Tizen

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Tizen
Tizen logo and wordmark.png
開発元企業 / 開発者 Tizen Community, Linux Mobile Foundation, インテル
OSの系統 Linux
開発状況 開発中
ソースモデル 混合 OSオープンソース[1], SDKクローズドソース[2] [1]
初リリース 2012年01月5日(2年前) (2012-01-05
最新安定版リリース 2.1 / 2013年05月17日(16か月前) (2013-05-17[3]
対象市場 スマートフォン, タブレット, ネットブック, スマートテレビ, IVI[4][注 1]
使用できる
プログラミング言語
HTML, JavaScript, C, C++
パッケージ管理 RPM Package Manager
対応プラットフォーム ARM, x86
カーネル種別 モノリシックカーネル(Linuxカーネル)
既定のユーザインタフェース グラフィカル
ライセンス 混合 OSオープンソース[1], SDKプロプライエタリ[2]
ウェブサイト www.tizen.org www.tizenassociation.org

Tizenタイゼン)は、LiMo Foundation、Linux Foundation、インテルが主導するTizenプロジェクトによる、スマートフォンタブレットノートパソコンスマートテレビIVIオペレーティングシステム (OS)。異なるデバイス上で共通のユーザー体験を提供することを目標としたオープンソースのシステムである。

概要[編集]

Tizenは2011年9月にモトローラNECNTTドコモパナソニック モバイルコミュニケーションズボーダフォンサムスン電子の6社でなるLiMo Foundationで開発を行なっていたモバイルOSであるLiMo Platformとインテルが進めていたモバイルOSであるMeeGoと合流したことにより始まり、その後サムスン電子がLiMo Foundationとは別に開発をしていたモバイルOSであるBadaも非公認ではあるがTizenプロジェクトへの統合も表明された。

MeeGoのプロジェクトは元々インテルとノキアが中心に開発を進めていたが、ノキアがWindows Phoneに注力することを決定したため、同プロジェクトが宙に浮きインテルはTizenと合流したと言われる。

TizenプロジェクトはLinux Foundation内にあり、サムスン電子、インテル、NTTドコモ、オレンジを中心に構成されたTechnical Steering Group(TSG)が行なっている他、ACCESS、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、NECカシオいったLiMo Foundation参加企業もこの取り組みに協力している。

Tizen AssociationはLiMo Foundationの後継組織でありアメリカニュージャージー州に本社をおき、サンフランシスコに事務所を構えている。Tizenの産業上での役割とTizenの教育を先導する目的で設立されTizen を利用したビジネスモデルや要求仕様、開発者向けのツール、アプリケーション展開、セキュリティー開発を担当している。

Tizenはソフトウェア開発キット(SDK)とアプリケーションプログラミングインタフェース(API)により、開発者は HTML5 や関連 Web 技術を使用して、マルチデバイス(スマートフォン、タブレット、ネットブック、スマートテレビや車載インフォテインメントなど)に対応したアプリケーションの作成が可能となる。その結果 Tizen ユーザーは、 OS、アプリケーションおよびユーザーエクスペリエンス(UX)をデバイスの違いを意識することなく利用できるようになる。
更にJavaScriptjQuery(モバイル含む)といったHTMLベースのアプリケーション開発ツールも提供している。更にバージョン2.0で C/C++ によるネイティブ・アプリケーションの開発が可能になった。

開発体制[編集]

Tizen の開発体制は、大きく技術グループとビジネスグループの二つに分けられており、前者を Linux Foundation ならびに Tizen Project が、後者を Tizen Association が担当している[6][7]

Tizen Project は、Linux Foundation に所属し、Tizen の開発や公開、各種デバイスをサポートするワーキンググループの作成など、プロジェクトに関するすべての技術的課題に取り組んでいる[8][6]。2013年2月26日、ファーウェイ・テクノロジーズの TSG への参加が発表された[7][9]

Tizen Association は、Tizen の産業的役割を主導するために組織された非営利コンソーシアムである[10][11]。Tizen やアプリケーションストアが備えるべき要求仕様経営戦略的視点から集約し、技術グループへ伝達する[7]。また、産業パートナーシップの構築、サービスモデルの選定、全体的なマーケティングや教育などを行い、Tizen の市場展開に務めている[1][6]

現在[いつ?]、Tizen Association の議長は NTTドコモ がつとめている。

構成[編集]

