オープンソースの定義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オープンソースの定義: The Open Source Definition、略称OSD)とは、ソフトウェアオープンソース(またはソフトウェアライセンスがオープンソースライセンス)であると認められるか否かを決定する定義である。これはOpen Source Initiative (OSI) により策定され、文書としてまとめられている[1]。OSIはオープンソースライセンスがこの定義に合致しているかをライセンス認証プロセス[2]にてチェックしている[3][4]

この定義はブルース・ペレンズにより作成され、Debianプロジェクトにはじめ導入されたDebianフリーソフトウェアガイドライン (DFSG) を基にしている。

内容[編集]

OSDはオープンソースライセンスが満たすべき条件として以下の要件を挙げている[5]

  1. 自由な再頒布
  2. ソースコード(「ソースコード公開」も含む自由な利用)
  3. 派生物(Derived Works. 派生物の自由な利用)
  4. 原著作者のソースコードとの区別 (Integrity) - これはTeXなどパッチのみの配布を要求するソフトウェアをOSDに合致させるための妥協の産物である。
  5. 特定人物・集団に対する差別の禁止 - たとえば「特定国家への輸出を禁ずるソフトウェア」はOSDに合致しない。
  6. 使用分野 (Fields of Endeavor) に対する差別の禁止 - 例えば「兵器への利用を禁ずるソフトウェア」はOSDに合致しない。
  7. ライセンスの権利配分(Distribution of License. ライセンスが再頒布者に認める権利は差別なく与えなければならない。)
  8. ライセンスは特定製品に限定してはならない
  9. ライセンスは他のソフトウェアを制限してはならない - 著作物として別個のものと明確に定義できる各ソフトウェアはそれぞれ別のライセンスであってもよい(例えば一方がオープンソースライセンスであっても他方はプロプライエタリであってもよい)。GPLもこの条件に合致している("集積物の別の部分と見なされるパッチ"を参照)。
  10. ライセンスは技術中立 (Technology-Neutral) でなければならない - ライセンスに特定技術に依存するような条項があってはならない。例えばクリックラップ英語版などのソフトウェア利用許諾契約は、GUIのクリック操作という、契約に対する明確な同意の意思表示を強要する。仮に「クリックラップ」条項が含まれたオープンソースソフトウェアをCUI環境でしか動作しないソフトウェアに組み込んだ場合に問題が発生する。

フリーソフトウェアの定義とオープンソースの定義の比較[編集]

フリーソフトウェア運動とオープンソース運動の根本的思想の違いにも関わらず、フリーソフトウェア財団によるフリーソフトウェアの公式の定義とOSIによるオープンソースの定義は、2、3の細かい例外を除いて、基本的には同一のソフトウェア、ソフトウェアライセンスを対象としている。フリーソフトウェア財団は思想的違いを強調すると同時に、次のようなコメントを述べて、ソフトウェアライセンスを図解している。

The term “open source” software is used by some people to mean more or less the same category as free software. It is not exactly the same class of software: they accept some licenses that we consider too restrictive, and there are free software licenses they have not accepted. However, the differences in extension of the category are small: nearly all free software is open source, and nearly all open source software is free.

Free Software Foundation、http://www.gnu.org/philosophy/categories.html

参考訳:

「オープンソース」ソフトウェアというのは多かれ少なかれフリーソフトウェアと同一の範疇にあることを意図する目的で、いくつかの人々により採用されている用語である。しかし実際にはこれは同一種のソフトウェアではない。例えば、彼らは制限が極めて強い(訳注:フリーではない)と我々が考えているいくつかのソフトウェアライセンス[注釈 1]を受け入れており、同時に彼らが受け入れていないフリーソフトウェアライセンス[注釈 2]が存在する。しかしながら、カテゴリを拡大すればその違いは小さいものといえる。すなわち、ほとんど全てのフリーソフトウェアはオープンソースであり、ほとんど全てのオープンソースソフトウェアはフリーである。

フリーソフトウェア財団、http://www.gnu.org/philosophy/categories.html

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 例えばArtistic License Version 1.0はOSI認証を受けたオープンソースソフトウェアライセンスである(Open Source Initiative OSI - The Artistic License:Licensing)が、フリーソフトウェアライセンスではない(Artistic License 1.0 - We cannot say that this is a free software license[...])。ちなみに同じくOSI認証を受けたArtistic License Version 2.0はフリーソフトウェアライセンスである。
  2. ^ 2011年現在OSIが承認していないフリーソフトウェアライセンスとして、WTFPLがある。

出典[編集]

  1. ^ The Open Source Definition”. OSI. www.opensource.org. 2011年10月23日閲覧。
  2. ^ The Licence Review Process”. OSI. www.opensource.org. 2011年10月23日閲覧。
  3. ^ Open Source Licenses”. OSI. www.opensource.org. 2011年10月23日閲覧。
  4. ^ Open Source Definition”. www.osCommerce.com. 2011年10月23日閲覧。
  5. ^ The Open Source Definition (Annotated)”. OSI. www.opensource.org. 2011年10月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]