EasyInstall

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EasyInstall
開発元 Phillip J. Eby
最新版 1.0 / 2013年08月17日(10か月前) (2013-08-17
プログラミング言語 Python
対応OS クロスプラットフォーム
種別 パッケージ管理システム
ライセンス Python Software Foundation License or Zope Public License英語版
公式サイト pypi.python.org/pypi/setuptools
テンプレートを表示

EasyInstallPythonのためのパッケージ管理システムである。EasyInstallはPython Eggsに基づいたPythonプログラムとライブラリを配布するための標準フォーマットを提供する。easy_installはsetuptoolsにバンドルされたモジュールであり、Pythonの標準ライブラリであるdistutilsの機能を高めたサードパーティ製のライブラリである[1]。EasyInstallはRubyにおけるRubyGemsのようなものである。

通常、EasyInstallは希望のパッケージをPython Package Index(PyPI)で探す。また、パッケージとその依存パッケージをダウンロードするために、PyPI内のメタデータを使用する。EasyInstallはPyPI上でホストされている。

Python EggsはPythonのプロジェクトに情報を追加する方法である。Python Eggsはプロジェクトの実行時にチェックされ、依存関係を確認するだけではなく、他のプロジェクトのためのプラグインを提供することを可能にする。

EasyInstallは本格的なパッケージ管理システムとは言い難い。なぜなら、ローカルなパッケージの一覧表示や更新をすることができないからである。これらの問題を解決するために、pipとdistributeは開発された。distributeはeasy_installの開発が遅れていたために作られた[2]。distributeのバージョン0.7でEasyInstallはdistributeに統合された。

"EggsとPythonの関係は、JarsJavaとの関係と似ている。"

関連項目[編集]

  • Python Package Index - Pythonのサードパーティソフトウェアレポジトリ
  • pip - Pythonのパッケージ管理システム

出典[編集]

  1. ^ http://peak.telecommunity.com/DevCenter/setuptools September 1, 2009
  2. ^ Tarek Ziade. “The strange world of packaging – forking setuptools”. 2011年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]