ペネトレーションテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペネトレーションテスト

  • ネットワークに接続されているコンピュータシステムに対し、実際に既知の技術を用いて侵入を試みることで、システムに脆弱性がないかどうかテストする手法のこと。侵入実験(しんにゅうじっけん)または侵入テスト(侵入-)とも言われる。
  • 日本国外において、防弾ベスト製造会社、銃器メーカーや警察特殊部隊、軍隊などで用いられる用語。防弾ベストに対して弾丸を発射し、弾が貫通しない事を確認するペネトレーションテスト。銃自体の貫通力をハイペネトレーションと言う。警察特殊部隊などで、室内においてハイペネトレーションな銃器を持つと、近距離ゆえに容疑者が着用している防弾ベストを貫通してしまう、オーバーペネトレーションを引き起こす。

本項では、ネットワークにおけるペネトレーションテストについて詳述する。

概要[編集]

ネットワークに接続されているコンピュータシステムは絶えず外部から攻撃の危険を孕んでおり、実際に攻撃された場合はどのようにシステムが乗っ取られるのか、侵入に対してどこまでセキュリティツールが耐えうるのか、など実際にシステムが稼動する前に幅広いテストを行う。日本国内では、住民基本台帳ネットワークシステムが稼動する前に、住基ネットシステムに対してペネトレーションテストが行われ、「侵入可能である」とする長野県と「侵入は不可能である」とする総務省とで見解が分かれている。

ペネトレーションCD[編集]

個人レベルでもペネトレーションテストを行えるLinuxベースのLive CDが存在する。

  • Kali-linux - BTの後継
  • BackTrack Linux
  • Whoppix - Whaxに名称変更の後、BackTrack Linuxに統合、
  • Knoppix-STD
  • PHLAK

関連項目[編集]

外部リンク[編集]