Red Star OS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Red Star OS
Redstar3.0.png
Red Star 《紅星》 3.0
開発元企業 / 開発者 KCC(朝鮮コンピューターセンター
OSの系統 Linux
開発状況 開発中
ソースモデル シェアウェア/クローズドソースソフトウェア
最新安定版リリース 3.0
使用できる言語 朝鮮語
カーネル種別 モノリシックカーネル
既定のユーザインタフェース KDE

Red Star OS(レッドスターオーエス)とは Fedora をベースとした朝鮮民主主義人民共和国国策のLinux 亜種のオペレーティングシステム

概要[編集]

2006年朝鮮新報の報道で北朝鮮国策のOSが独自開発されていることが明らかにされ、当初門外不出とされていたが、2010年頃にロシアの留学生がバージョン2.0のメディアを持ち出してインターネットに流出させたことから、北朝鮮国外でもP2Pネットワークを介して入手できるようになった。

バージョン2.0のディストリビューションはCD-ROM2枚組で構成されており、1枚目にはインストーラとコアパッケージ、2枚目には追加アプリケーションが収録されている。パッケージ管理にはRPM形式が採用されている。言語の選択や追加は行えず、インストーラも朝鮮語のみとなっている。Windowsとのデュアルブートがサポートされている(但し、北朝鮮国内ではWindowsのパッケージ販売はされていない)。

バージョン2.0はWindowsを意識して作られており、付属のアプリケーションWindows標準の物と似せて作られている。カレンダーには北朝鮮独自の主体暦が使用されている。また、起動音に朝鮮半島の民謡として知られる「アリラン」が用いられている。

マニュアルは「設置指導書」と書かれた15ページのインストール手順書が添付されているだけである。「始めに」の冒頭には「偉大なる指導者 金正日 同志は次の通り指導されました。《プログラムを開発する上での基本は、我が国独自のOSを開発することである。》」と記述されている。

2013年にリリースされたバージョン3.0ではデスクトップがMac OS X風に刷新された(金正日書記長と金正恩第一書記は、共にMacを愛用している)。国策と謳いつつ開発は中国で行われたと言われている。

技術水準[編集]

STEPI(韓国科学技術政策研究院)が「Red Star 2.0」を実際に入手して詳細な分析を加えた上で、同オペレーティングシステムはLinuxをベースにしているものの、マイクロソフトの古いバージョンのオペレーティングシステムの影響を多分に受けており、10年ほど時代遅れと判断した[1]

規制[編集]

北朝鮮ということもありインターネットには厳しい規制があるが、このオペレーティングシステムも北朝鮮独自の検索エンジンを搭載したFirefoxベースのブラウザで、北朝鮮国内のイントラネットに限り閲覧することができる。パッケージのアップデートも北朝鮮国内のサーバに接続する必要があり、国外の一般的なyumリポジトリサーバを指定してもアップデートを行うことは出来ない。

また同オペレーティングシステムは独自開発されたものであるため、情報セキュリティーを自らコントロールできる。

必要環境[編集]

バージョン2.0の動作には

が必要

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北朝鮮が独自の国産OS「Red Star」を開発、技術的には「10年遅れ」 - 2010年4月7日 GIGAZINE

関連項目[編集]

  • Linux
  • 光明 - 北朝鮮国内のイントラネット網