Mozilla Japan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mozilla Japan
団体種類 一般社団法人
設立 2004年7月19日
所在地 東京都港区六本木7-5-6
主要人物 瀧田佐登子相磯秀夫伊藤穰一喜多伸夫砂原秀樹徳田英幸
活動地域 日本の旗 日本
主眼 日本国内での、Mozilla の技術、関連技術の普及、啓蒙
ウェブサイト http://www.mozilla.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人 Mozilla Japan(モジラ・ジャパン)は日本で Mozilla 製品を普及促進・展開を支援する非営利法人。この組織は2004年7月に設立、8月19日から活動を開始した。Mozilla Foundation からは独立しているが、公式アフィリエイト(支部)として存在している。また、各種企業と提携し、Mozilla に関する技術の実用化の促進などを行っている。

主な活動内容[編集]

製品のローカライズ[編集]

公式にリリースされた各種製品の日本語化を行う他に、日本にあわせたチューニングを行っている。ただし、ナイトリー・ビルドなどの開発版に関しては、日本語化は行われていない。取り扱う製品は、Mozilla Foundation のリリースに従っている。

文書の翻訳[編集]

サイト内の文書の一部を日本語訳して公開している。

各製品のプロモーション[編集]

各製品に関するプロモーションを、ネット上、または実地に行っている。Spread Firefox の日本語版を通してプロモーションをしたり、お試し版CDの配布、ユーザーイベントなどを開催している。また、Spread Firefox の日本語版マスコットキャラクターとして、2006年9月にキツネをモチーフとしたアニメ風のキャラクターであるフォクすけが作成された。

テクノロジーの啓蒙、普及活動[編集]

各種技術系イベントに参加し、GeckoXUL といった各種技術の啓蒙を行っている。時には、海外の技術者を招聘し、利用者が参加するイベントを行うことがある。

Mozilla 24[編集]

Mozilla 24[1]とは、Mozilla Japan が主催し、日本・欧州・米国など世界各地を接続して24時間連続で開催されるイベントである。インターネットをもっとエキサイティングにするため、Mozilla の活動の先にある未来のインターネットの姿について考えるものとしている。

2007年度は9月15~16日に開催され、日本では東京(慶應義塾大学ベルサール九段SHIBUYA BOXX)・京都(京都大学)の4か所が主会場となった。イベント内容については公募により決定し(2007年5月31日から6月30日まで企画アイデアを募集していた)、慶應義塾大学・ベルサール九段ではパネルディスカッションなどが、SHIBUYA BOXX ではに・よん・なな・みゅーじっくなどの協力による音楽イベントが実施された。当日はストリーミング中継によりインターネット経由で全世界からイベントの様子を視聴することができた。なお、イベントの様子を撮影した動画は公式サイト上で約半年間の期間で限定公開されていた。

役員[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]