Tizen アーキテクチャは、以下の4つのサブシステムによって構成されている[12]

Web framework
W3C/HTML5 、デバイスAPI および WebKit2/JavaScriptCore ベースの Web ランタイムからなり、HTML5 などのウェブ標準や WAC のウェブ技術を用いてアプリケーションの開発を行う[13]
Native framework
システムサービス、名前空間、API およびオープンソースライブラリからなり、C/C++ を用いてアプリケーションの開発を行う。
コア
上位層のサブシステム(Web/Native framework)が必要とする機能を提供する。オープンソースライブラリと API の追加セットを含む。
カーネル
Linuxカーネルおよびデバイスドライバからなる。

Tizen アーキテクチャ

アプリケーション開発環境[編集]

Tizen のサードパーティー開発者向けのソフトウェアフレームワークは、上記 Web framework および Native framework の2種類からなる。開発言語は Web framework では HTML5JavaScript (jQuery/jQuery Mobile) などが、Native framework では C/C++ が使用される[14]。Web framework を利用してパッケージングした場合、W3C Packaged Web Apps になる。

Tizen SDKは公式サイト上[15][2]の開発者専用サイト「Tizen Store Seller Office」で、一般に公開されており、Eclipse ベースの統合開発環境(IDE)、エミュレータ、コンパイルツールチェーン、サンプルコード、ドキュメントなどを含む。Tizen SDKでは、Tizenの特長である「ネイティブアプリ」と、HTML5ベースの「Webアプリ」の双方の開発方式をサポートする。Tizen SDK の対応 OS は、UbuntuMS WindowsMac OS X である[16]


歴史[編集]

  • 2011年9月27日、Linux Foundation および LiMo Foundation が、Tizenという新しいプロジェクトの立ち上げを連名で発表、ホストは引き続き Linux Foundation が務める[17][18][19][13][20][21][22]
  • 2012年1月1日、LiMo FoundationはTizen Associationに改められた[23][24][8]
  • 2012年1月5日、最初のα版と SDK がリリース[25]
  • 2012年2月28日、Tizen 1.0 β版がリリースされた[26]。また、ファーウェイ・テクノロジーズの Tizen Association への参加が発表された[27]
  • 2012年4月30日、Tizen 1.0 SDK とソースコードがリリース。コードネームは Larkspur (飛燕草)[28][29]
  • 2012年5月8日、アメリカのキャリアである、スプリント・ネクステルが Tizen Association への参加および、Tizen の端末を将来販売することを発表[30]
  • 2012年9月25日、Tizen 2.0 α版がリリース[31][32]
  • 2013年2月18日、Tizen 2.0 SDK とソースコードがリリース。コードネームは Magnolia (木蓮)。2.0 から HTML5 だけでなく、C/C++ によるネイティブアプリケーションの開発もサポートされた[33][14]。プレインストールアプリは Tizen ネイティブでC言語などで開発された。
  • 2013年5月17日、Tizen 2.1 SDK, ソースコード, OSイメージなどが公開された[3]。また、5月3日よりTizen Store[34]のアプリケーションのアップロードの受付を開始した。オープン時点での販売対象国は、日本(ドコモ)、フランス(Orange)、カザフスタン、ロシア、ウクライナ。また、5月4日に IVI の ARM 向けの Tizen 2.0 alpha もリリースされた[35]
  • 2013年7月3日、Tizen 2.2 β版 SDKをリリース。
  • 2013年11月11日シャープ、パナソニック、NTTデータMSEコナミCelsysMcAfeeイーベイトレンドマイクロなど新規36社によるパートナープログラムの開設[36]
  • 2014年1月16日NTTドコモが、導入を予定していたTizen OS搭載スマートフォンの導入を、当面見送ると発表した[37][38]
  • 2014年6月2日、サムスンが商用としては初となるTizenスマートフォン「Samsung Z」を発表[39][40][41]
  • 2014年7月28日、サムスンが2014年第3四半期にロシア で発売するとしていたTizenを採用した初の商用スマートフォン「Samsung Z」の発売延期を発表[42]
  • 2014年8月25日、中国の大手通信機器メーカーHuawei Technologiesが「SamsungのTizenには成功の見込みがない」と述べ、Tizenのスマートフォンへの採用を拒絶していたことが分かったと複数の海外メディアが報じた[43]
  • 2014年8月28日、サムスンがTizenOSを採用したスマートウォッチ「Samsung Gear S」正式発表[44]
  • 2014年9月24日KDDIはTizen OS搭載のスマートウォッチ「Gear S」をau公式アクセサリー「au +1 collection」から発売すると発表[45]。発売日、価格などは改めてアナウンスされる[45]。日本で発売される初のTizenOS搭載機器となる予定。

