SLAX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 Slax
SLAX.png
開発元企業 / 開発者 Tomas M
OSの系統 Linux
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース 7.0.8 / 2013年03月16日(18か月前) (2013-03-16
カーネル種別 モノリシックカーネル
既定のユーザインタフェース KDE
ライセンス 数種
ウェブサイト www.slax.org

SLAX(スラックス)とは、最も古くからあるLinuxディストリビューション(配布パッケージ)のひとつであるSlackwareをベースとしたチェコ発のLive CDである。

概要[編集]

日本国内では、産業技術総合研究所が日本語化を行っているDebianベースのKNOPPIXが有名だが、SLAXはSlackwareのシンプルで素直な構成という特徴を活かして、シンプルさと軽快さに特徴がある。 KNOPPIXが色々な用途で使用できるように大量のアプリケーションが最初から用意されているため、現在ではCD-ROMに収まらないような巨大なサイズとなっているのに対し、SLAXはデスクトップOSとして必要十分なものにアプリケーションが限定されて用意されており、必要な機能を満たしながらコンパクトになっている。 さらに、多くのソフトウェアはモジュールとして配布されていて、簡単に追加が可能。

従来の1CD Linuxは、CD-ROMドライブの遅さから、遅いという印象を持たれることがあるが、このSLAXは起動時間や反応時間が短いことからCD-ROM起動ということを感じられないほどの軽快さが特徴である。

現在、開発が進められているバージョン6では、ファイルシステムに、以前より使用されていたUnionFSに代わり、Aufs(Another unionFS)が採用されるのに伴い、モジュールファイル周辺に大幅な変更(バージョン5.xで使われていた.moファイルが.lzmファイルに変更された)が加えられ、uselivemod/unuselivemod コマンドも activate/deactivate に変更された。ちなみに、バージョン6は従来のCD用のiso形式に加えてUSBメモリ用のtar形式でも配布されている。

また、現在、開発者のTomas Mは、KDE4.x.xとFluxBox1.x.xをデスクトップに採用したバージョン7に向けて作業しており、バージョン6は、安定したKDE3.5.8.を必要とする人のための、バージョン5とバージョン7の中間、ハイブリッドになる、としている。

Slax5はこれ以降メンテナンスしないと宣言されている。

種類[編集]

Slax5は公式に4バージョン存在する。

  • SLAX Standard Edition
    • 最もスタンダードなバージョン。
  • SLAX KillBill Edition
    • wineQemuなどを加え、Windowsのアプリケーションを動かせるようにしたもの。
  • SLAX Server Edition
    • サーバ用のモジュールを加えたもの。
  • SLAX Frodo Edition
    • 他のバージョンの基礎部分。X Window Systemなどは含まれていない。
  • SLAX Popcorn Edition
    • Xfceを採用し、115MBまで縮小したもの。

日本語化[編集]

日本語化については、

で、独自に行われている。

ライブCDの部屋版は、SLAXにアプリケーションを追加して汎用性を高める方向で特徴を出しており、slax-ja は、オリジナルのシンプルさを保ちながら日本語化を行っている。

slax-jaについては、Webからの無償ダウンロードだけではなく、埼玉のLinuxユーザーズグループである小江戸らぐ(日本語化作業者が主宰)から、コミックマーケットオープンソースカンファレンス Tokyoなどで、説明書を付けてDVDケース等にパッケージングしたものを有償で配布している。

関連ディストリビューション[編集]

  • AliXe - フランス語版。ソフトウェアの変更やアップデートがされている。
  • Arudius - 情報保証や脆弱性評価のためのソフトを含んでいる。サイズはわずか210MBで、システム全てをRAM上で処理できる。
  • De-ICE.net - 侵入テストのターゲットとなるように設計されている。
  • GoblinX - デスクトップユーザー向け。カスタマイズされたKDEXfceEnlightment等のWMをウリにしている。
  • Ophcrack - Windows NTのパスワードのクラック用。バージョン3.3.0以降はSLAXではなく、Slitazベース[1]
  • SimpleSlax - 98MBに圧縮したSlax。Slax5.1.8をベースとしていて、最小限の、もしくは古いハードウェア向け。
  • SLAMPP - ホームサーバとして使えるようにアレンジされている。
  • Whax - 情報保証や侵入テストのためのツールを含んでいる。なお、後継のBackTrackの最新版はSLAXではない。

脚注[編集]

  1. ^ Ophcrack News”. 2014年9月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]