systemd

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
systemd
作者 Lennart Poettering
初版 2010年4月30日
最新版 197 / 2013年01月7日(20か月前) (2013-01-07
プログラミング言語 C[1]
対応OS Linux
種別 Init デーモン
ライセンス GNU LGPL 2.1+ (フリーソフトウェア[2]
公式サイト freedesktop.org/.../systemd/
テンプレートを表示
systemd components

systemdLinuxにおけるinitデーモンの代替であり、System V スタイルとBSDスタイルの両方をサポートしている。サービスの依存関係をよりよく表すソフトウェアフレームワークを提供することを目指しており、システム立ち上げ処理をより並列的に実行できるようにし、シェルオーバーヘッド低減を目指している。

Unix系のデーモン(バックグラウンドプロセス)の命名慣習にあわせて、最後尾に "d" をつけている。またこの名称は言葉遊びの側面もあり、フランスで最近よく言われている「システムD英語版」という言葉に因んでいる。「システムD」とは、状況に迅速に適応し問題を即興で解決する個人の能力を意味する[3]

Lennart Poettering が書き[4]GNU Lesser General Public License version 2.1 またはそれ以降という条件でフリーソフトウェアとして公表した[2]

設計[編集]

多くのディストリビューションで使われている System V init に比べると、次のような新技法を採用している点で優れている。

  • ソケット起動型サービスとバス起動型サービス。相互に依存したサービス群をより並列的に起動できることがある。
  • PIDではなく cgroups を使ってサービスプロセス群を監視する。つまり、デーモンが2回forkしてもsystemdから逃れることはできない。

2012年4月、udevのソースツリーがsystemdのソースツリーにマージされた[5]

systemd はcgroupsやfanotifyといったLinux固有の機能に依存しており、設計上Linuxカーネル上でしか動作できないようになっている[6]Debianが正式採用をためらっているのはこの問題があるからで[7]、DebianにはFreeBSD版 (kFreeBSD) もある。Lennart Poettering はこれを問題とは考えておらず、「Debian kFreeBSD はおもちゃのOSだ」と発言している[8]

採用例[編集]

systemd の作者 (Poettering) は、GNOME 3.2 の外部依存パッケージとすることを提案している[9]。これはつまり、GNOMEを使用する全てのディストリビューションで systemd を使用するか、少なくともコンフィギュレーションのオプションとして用意しなければならないことを意味する。

systemdがデフォルトとなっているディストリビューション:

systemdが一応利用可能なディストリビューション:

脚注[編集]

  1. ^ “systemd”, Analysis Summary (Ohloh), http://www.ohloh.net/p/systemd 2011年6月16日閲覧。 
  2. ^ a b Lennart Poettering (2012-04-21), systemd Status Update, http://0pointer.de/blog/projects/systemd-update-3.html 2012年4月28日閲覧。 
  3. ^ Lennart Poettering, Kay Sievers, Thorsten Leemhuis (2012-05-08), Control Centre: The systemd Linux init system, http://www.h-online.com/open/features/Control-Centre-The-systemd-Linux-init-system-1565543.html 
  4. ^ Lennart Poettering, “FAQs”, systemd (0pointer), http://0pointer.de/blog/projects/systemd.html#faqs 2011年6月16日閲覧。 
  5. ^ Sievers, Kay, “Commit importing udev into systemd”, systemd, http://cgit.freedesktop.org/systemd/systemd/commit/?id=19c5f19d69bb5f520fa7213239490c55de06d99d 2012年5月25日閲覧。 
  6. ^ Lennart Poettering (2010-04-30), systemd FAQ, http://0pointer.de/blog/projects/systemd.html 2011年12月14日閲覧。 
  7. ^ Jake Edge (2011-07-27), Debian debates systemd, http://lwn.net/Articles/452865/ 2011年12月14日閲覧。 
  8. ^ Un entretien avec Lennart Poettering, (2011-07-05), http://linuxfr.org/nodes/86687/comments/1249943 2011年12月14日閲覧。 
  9. ^ Lennart Poettering (2011-05-18), “systemd as an external dependency”, desktop-devel mailing list (GNOME), http://mail.gnome.org/archives/desktop-devel-list/2011-May/msg00427.html 2011年5月26日閲覧。 
  10. ^ Dj Walker-Morgan (2011-05-24), Fedora 15's Lovelock released, The H, http://h-online.com/-1249820 2011年5月26日閲覧。 
  11. ^ Jake Edge (2010-08-25), systemd and Fedora 14, LWN, http://lwn.net/Articles/401856/ 2011年2月3日閲覧。 
  12. ^ Fabian Scherschel (2012-05-23), Mageia 2 arrives with GNOME 3 and systemd, The H, http://h-online.com/-1582479 2012年5月26日閲覧。 
  13. ^ Dj Walker-Morgan (2011-08-29), Mandriva 2011 arrives with systemd, The H, http://h-online.com/-1332627 2011年8月29日閲覧。 
  14. ^ Chris von Eitzen (2011-11-16), openSUSE 12.1 arrives with systemd and Btrfs, The H, http://h-online.com/-1380033 2011年11月16日閲覧。 
  15. ^ systemd is now the default on new installations, Archlinux News, https://www.archlinux.org/news/systemd-is-now-the-default-on-new-installations/ 2012年10月29日閲覧。 
  16. ^ systemd, Debian wiki, http://wiki.debian.org/systemd 2011年7月21日閲覧。 
  17. ^ “Comment #210”, systemd – bug #318365 (Gentoo's Bugzilla), https://bugs.gentoo.org/show_bug.cgi?id=318365#c210 2011年7月5日閲覧。 
  18. ^ systemd, Gentoo's Documentation, http://www.gentoo.org/proj/en/base/systemd/ 2011年7月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]