Yellow Dog Linux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yellow Dog Linux
YDL6.0-Desktop+Firefox.png
YellowDog Linux 6.0 (E17デスクトップとFirefox)
開発元企業 / 開発者 Fixstars
OSの系統 Linux
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース 6.2 / 2009年7月2日
対応プラットフォーム PowerPC, Cell
カーネル種別 モノリシックカーネル
ライセンス GPL
ウェブサイト www.yellowdoglinux.com

Yellow Dog Linux(イエロードッグ・リナックス)はRPMを利用するRed HatLinuxディストリビューションの一つで、現在はFedoraベースである。PowerPCベースのCPUを採用したMacintosh(G4,G5)、IBM System p(JS2x,510,520, 540)、YDL PowerStationで動作する。

最初の開発は、米国Terra Soft Solutions社であった。1999年に同社によって最初のバージョンがリリースされ、現在も開発が続けられている。2008年11月にフィックスターズがTerra Soft Solutionsから全事業を買収し米国子会社Fixstars Solutionsとして再出発する。同時にYellow Dog Linuxの開発も引き継がれた。[1]

日本ではLinuxPPCの日本代理店であったアミュレットが日本語化および販売を行っていたが、フィックスターズの買収と同時に販売と出荷を終了した。今後はフィックスターズが直接行う。

バージョン5.0からはPowerPC派生CPUであるCellを採用するプレイステーション3にも対応し、ソニー・コンピュータエンタテインメントの公認を受けていたが、新型プレイステーション3には対応しなかった。その後のアップデートで、旧型を含めた全機種のプレイステーション3で対応できなくなる旨が発表されている(理由は不明)。

yum[編集]

Fedoraなどで採用されているパッケージ管理システムyumはYellow Dog Linuxのために開発された[2]。その後、Fedora Coreなど他のディストリビューションにも採用されていった。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.fixstars.com/company/press/20081111.html
  2. ^ いち早く登場した「Yellow Dog Linux」:ITpro
  3. ^ ITmedia エンタープライズ:アミュレット、「Yellow Dog Linux 4.0 Japanese Box Set」発売
  4. ^ PS3対応Linux「YellowDog Linux v5.0」リリース | エンタープライズ | マイコミジャーナル
  5. ^ PS3対応「Yellow Dog Linux」最新版リリース - ITmedia News
  6. ^ http://www.fixstars.com/company/press/20081119.html
  7. ^ http://www.fixstars.com/company/press/20090702.html
  8. ^ http://www.jp.playstation.com/ps3/update/ud_hty.html#ver321

関連項目[編集]

外部リンク[編集]