Pretty Good Privacy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pretty Good Privacy
開発元 シマンテック社
初版 1991年(23年前) (1991
最新版 9.9 / 2008年09月5日(5年前) (2008-09-05
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 暗号化ソフト
公式サイト http://www.pgp.com/jp/
テンプレートを表示
PGPによる暗号化/復号の流れ

Pretty Good Privacy(プリティ・グッド・プライバシー)とは、フィル・ジマーマンが開発、公開した暗号ソフトウェアである。略称は PGP

公開鍵暗号方式を採用しており、暗号、署名ができる。開発当初、アメリカ合衆国は暗号を武器とみなし輸出を禁止していたため、同国外では入手できなかった。憲法上、同国政府は出版物を取り締まれないため、ソースコードは書籍 (ISBN 0-262-24039-4) として出版・国外輸出され、有志によって改良がなされ国際版(PGPi)が公開された。しかし、1999年12月13日にアメリカ合衆国がPGPの輸出を一部の国を除いて認めたため、同国外でも合法的にUS版PGPを使用できるようになり、国際版の開発は終了した。

2001年10月にPGPの開発元であるネットワーク・アソシエーツ社がPGP部門の解体を発表、売却先を探していた。2002年8月に売却先が見つかり、PGP社[1]を設立して開発及び販売が再開された。

2005年8月に公開されたPGP9.0.2からは日本語版も公開されている。2006年1月26日には日本法人も設立[2]され日本でのサポートも行われている。現在[いつ?]は英語版、ドイツ語版、日本語版が公開されている。

なお、PGP社は2010年6月にシマンテックに買収された。

OpenPGP[編集]

PGPの仕様は、RFCに公開されている。当初は RFC 1991 としてPGPの仕様の情報を提供しているだけであったが[3]1998年に仕様が標準化され、 RFC 2440 として公開された[4]。これは RFC 4880 によって更新され、RFC 5581 によって CamelliaRFC 6637 によって楕円曲線暗号 (ECDSAECDH) への対応が追加された。また、draft-koch-eddsa-for-openpgp-00によってEdDSA英語版への対応も追加される見込みである。

PGP/MIME フォーマットについて定めた RFC 2015 およびそのアップデートである RFC 3156 も別途標準化されている。

OpenPGP の標準化を受けて、フリーソフトウェアライセンスであるGPLに基づく別実装である GNU Privacy Guardグヌー・プライバシー・ガードのバージョン1.0が1999年にリリースされている。また、Android オペレーティングシステム向け実装である Android Privacy Guardアンドロイド・プライバシー・ガード[5]や、iOS オペレーティングシステム向け実装である iPGMail[6]も公開されている。

RFC勧告[編集]

関連書籍[編集]

  • 相田洋・矢吹寿秀 『コンピュータ地球網』6、日本放送出版協会〈NHKスペシャル 新・電子立国〉、1997年ISBN 4140802960OCLC 675076623

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]