Mozilla Foundation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mozilla Foundation
Mozilla wordmark
団体種類 非営利企業(501(c)(3))
設立 2003年7月15日
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州マウンテンビュー
北緯37度23分17秒 西経122度4分58秒 / 北緯37.38806度 西経122.08278度 / 37.38806; -122.08278座標: 北緯37度23分17秒 西経122度4分58秒 / 北緯37.38806度 西経122.08278度 / 37.38806; -122.08278
収入 7860万ドル(2008年) [1]
子団体 Mozilla Corporation
ウェブサイト www.mozilla.org
テンプレートを表示

Mozilla Foundation(モジラ・ファウンデーション、以降「ファウンデーション」)は、オープンソースMozilla プロジェクトを支援するために設立された非営利企業である。略称は MoFo あるいはMFである。開発方針の決定、インフラの整備、商標知的財産権の管理を行なっている。また、Mozilla Firefoxモジラ・ファイアーフォックスMozilla Thunderbirdモジラ・サンダーバードのリリースを行なうためのMozilla Corporationモジラ・コーポレーション(以降「コーポレーション」)を子会社としている。所在地はアメリカ合衆国カリフォルニア州マウンテンビューである。

歴史[編集]

カリフォルニア州マウンテンビューにある Mozilla ファウンデーションと Mozilla コーポレーションの本部が入居する建物。
2009年7月までの本部。グーグルプレックスグーグルの本社)の隣にあった。

1998年2月23日NetscapeネットスケープによってMozilla Application Suiteモジラ・アプリケーション・スイートの開発への協力を目的としたMozilla Organizationモジラ・オーガニゼーション(以降「オーガニゼーション」)が設立された。オーガニゼーションは Netscape 社員の大部分から成るが、Netscape からは独立して運営されることが原則とされた。オーガニゼーションは「Mozilla はテスト目的のものでありエンドユーザーが利用するものではない」と主張していた。これが Beonex Communicatorベオネックス・コミュニケーターと呼ばれるブラウザの開発のきっかけとなった。Beonex Communicator はオーガニゼーションがプロジェクトを進めていた間、Mozilla の「エンドユーザー版」としてリリースしていた。しかし、大多数のエンドユーザーは「正式な」Mozilla のビルドをダウンロードしていた。

Netscape の親会社であるAOLによるオーガニゼーションとの関係の劇的な縮小に伴い、2003年7月15日Mozilla ファウンデーションが設立された。これにより MozillaNetscape との関係を完全に切ることと成った。AOLはファウンデーションの設立に際し、ハードウェア知的財産権を委譲し、移行の手伝いのために3ヶ月間、3人のチームを雇った。またAOLは2年間にわたり200万ドルの寄付を約束した。

Mozilla コーポレーション[編集]

2005年8月3日、ファウンデーションは完全子会社である Mozilla コーポレーションを設立した[2]。コーポレーションは主に FirefoxThunderbird のリリース計画、マーケティングおよび関連活動について責任を負うこととなった。さらに企業とも関係をもち、大きな収益を上げるようになった。コーポレーションは課税対象の法人であり、ファウンデーションとは異なり収益や企業活動の面で大きな自由度を持っている。

業務[編集]

当初、ファウンデーションが他者へ支払う金額はオーガニゼーションの頃と比較して非常に大きくなった。これはオーガニゼーションが伝統的に Netscape や他の Mozilla の技術のベンダーに残してきた業務によるものである。対象を開発者からエンドユーザーへ移すことの一部として、ファウンデーションは広告会社と契約を結んで Mozilla のソフトウェアを同梱したCDの販売や電話サポートを開始した。いずれも Netscape と同じ業者を選択した。またファウンデーションは「Mozilla」の商標やロゴの使用に関する方針のもと、自社の知的財産権に対する主張をより強めるようになった。さらにマーケティングのような新しいプロジェクトも開始した。

コーポレーションの設立によって、ファウンデーションは開発や商業関係の活動の全てを子会社であるコーポレーションに委任した。そしてファウンデーションは「製品化されていない」CaminoカミノSeaMonkeyシーモンキーなどのプロジェクトの管理を継続し、単独でのプロジェクト管理と方針整備に注力することとなった。ファウンデーションは Mozilla の商標と知的財産権を所有しており、これらをコーポレーションにライセンスしている。また Mozillaソースコードリポジトリも管理しており、チェックイン権限の付与も行なっている。

財源[編集]

ファウンデーションは資金源として寄付を受け付けている。設立時に AOL から 200 万ドル、ミッチ・ケイパーから30万ドルの寄付を受けている。ファウンデーションはアメリカ合衆国国税収入局規約501(c)3によって連邦所得税の免除を受けているが、子会社であるコーポレーションは課税対象である。

ファウンデーションは Googleグーグルと契約を結び、Google での検索を Mozilla Firefox の検索エンジンの既定の設定としている。また、Firefox の既定のホームページGoogle の検索サイトである。これらによる収益の総額は公式には公開されていない。

人物[編集]

ファウンデーションの理事会は次の7人から成る。

当初はクリストファー・ブリザード[3]が理事を務めていたが、彼がコーポレーションの設立に伴いコーポレーションの理事会へ異動となったため、それ以降は伊藤穰一が理事を務めている。ボブ・リスボンとカール・マラムードは2006年10月に理事に選任された。

ファウンデーションには有給のスタッフがおり、プロジェクトや方針に関する問題に対処している。

コーポレーションにも多数の職員がいるが、コーポレーション設立以前にはファウンデーションで働いていたものが多い。

伝統的に Mozilla プロジェクトは mozilla.org と呼ばれるコミュニティによって運営されてきたが、コミュニティのメンバーの中にはファウンデーションやコーポレーションの理事や職員となったものが多い。

その他[編集]

  • 2006年、OpenBSDオープンビーエスディーテオ・デ・ラートの要請を受け、ファウンデーションは OpenBSDGoogle からの収益から1万ドルの寄付を行なった。これは OpenBSD による OpenSSHオープンエスエスエイチの開発に対するものである。この要請の主な対象は シスコシステムズIBMヒューレット・パッカードレッドハット など、OpenSSH を組み込んだ製品を販売していながら寄付を行なっていなかった企業に対するものであったが、ファウンデーションは OpenSSH を使用していないにも関わらず、開発への感謝として寄付を行なった[4]
  • Mozilla Europeモジラ・ヨーロッパMozilla Japanモジラ・ジャパンMozilla Chinaモジラ・チャイナMozilla 製品やプロジェクトの広報、普及を支援する非営利団体である。ファウンデーションからは独立しているが、ファウンデーションの公式アフィリエイト(支部)として活動している。

参考文献[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]