Ubuntuソフトウェアセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ubuntuソフトウェアセンター
Ubuntu Software Center icon v3.svg
Ubuntu Software Center Ubuntu 12.10.png
Ubuntuソフトウェアセンター 5.0.1.4 (Ubuntu 11.10)
作者 Canonical Ltd. / Ubuntu Foundation
開発元 Canonical Ltd.
初版 2009年10月29日 (2009-10-29)
最新版 / 2013年04月26日(15か月前) (2013-04-26
プログラミング言語 Python (GTK+)
対応OS Ubuntu Desktop 9.10以降
Ubuntu TV
Ubuntu Touch
種別 Digital distribution, Package manager
ライセンス GPL
公式サイト wiki.ubuntu.com/SoftwareCenter
テンプレートを表示

Ubuntuソフトウェアセンター Ubuntuのソフトウェアセンター(コードネームAppCenter)はコンピュータにソフトウェアをインストールおよび削除、閲覧するためのUbuntuオペレーティングシステム向け管理ソフトである。現在はDebianにも取り込まれている。

開発の歴史[編集]

Canonical Ltd.は徐々にソフトウェアセンターの導入を計画しUbuntu 9.10から導入、Ubuntuの11.10には、完全な機能を持つことに成功。しかし、Ubuntu 9.10の導入で、その計画はほとんど完了している。


2009年10月-バージョン1.0.2 Ubuntu 9.10 (コードネーム:Karmic Koala)
に基づいてセキュリティを強化するとともに、検索、インストール、およびソフトウェアを除去するための新しいシンプルなインターフェイスが導入。


2010年4月 - バージョン2.0.2 Ubuntu 10.04 (Lucid Lynx) LTS
ソフトウェアセンターは、簡略化された方法で、アプリケーション以外のパッケージのリストを追加し、さらにアプリケーションとのサブカテゴリを提供する個人的なパッケージをアーカイブすることが可能に。


2010年10月 - バージョン3.0.4 Ubuntu 10.10 (Maverick Meerkat)
ユーザーがソフトウェアを購入する事が可能、特定の変更を元に戻す行為を含め、過去のインストール、削除および購入の歴史を可能にした。


2011年4月 - バージョン4.0 Ubuntu 11.04 (Natty Narwhal)
ソフトウェアのUbuntuユーザによる評価とレビューを表示する機能評価機能追加。


2011年10月 - Ubuntu 11.10 (Oneiric Ocelot)
このバージョンは、非商用ソフトウェアプロジェクトのために寄付を可能にするための機能追加が期待されている。

See also[編集]

外部リンク[編集]