayStation Mobile
ダウンロードした「PlayStation Mobileアプリ」(「PlayStation Mobile for Android」)をタップする。
Sony Entertainment Network オンラインストア
PCやスマートデバイスウェブブラウザからPS Storeを利用できる。自動的にダウンロードが行われる「リモートダウンロード機能」も実装されている。
App StoreGoogle Playからダウンロードする「PlayStation App」からも利用できる。

ウォレット(財布)[編集]

「ウォレット」はPSNのアカウント毎に割り当てられている仮想財布である。プリペイド式なのでこのウォレットに残高が無いと買い物等の支払いは不可能である。購入方法はストア内でコンテンツを選択し、仮想的なショッピングカートにコンテンツを追加して購入しダウンロードする。単品毎にダウンロードすることも可能である。決済はアカウントのウォレットから支払う。

チャージ(入金)[編集]

ウォレットに金額を補充する行為を「チャージ」(入金)という。金額を補充するには次の種類がある。

  • クレジットカード(18歳以上のみ対象のゲームには必要、Vプリカなどプリペイド型については動作保証外)
  • PS Storeカード/チケット
  • モバイル決済(「ドコモ ケータイ払い」「auかんたん決済」)
  • Edy(PS3でアクセスした場合のみ)

ウォレットに1,000円単位でチャージして使用する。上限は20,000円と決められており、それ以上はいくらチケットやカード等を持っていてもチャージできない。サブアカウントではチャージできないようになっている。また、クレジットカード、Edyを使ってチャージする場合、購入金額に1,000円以上のウォレットが不足する状態で追加チャージすると、ウォレットが購入金額と同額となるように1円単位でチャージが可能となっており、ウォレットの残額を使い切ることができる。

PS Storeカード/チケットも同様であるが、クレジットカードはカード発行の当該地域のストアでのみ使用出来る(つまり、日本発行のクレジットカードを使って米国・欧州・香港のストアのコンテンツを購入する事は不可能である)。これは登録している住所が本来居住している住所ではない(北米版ならば米国50州から地域を選択する形式の為、日本の住所は必然的に登録出来ないようになっている)が故、カード所有者本人か確認出来ない為である。

PS Storeカード/チケット[編集]

PS Storeカード/チケット(旧称:PSN カード/チケット)は電子マネーの一種である。購入後はカード/チケットに記載されているカード/チケット番号をストアに登録すると、ウォレットにチャージされてストアで金額分の買い物ができるようになる。これらには有効期限が定められている場合もあるので、その場合は期限内にチャージしないと無効になる。ただし、有効期限のあるチケットでもチャージして自分のウォレットに入れてしまえば有効期限はなくなる。また、国内で売っているチケット/カードは国内のアカウントにしかチャージできない。上記クレジットカードの項目でも記述しているが、対象ストアのチケット/カードのみ使用出来る。因みに各国ストアのカードは通販サイトなどで販売されている事が多い。

カード
全国のPlayStation取扱店とコンビニエンスストア/ショップなどで購入可能なスクラッチ式のプリペイドカード。3,000円、5,000円、10,000円がある。
チケット
コンビニエンスストア/ショップや携帯サイトで購入可能な印字されたライブチケットタイプ。1,000円、3,000円、5,000円、10,000円の4種類がある。ローソン等の全国約5万ヶ所以上のコンビニエンスストアおよび郵便局ATM(携帯電話メールで予約後、郵便局ATMにて支払う)で購入できる。郵便局ATMで買う時にはイーコンテクストの携帯サイトにて事前の申し込みが必要。郵便局ATMで支払った後にチャージ用のコードが携帯電話にメールで送られてくる。購入方法についてはe-context コンテンツID・電子マネー購入方法を参照。

その他[編集]

  • ファミ通』7月10日号のインタビュー『PSP goを丸裸にする!!』にて「もともとPSPを作る時点でPlayStation Storeを付ける予定だった。」と語った。
  • PSN カードは金券扱いであり、小売への利益は全くないと言われている[4]

関連項目[編集]

他社サービス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SCEJ、「PLAYSTATION Network」国内100万アカウント達成。1,000円分のチケットが当たるキャンペーンを実施、GAME Watch、2008年5月26日
  2. ^ PlayStation®3及びPSP® (PlayStation®Portable)をご利用のお客様へ” (日本語). ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン (2011年11月4日). 2011年11月12日閲覧。
  3. ^ a b c PSP®「プレイステーション・ポータブル」向けコミックコンテンツ配信サービス 新規コンテンツの追加更新終了のお知らせ
  4. ^ 三才ブックス「ゲームショップインタビュー DLCを小売店はどう見ている?」『ゲームラボ』8月号、2009年

外部リンク[編集]