Slitaz

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SliTaz GNU/Linux
Slitaz-logo.svg
SliTaz-GNU-Linux 1.png
開発元企業 / 開発者 クリストフ・リンカーン
(Christophe Lincoln)
OSの系統 Linux
開発状況 Current
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース 4.0 / 2012年4月10日
対象市場 Live CD
パッケージ管理 Tazpkg
カーネル種別 モノリシック
ライセンス various
ウェブサイト http://slitaz.org/en

SliTaz GNU/Linux2006年にクリストフ・リンカーン (Christophe Lincoln) により始められたコミュニティに密着したソフトウェアプロジェクトである。約 80 MB のルートファイルシステムと約 25 MB のISOイメージとなっているLinuxディストリビューションである。2008年4月時点では、利用可能な最小のデスクトップ Linux ディストリビューションのうちの1つである[1]。SliTaz は CD ドライブあるいはUSBフラッシュドライブからブートされ、Xvesa上でLXDE(1.0 では JWM)デスクトップが実行され、その主な機能のすべてのためにBusyBoxを使用する。一連の良好なデスクトップや復旧ソフトウェアがあり、(容量の空きが許せば)RAMにすべてがロードされ、もしくはハードディスクにインストールされる[2]

開発の歴史[編集]

2年間の開発期間を経て、2008年3月22日に SliTaz のバージョン 1.0 がリリースされた。SliTaz はDamn Small Linuxと共通する目的を多く共有するが、より最新の Linux 2.6 カーネルに基づき、より小さい。 2009年4月16日に SliTaz のバージョン 2.0 がリリースされた。 2010年3月28日に SliTaz のバージョン 3.0 がリリースされた。 2012年4月10日に SliTaz のバージョン 4.0 がリリースされた。

アプリケーション[編集]

  • Web サーバ(LightTPDCGIPHP のサポートあり)
  • Mozilla Firefox
  • ミキサー、オーディオプレーヤー、CD リッパー/エンコーダー (Alsa)
  • メール・FTP クライアント (Chat)
  • SSH クライアント・サーバ (Dropbear)
  • データベースエンジン (SQLite)
  • 書き込み、編集用などの CD あるいは DVD ツール
  • デスクトップ (LXDE)
  • 他、合わせて 450 以上のパッケージ

ブート手段[編集]

バージョン[編集]

バージョン Stability リリース日
1.0 安定バージョン 2008年3月22日
2.0 安定バージョン 2009年4月16日
3.0 安定バージョン 2010年3月28日
4.0 安定バージョン 2012年4月10日

スクリーンショット[編集]

出典・参考文献[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]