ライセンスと開発体制[編集]

オープンソースOSとして公開されているが、Tizen 2.x は複雑なライセンスモデルをしている。SDK はオープンソースコンポーネントで作られている[46]が、SDK全体は Tizen SDK ライセンスで公開されている[47]。OS 自体は多くのオープンソースコンポーネントからなる。Samsung 内部で開発されたいくつかのコンポーネント(ブートアニメーション、カレンダー、タスクマネージャ、音楽プレーヤー)は Flora License で公開されている。

端末[編集]

2013年10月現在、まだ商用端末は発売されていない。2013年6月にシステナが日本初のTizen2.0を搭載したタブレットを開発したと発表した[48]。現在は2.1を移植したモデルも紹介されている[49]

Tizen 2.x が動く開発機は上記システナ製の他、以下の3種類作られた[50]

  • RD-210: Samsung Galaxy S II 相当。Tizen Developer Conference 2012 や LinuxCon Japan 2012 などで配布。
  • RD-PQ: Samsung Galaxy S III 相当。Tizen Developer Conference 2013 や LinuxCon Japan 2013 などで配布。ただし税関の都合で開催当日の2013年5月30日に開発機が届かず、誓約書だけ署名した上で後日再配布された。
  • handset-blackbay: Lava XOLO X900 相当。Intel Atom Z2460 搭載。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 車載インフォテインメント(In-Vehicle Infotainment、IVI)とは、車中における情報と娯楽を提供するソフトウェアスイートのこと。[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d About”. tizen.org. 2013年2月27日閲覧。
  2. ^ a b c サムスン電子. “Tizen SDK License Agreement”. Tizen Developers. 2013年2月27日閲覧。
  3. ^ a b Tizen 2.1 SDK and Source Code Release
  4. ^ Devices”. tizen.org. 2013年2月27日閲覧。
  5. ^ 車載用インフォテインメント (IVI)”. インテル. 2013年2月27日閲覧。
  6. ^ a b c 永田清人. “Expectation for Tizen (PDF)”. pp. 14-17, 27-28. 2013年3月1日閲覧。
  7. ^ a b c Tizenの可能性を語るドコモ永田氏”. ケータイ Watch. 2013年3月1日閲覧。
  8. ^ a b Tizen ワークグループ”. Linux Foundation. 2013年3月1日閲覧。
  9. ^ NTTドコモ、今秋にもTizenスマホを発売へ――端末上でdマーケットのサービスも展開”. ITmedia. 2013年3月1日閲覧。
  10. ^ Welcome to the Tizen Association”. Tizen Association. 2013年3月1日閲覧。
  11. ^ TERMS OF MEMBERSHIP (Last updated November 24, 2012) (PDF)”. Tizen Association. p. 1. 2013年2月27日閲覧。
  12. ^ Architecture of Tizen”. Tizen Developers. 2013年2月27日閲覧。
  13. ^ a b Foster, Dawn. “Welcome to Tizen!”. tizen.org. 2011年9月28日閲覧。
  14. ^ a b Tizen 2.0 Release Notes”. Tizen Developers. 2013年2月27日閲覧。
  15. ^ [1]
  16. ^ Tizen SDK”. Tizen Developers. 2013年2月27日閲覧。
  17. ^ Toor, Amar (2011年9月28日). “MeeGo to be folded into Linux-based Tizen OS, slated to arrive in 2012”. Engadget. 2011年12月18日閲覧。
  18. ^ Ricker, Thomas (2011年9月28日). “MeeGo is dead: Resurrected as Tizen, the newest Linux-based open source OS”. The Verge. 2011年12月18日閲覧。
  19. ^ Michael Larabel (2011年10月19日). “Tizen Is Announced; MeeGo Will Transition To It”. phoronix.com. 2011年10月19日閲覧。
  20. ^ Paul, Ryan. “MeeGo rebooted as Intel and Samsung launch new Tizen platform”. Ars Technica. 2011年9月28日閲覧。
  21. ^ モバイルOSのMeeGoがLimoと合流、新プロジェクト「Tizen」に”. Computerworld - エンタープライズITの総合ニュースサイト. 2013年2月27日閲覧。
  22. ^ MeeGoとLiMoが合流した新モバイルOSプロジェクト「Tizen」 が始動”. マイナビニュース. 2013年2月27日閲覧。
