MATE (デスクトップ環境)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MATE
Mate-logo.svg
Mate DE on Debian.png
Debianで動作中のMATE 1.4
開発元 Perberos, 他
初版 2011年08月19日(2年前) (2011-08-19
最新版 1.8 / 2014年03月4日(32日前) (2014-03-04
プログラミング言語 C言語, C++, Python
対応OS X11を有するUnix-like
サポート状況 アクティブ
種別 デスクトップ環境
ライセンス GNU LGPL, GNU GPL
公式サイト mate-desktop.org
テンプレートを表示

MATE(マテ、スペイン語発音: [ˈmate])はGNOME 2のコードからフォークされたデスクトップ環境である。MATEという名称はマテ茶の原料となることで知られる南米の亜熱帯地域原産の植物イェルバ・マテに由来する[1]。リネームはGNOME 3のコンポーネントとの競合を防ぐために行われた。

歴史[編集]

従来のデスクトップメタファーGNOME Shellによる新しいインターフェースで置き換えたGNOME 3はLinuxコミュニティの一部から批判を受けた。多くのユーザーは新しいGNOMEを受け入れることを拒否し、GNOME 2の開発を継続する者を求めた[2]。MATEプロジェクトは、Arch LinuxユーザーであるPerberosによってこのタスクを行うために立ち上げられた[3][4]

アプリケーション[編集]

いくつかのGNOMEアプリケーションはフォークされ、リネームされた:

今後の開発[編集]

開発者たちはMATEをGTK+ 3にポートしようと計画しているが[5]、GTK+ 2のままにしておこうという別の計画もある[6]。プロジェクトはLinux Mintの開発者たちからサポートされている[7]

我々はMATEをKDEやGnome 3、Xfceなどと同様にもう一つのデスクトップだと考えており、以前のリリースのLinux MintにおけるGnome 2の人気から、我々はMATEをサポートし、改良を手伝うことに専念しようと考えている。

Cajaにはアンドゥ・リドゥ[8]やファイルの置き換え時の差分表示[9]のような新しい機能が追加された。

採用[編集]

MATE V1.2は2012年4月16日にリリースされた。 Linux Mintのバージョン12 "Lisa"に搭載されている標準のデスクトップ環境の一つとなっている[10][11]。MATEのパッケージはArch Linux、UbuntuDebianFedoraSabayon Linuxでも入手可能である[12][13][14]。 MATEはLinux Mint Debian Editionにおいても第一のデスクトップ環境として採用されており、Cinnamon が代替のデスクトップとして使用可能である[15]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ “About MATE”, MATE, http://mate-desktop.org/about/ 2012年9月19日閲覧。 .
  2. ^ Linus Torvalds Ditches GNOME For Xfce, Digitizor, (2011-08-04), http://digitizor.com/2011/08/04/linus-torvalds-ditches-gnome-for-xfce/ 2012年9月19日閲覧, "While you are at it, could you also fork gnome, and support a gnome-2 environment? — Linus Torvalds" .
  3. ^ “Mate Desktop Environment - GNOME2 fork”, Arch Linux Forums, https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=121162 2014年4月6日閲覧。 .
  4. ^ Larabel, Michael (2011-08-17), “A Fork Of GNOME 2: The Mate Desktop”, Phoronix, http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=OTgxMA 2012年9月19日閲覧。 .
  5. ^ “About gtk3”, MATE (GitHub), https://github.com/perberos/Mate-Desktop-Environment/wiki/About-gtk3 2012年9月19日閲覧。 .
  6. ^ “About gtk2”, MATE (GitHub), https://github.com/perberos/Mate-Desktop-Environment/wiki/About-gtk2 2012年9月19日閲覧。 .
  7. ^ Lefebvre, Clem (2011-12-01), “Important fix for MATE – Feedback needed”, The Linux Mint Blog, http://blog.linuxmint.com/?p=1901 2012年9月19日閲覧。 .
  8. ^ Karapetsas, Stefano (2012-01-03), “Undo/Redo in Caja”, Stefano Karapetsas's Blog, http://blog.karapetsas.com/2012/01/03/undoredo-in-caja/ 2012年9月19日閲覧。 .
  9. ^ Karapetsas, Stefano (2012-06-17), “What’s new in next Caja”, Stefano Karapetsas's Blog, http://blog.karapetsas.com/2012/06/17/whats-new-in-next-caja/ 2012年9月19日閲覧。 .
  10. ^ Lefebvre, Clem (2011-11-26), “Linux Mint 12 Release Notes”, Linux Mint, http://linuxmint.com/rel_lisa.php 2012年9月19日閲覧。 .
  11. ^ Holwerda, Thom (2011-11-27), “Linux Mint 12 Released”, OSNews, http://www.osnews.com/story/25371/Linux_Mint_12_Released 2012年9月19日閲覧。 .
  12. ^ Which distributions is MATE packaged for?, “About”, MATE, http://mate-desktop.org/about/ 2012年9月19日閲覧。 .
  13. ^ lxnay (2012-09-13), “Press Release. Sabayon 10”, Sabayon Linux, http://www.sabayon.org/release/press-release-sabayon-10 2012年9月19日閲覧。 .
  14. ^ Mashal, Dan; Dieter, Rex (2012-07-19), “Features/MATE-Desktop”, Fedora Wiki, https://fedoraproject.org/wiki/Features/MATE-Desktop 2012年9月19日閲覧。 .
  15. ^ Lefebvre, Clem (2012-04-05), “Update pack 4 is out!”, Linux Mint, http://blog.linuxmint.com/?p=1949 2012年9月19日閲覧。 .

外部リンク[編集]