PolicyKit

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PolicyKit
開発元 David Zeuthen
最新版 0.99 / 2010年09月15日(3年前) (2010-09-15
対応OS Unix系
種別 権限認可
ライセンス MIT License[1]
公式サイト [1]
テンプレートを表示
PolicyKit.png

PolicyKitとは、Unix系オペレーティングシステムで、システム全体の権限を制御するためのアプリケーション開発ツールキットである。このライブラリによって、特権を持たないプロセスが、特権を持つプロセスと通信することができるようになる。sudoのようなコマンドと比較すると、プロセス全体に対して特権を与えることはしない。しかし、1つのポリシーで、より細かなポリシーをシステム全体に対して適用できるという特徴がある。このライブラリは、freedesktop.orgプロジェクトの一環で作られた。

PolicyKitはUbuntuでは8.04より、Fedoraでは8より導入されている。

このツールは様々なアプリケーションに取り込まれている。例えば、libvirtvirt-managerから使うこともできる。また、SELinuxの持つセキュリティコンテキスト情報をD-Busより取得して、動作することもできる。

脚注[編集]

  1. ^ Appendix A. License

外部リンク[編集]