  23. ^ About The Tizen Association”. Tizen Association. 2013年2月27日閲覧。
  24. ^ Sprint News - Sprint Joins Tizen Association, Adds to its Board of Directors”. Embedded M2M Solutions. 2013年2月27日閲覧。
  25. ^ Tizen Alpha (pre-1.0) Release Notes”. Tizen Source. 2013年2月27日閲覧。
  26. ^ Tizen Beta (pre-1.0) Release Notes”. Tizen Source. 2013年2月27日閲覧。
  27. ^ Tizen ソフトウェアプラットフォーム本格化 業界の支持も増加”. Linux Foundation. 2013年2月27日閲覧。
  28. ^ tsg. “Tizen 1.0 Larkspur SDK and Source Code Release”. tizen.org. 2012年9月19日閲覧。
  29. ^ Ben Kersey. “Tizen 1.0 SDK and source code released”. SlashGear. 2012年9月19日閲覧。
  30. ^ Sprint Joins The Tizen Association”. スプリント・ネクステル. 2013年2月27日閲覧。
  31. ^ Tizen 2.0 Alpha”. Tizen Source. 2013年2月27日閲覧。
  32. ^ Tizen SDK 2.0 Alpha Release Notes”. Tizen Developers. 2013年2月27日閲覧。
  33. ^ Tizen 2.0 Magnolia SDK and Source Code Release”. tizen.org. 2013年2月27日閲覧。
  34. ^ Tizen Store seller office
  35. ^ IVI/IVI May 4, 2013 2.0 Alpha ARM release
  36. ^ TIZEN ASSOCIATION LAUNCHES PARTNER PROGRAM WITH 36 NEW MEMBERS
  37. ^ “ドコモ、新OS「タイゼン」スマホ発売を再延期”. 日本経済新聞. (2014年1月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD160SC_W4A110C1TJ0000/ 2014年1月17日閲覧。 
  38. ^ “ドコモが新OS「タイゼン」スマホ発売再延期、「時期適切でない」”. ロイター. (2014年1月16日). http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYEA0F06V20140116 2014年1月17日閲覧。 
  39. ^ “初の商用TizenスマートフォンSamsung Z発表。4.8型HD有機ELでLTE Cat.4対応、指紋・心拍センサ付”. Engadget. (2014年6月4日). http://japanese.engadget.com/2014/06/04/tizen-4-8-hd-amoled-lte-cat-4/ 2014年6月6日閲覧。 
  40. ^ “「タイゼン」搭載スマホ発表 サムスン、7~9月期にロシアで発売へ”. SankeiBiz. (2014年6月3日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/140603/bsk1406030500002-n1.htm 2014年6月6日閲覧。 
  41. ^ “韓国サムスン電子、「タイゼン」搭載スマホを第3四半期に発売”. ロイター. (2014年6月2日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0ED0TS20140602 2014年6月6日閲覧。 
  42. ^ “Samsung、初の商用Tizenスマホ「Samsung Z」のロシア発売を延期”. 日経BP. (2014年7月29日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/072900255/ 2014年8月1日閲覧。 
  43. ^ “スマホ世界3位のHuawei、「SamsungのTizenには成功の見込みがない」”. 日経BP. (2014年8月26日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/082600560/ 2014年9月8日閲覧。 
  44. ^ “サムスン Gear S発表、3G対応スマートウォッチ。OSはTizenベース”. Engadget. (2014年8月28日). http://japanese.engadget.com/2014/08/28/gear-s-3g-os-tizen// 2014年9月8日閲覧。 
  45. ^ a b “Tizen OS搭載のスマートウォッチ「Gear S」がauから発売”. RBB TODAY. (2014年9月24日) 
  46. ^ Open Source License Announcement
  47. ^ Tizen SDK License
  48. ^ http://www.systena.co.jp/pdf/irnews/20130624.pdf (株)システな報道発表資料2013年6月24日
  49. ^ TIZEN|製品紹介|プロダクトソリューション事業|システナ(株)
  50. ^ Tizen 2.0 latest images

関連項目[編集]

外部リンク[編集]