Mandriva Linux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mandriva Linux
Mandriva Linux 2011.png
Mandriva Linux 2011 デスクトップ
OSの系統 Linux
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース 2011 / 2011年8月29日(3年前) (2011-08-29
パッケージ管理 RPM
対応プラットフォーム i586, AMD64
カーネル種別 モノリシックカーネル
既定のユーザインタフェース KDE
ライセンス GPL及びその他のライセンス
ウェブサイト mandriva.com
2007 Spring Edition - GNOME 2.18 Desktop
2007 Free Edition - GNOME 2.16 Desktop
2006 Free Edition - GNOME 2.10 Desktop
Limited Edition 2005 - GNOME 2.8 Desktop

Mandriva Linux(マンドリーバ・リナックス)は、Linuxディストリビューションの一つ。旧名称はMandrakelinux。

概要[編集]

開発母体はフランスの Mandriva(旧MandrakeSoft)で、同社の共同創設者であるガエル・デュバル英語版によって始められた。1998年7月、Red Hat Linuxをベースにして、最初のバージョンであるLinux Mandrake 5.1をリリースした。

Pentiumクラス以上のCPU用に最適化されるように設計されている。デスクトップ環境は、2010.2まではGNOMEKDEを標準でサポートし、インストール時にユーザーが選択することができる。Xfceもオプションで用意される。2011ではKDEのみのサポートとなった。

旧Mandrakeの名称[編集]

当初、バージョン5.1から8.0まではLinux Mandrake、8.1から9.2まではMandrake Linuxという名称であった。しかし、商標権を侵害しているとの理由でMandrakeSoft(当時)が提訴されたため、同社は対策として10.0から10.1までの名称は、MandrakeとLinuxの間のスペースを取り除くとともにLinuxの"L"を小文字に変えて一つの単語にし、Mandrakelinuxとした。

MandrakeからMandrivaへ[編集]

MandrakeSoftがブラジルのLinuxディストリビューターであるConectiva社を買収したため、2005年4月7日、Mandrivaに社名変更したことに伴いMandrakelinuxもMandriva Linuxへ名称変更する。「Mandriva」とはMandrakeとConectivaの名称を掛け合わせたものである。この名称変更によって商標権の問題は沈静化する見込みである。開発ロードマップも変更され、Conectiva社のLinuxディストリビューションであったConectiva Linuxとの統合を図ることとなった。

旧MandrakelinuxとConectiva Linuxの統合ディストリビューションは2006年に完成する見込みであると発表された。完成するまでの臨時の措置として、2005年4月13日に「Mandriva Linux Limited Edition 2005」をリリースした。Limited Edition 2005は「Mandriva Linux」の名でリリースされたが、まだConectiva Linuxの統合部分は含まれておらず、旧Mandrakelinuxのシステムで構築されており、システム内では「Mandrakelinux」という名称が使われたままであった。旧Mandrakelinuxのシステムでのリリースはこれが最後となった。

同社創業者の一人であった Gaël Duval はその後解雇され、新たなLinuxディストリビューションの開発に従事している[1]。もともと開発者層が比較的厚いとされるMandrivaではあるが、近年では、Linux Mandrake 7.0からMandriva Linux 2007に至る7年間の間にリリースマネージャとして関わってきた Warly が2007年2月にMandrivaを去ったり、パッケージマネージャであった Texstar がPCLinuxOSというLinuxディストリビューションを開発してユーザーに影響を与えるなど、主要な開発者の異動が見られた。

2010年9月には主要な開発者やコミュニティがMandriva Linuxから独立し、Mageia(マギア)というフォークを立ち上げている。Mandriva Linux自体もフリー版はOpenMandriva Lxとしてフォークし、OpenMandriva Associationに移管している。Mandriva社は商用版に専念することとなった。

メンテナンスの容易さ[編集]

urpmi[編集]

urpmi[2] は "User mode rpm install" というMandriva Linux独自のパッケージ管理ツールであり、APTのようにパッケージ間の依存関係も自動的に解決しつつ、任意のパッケージのインストールや削除を行うことができる。urpmiには、グラフィカルなフロントエンドとしてgurpmiが存在する[3]

rpmdrake[編集]

Mandriva Linuxには、rpmdrakeというグラフィカルなパッケージ管理ツールも用意されている。実質的にはurpmiによって内部処理が実行される。

さらに、デスクトップ上のパネルには、最新パッケージの更新を自動的に通知するアイコンが置かれている。2007 Springのバージョン以降は、Mandriva Clubの会員となってオンラインアップデートのサブスクリプションを購入しなくても、このアプレットを利用して自動更新が行えるようになった。[4]

Smartパッケージ・マネージャ[編集]

Smartパッケージ・マネージャとは、かつてブラジルに存在したConectiva社の技術者 Gustavo Niemeyerによって新規に開発されたパッケージ管理ツールである[5]。現在、Conectiva社はMandriva社に吸収合併されたため、SmartはオプションとしてMandriva Linuxでも公式に提供されるようになった。専用のグラフィカルなインターフェースも備えており、Mandriva Linux以外の多くのLinuxディストリビューションにおいても、このパッケージ・マネージャが配布されるようになった。

歴史[編集]

リリース年月日 / リリース名(※括弧内はコードネームあるいは正式名)

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2007年からは 仮想デスクトップソフトウェア Ulteo のCEOを務めている
  2. ^ http://wiki.mandriva.com/en/Tools/urpmi
  3. ^ http://wiki.mandriva.com/en/Tools/urpmi#gurpmi
  4. ^ https://www.mandrivaonline.com/page.php "From Mandriva Linux 2007 Spring, you can get instant updates notifications directly through the desktop applet icon, without subscribing to the service."
  5. ^ http://labix.org/smart

外部リンク[編集]