Nao (ロボット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロボカップ向けの開発バージョンのNao

Nao(発音はナオ)は自立歩行する小型ヒューマノイドロボット。フランスパリに拠点を置く Aldebaran Robotics社により開発された。

概要[編集]

Naoの学術開発版は、大学や研究機関において研究目的で利用されている。一般公開は2011年以降になる予定。

ロボットによるサッカー・コンテストとして毎年開催されるロボカップにおいて、「四足ロボットリーグ」に長らくソニーAIBOが採用されてきたが、2006年のAIBO販売終了に伴いこのリーグは終了する流れとなる。代替となるものとして、2007年8月15日「スタンダード・プラットフォーム・リーグStandard Platform League、SPL)」用の機種としてNaoの採用が決まり、2008年以降使用されている。ロボカップ2010では、NaoV3Rが共通プラットフォームとして採用される。

バージョン[編集]

  • 2005年1月 - 2006年3月: AL-01, AL-02 and al.-03
  • 2005年9月 - 2006年7月: AL-04
  • 2006年6月 - 2007年6月: AL-05.a
  • 2007年5月 - 2007年12月:AL-05.b
  • 2008年3月:初めての完成版(finalized version)であるNaoロボカップ・エディションがリリース[1]

また2008年には、Naoアカデミック・エディションが教育関係者や企業に向けてリリースされた。2011年半ばには、一般公開バージョンがリリースされる予定。

テクニカル・スペック
Height 58 cm
Weight 4,3 kg
Autonomy 90 min. (constant walking)
Degrees of freedom 21 to 25
CPU x86 AMD GEODE 500 MHz
Built-in OS Linux
Compatible OS Windows, MacOS, Linux
Programming languages C++, C, Python, Urbi
Vision Two CMOS 640 x 480 cameras[2]
Connectivity Ethernet, Wi-Fi

脚注[編集]

  1. ^ Standard Platform League Technologie-Zentrum Informatik und Informationstechnik(英語)
  2. ^ Nao - a robot that sees, speaks, reacts to touch and surfs the web gizmag.com(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]