MIRACLE LINUX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 MIRACLE LINUX
Screenshot Asianux-20.png
アジアナックス 2.0
開発元企業 / 開発者 ミラクル・リナックス株式会社
OSの系統 Linux
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース Ver.4.0 / 2005年11月7日
パッケージ管理 RPM
対応プラットフォーム IA-32, IA-64
ライセンス 数種
ウェブサイト www.miraclelinux.com
ミラクル・リナックス株式会社
MIRACLE LINUX CORPORATION
本社所在地 日本の旗 日本
105-0014
東京都港区芝3-24-7 芝エクセージビルディング5階
設立 2000年6月1日
業種 情報通信
代表者 代表取締役社長 児玉崇
資本金 4億円
テンプレートを表示

MIRACLE LINUX(ミラクル・リナックス)は、Linuxディストリビューションの一つ。日本のミラクル・リナックス株式会社によって開発されている。Oracleのインストールが簡単なLinuxとして販売が開始された。しかし販売開始まもなくRed Hat LinuxがOracleのインストールに対応したためMIRACLE LINUXの存在意義は急速に失われ、現在はアジア向けに特化したLinuxディストリビューターとして営業が行われている。

ミラクル・リナックス株式会社は、国産Linux OSベンダーとして、2000年に日本オラクルなどが出資して設立された。現在の主要株主は、日本電気株式会社、オービックビジネスコンサルタント、サンブリッジ、日立製作所、NTTデータ、大塚商会等となっている[1]。2014年7月に、ソフトバンク・テクノロジー株式会社が子会社化した[2]

特徴[編集]

特殊な設定を施さなくてもOracle 10gが動作するように工夫がされている。カーネルの設定もあらかじめOracle向けにチューンされている。その他、各種ソフトウェアは安定したものが採用されている。

Ver1.0はTurbolinuxをベースに開発されていたが、Ver2.xからはRed Hat Linuxをベースにしている。Ver3.0以降は、Asianuxプロジェクトとしての共同開発になっている。

MIRACLE LINUX としては、Ver4.0 で終了し、2008年以降は Asianux という名称でリリースされる事になった。

関連項目[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.oracle.co.jp/news/ml/ 日本オラクル、Linux事業会社を設立
  2. ^ http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20140708_656962.html SBT、ミラクル・リナックスを子会社化へ

外部リンク[編集]