Red Hat Linux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Red Hat Linux
開発元企業 / 開発者 レッドハット
OSの系統 Unix系, Linux
開発状況 開発終了
ソースモデル オープンソース
初リリース 1995年5月13日(19年前) (1995-05-13
最新安定版リリース 9 / 2003年3月31日(11年前) (2003-03-31
パッケージ管理 RPM Package Manager
カーネル種別 モノリシックカーネル
既定のユーザインタフェース GNOME
ライセンス 多種
ウェブサイト jp.redhat.com

Red Hat Linux(レッドハット・リナックス)は、かつてレッドハットによって開発されていた、Linuxディストリビューションである。現行のRed Hat Enterprise Linuxのような企業向けの有料版の他に、この時代はサポートが極く限定された無償配布もあり、他にディストリビューションがそう多くなかったことからそちらの利用者も多かった。

1995年に最初のバージョンがリリースされ、当初は"Red Hat Commercial Linux"と名乗っていた[1]RPM Package Managerの「R」はRed Hatの「R」であり、このディストリビューションで生まれ育ったパッケージ管理システムである。

2003年11月にレッドハットは方針転換を表明し、Red Hat Linuxの開発終了と、企業向けに特化したRed Hat Enterprise Linux (RHEL) のリリースを表明した[2]。無料版にあたるものはFedoraの名称として、レッドハットから同社が支援するコミュニティ、Fedora Projectによる開発へ移行した。

サポート及び、更新パッケージの提供[編集]

Red Hat Linux は、Red Hat Linux 9 まで存在し、レッドハットによるサポートは2004年の4月まで行われた[3]。それ以降のサポートはFedoraプロジェクトの Fedora Legacyプロジェクトによってされていた。しかし、このFedora Legacyプロジェクトは2007年2月9日をもって解散、サポートも終了した。その他、過去のRed Hat Linuxを使っている業務用途向けに、サポートサービスを行なう会社も存在する。

バージョン履歴[編集]

  • 1.0 (Mother's Day), 1994年11月3日 (Linux 1.2.8)
  • 1.1 (Mother's Day+0.1), 1995年8月1日 (Linux 1.2.11)
  • 2.0, 1995年9月20日 (Linux 1.2.13-2)
  • 2.1, 1995年11月23日 (Linux 1.2.13)
  • 3.0.3 (Picasso), 1996年5月1日 - DEC Alphaを初めてサポート
  • 4.0 (Colgate), 1996年10月3日 (Linux 2.0.18) - SPARCを初めてサポート
  • 4.1 (Vanderbilt), 1997年2月3日 (Linux 2.0.27)
  • 4.2 (Biltmore), 1997年5月19日 (Linux 2.0.30-2)
  • 5.0 (Hurricane), 1997年12月1日 (Linux 2.0.32-2)
  • 5.1 (Manhattan), 1998年5月22日 (Linux 2.0.34-0.6)
  • 5.2 (Apollo), 1998年11月2日 (Linux 2.0.36-0.7)
  • 6.0 (Hedwig), 1999年4月26日 (Linux 2.2.5-15)
  • 6.1 (Cartman), 1999年10月4日 (Linux 2.2.12-20)
  • 6.2 (Zoot), 2000年4月3日 (Linux 2.2.14-5.0)
  • 7 (Guinness), 2000年9月25日 (バージョン番号は"7"でなく"7.0") (Linux 2.2.16-22)
  • 7.1 (Seawolf), 2001年4月16日 (Linux 2.4.2-2)
  • 7.2 (Enigma), 2001年10月22日 (Linux 2.4.7-10, Linux 2.4.9-21smp)
  • 7.3 (Valhalla), 2002年5月6日 (Linux 2.4.18-3)
  • 8.0 (Psyche), 2002年9月30日 (Linux 2.4.18-14)
  • 9 (Shrike), 2003年3月31日 (Linux 2.4.20-8) (バージョン番号は"9"でなく"9.0")

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ ACC Corp.   View profile    More options (1995年8月1日). “COMMERCIAL: Red Hat Commercial Linux 1.1, Pacific Hi-Tech CD set. - comp.os.linux.announce | Google Groups”. Groups.google.com. 2013年5月5日閲覧。
  2. ^ Red Hatが無償版Linux開発を中止、企業版に専念”. IDG Japan / ITmedia (2003年11月4日). 2013年7月5日閲覧。
  3. ^ 「Red Hat World Tour 2004 Tokyo」開催、エンタープライズLinux戦略を説明”. ITmedia (2004年3月18日). 2013年7月5日閲覧。

外部リンク[編集]