ブートディスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブートディスク: Boot disk)、起動ディスクは、(通常、リードオンリーの)可搬デジタル記憶媒体で、オペレーティングシステム (OS) やユーティリティプログラムを起動(ブート)するものを指す。媒体にフロッピーディスクを用いたものは特に起動フロッピーと、その他の媒体についてはブータブルディスクとも呼ばれる。

概要[編集]

ブートディスクは、ブート対象コンピュータの内蔵補助記憶装置に一時的に書き込むことがないよう、一時的なファイル格納場所としてRAMディスクを生成して使うことがある。

ブートディスクは、次のような用途で使われる。

  • OSのインストール
  • データ復旧
  • データの消去
  • ハードウェア/ソフトウェアのトラブルシューティング
  • OS環境のカスタマイズ
  • ソフトウェアのデモ実行
  • パスワードが分からなくなった場合の管理目的の利用(Windowsのブートディスクではこれは不可能な場合があるが、Linuxのブートディスクや特別なブートディスクを使うと、内蔵ハードディスクにはWindowsしかインストールされていなくとも、この用途に使える場合がある)
  • 内蔵ハードディスク上のOSでブートすると自動的にコンピュータウイルスが動作してしまう場合の対処

ブートディスク媒体としては、フロッピーディスクCD-ROMが一般的だが、それ以外にも磁気テープ、ZIP、最近ではUSBメモリなども使われる。ブート媒体としてどんなものが使えるかは、そのコンピュータのBIOSがそのデバイスからのブートをサポートしているかどうかに依存する。例えば、BIOSによってはCD-ROMによるブートをサポートしていないことがあり、フロッピーで起動してからCD-ROM上のソフトウェアを実行する必要がある。

フロッピーによるブート[編集]

PC用ブートフロッピーには、MS-DOSか最小構成のLinuxが格納されるのが一般的である。一般的なフロッピーディスクは1.44MBしか容量がないため、大きなOSの格納には不向きである。CD-ROMUSBメモリといった大容量の媒体によるブートが可能となったため、フロッピーでのブートは使われなくなってきている。

ブートデバイスの優先順位[編集]

現在のPCは、所定の優先順位で各種デバイスからのブートをするよう設定できる。フロッピーなどからブートできない場合、電源を入れた際に特別なキー(Delete、F1、F2、F10、F12など)を押下してBIOS設定モードにし、ブート媒体の優先順位を変更しなければならない。最近では、ブートの途中であってもファンクションキー(通常、F11)を押下することでブートを中止できるものもある。この場合、ブート可能なデバイスが一覧表示され、ユーザーが選択できるようになる。

最近のMacintoshでは、起動中にCキーまたはoption(alt)キーを押下することでブートデバイスを選択できる。

フロッピーでのブート (MS-DOS) に必要なファイル[編集]

IO.SYSとMSDOS.SYSがディスクの先頭に記録されていなければ起動しないバージョンもあった。

これらのファイル以外に、ファイルに適合するブートセクタも必要となる。例えば、IBMPC DOS(下記)のFORMAT.COMで初期化したディスクに上記3ファイルを入れても起動しない。一般に、MS-DOSや初期のWindowsにあったFORMAT.COMやSYS.EXEのようなブートディスク作成ツールがブートセクタも作成する。

PC DOSの場合

  • IBMBIO.COM(IO.SYSに相当)
  • IBMDOS.COM(MSDOS.SYSに相当)
  • COMMAND.COM

なおメーカーや機種によってはこれらと異なるファイル名の場合もある(東芝 J-3100(初期のDynaBookなど)ではSYSLDR.SYS、TBIOS.SYS、TDOS.SYS、COMMAND.COM)。互換OSのファイル名も異なる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]