OpenSSH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Open Secure Shell
開発元 The OpenBSD Project
最新版 6.6 / 2014年3月16日(8か月前) (2014-03-16[1]
プログラミング言語 C
対応OS マルチプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 リモートコントロール
ライセンス BSDライセンス
公式サイト www.openssh.com
テンプレートを表示

OpenSSH (Open Secure Shell) は、SSHプロトコルを利用するためのソフトウェアで、SSHサーバおよびSSHクライアントを含む。OpenSSHは、OpenBSDプロジェクトにより開発が行われ、BSDライセンスで公開されている。オリジナルのSSH実装であるSSH Tectiaなど、SSHには他にいくつかの実装があるが、2008年の時点でOpenSSHは世界で最も使用されているSSH実装である[2]

歴史[編集]

オリジナルのSSHは、Tatu Ylönenにより1995年に開発され、はじめフリーで公開された。しかし、同年12月には、SSH社 (SSH Communications Security) が設立され、プロプライエタリ・ソフトウェアとなった。OpenBSDの開発チームは、オリジナルのSSHの最後のフリーなバージョンであるssh 1.2.12をもとに改良を加え、1999年12月に、OpenSSHの最初のバージョンであるOpenSSH 1.2.2を、OpenBSD 2.6とともに発表した。

最初のOpenSSHの発表後、OpenBSDチームはOpenSSHの他のオペレーティングシステムへのポーティングと、プロトコルバージョン2への対応を行うことにした。SSHの初期のプロトコルであるバージョン1には脆弱性や制限があり、対応策としてSSH社は、1996年にバージョン1と互換性のないプロトコルバージョン2を発表し、IETFでの仕様策定を経てバージョン2を実装した製品を1998年に発売していた。しかし、それまでの製品より機能が劣り、ライセンスの制限も厳しかったためバージョン2の普及はなかなか進んでいなかった。OpenSSHは、2000年7月にバージョン1とバージョン2に対応したOpenSSH 2.0を、OpenBSD 2.7のリリースとともに発表した。このリリースによりOpenSSHは爆発的に普及し、スタンダードの地位を獲得した。

その後、機能の追加や、何度か見つかった脆弱性への対応が行われている。

開発プロセス[編集]

OpenSSHの開発は、まずOpenBSD上で安全・堅牢なプログラムを開発し、他のシステムでの実装はOpenBSD版を基にオペレーティングシステム依存部分のみを移植するという方針で行われている。移植版には、区別のためバージョン番号に、Portable release を意味する "p(数字)" が付けられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式サイト”. 2014年6月30日閲覧。
  2. ^ SSH usage profiling”. 2009年3月8日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]