Bazaar

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bazaar
Bazaar Explorer
Bazaar の GUI フロントエンド「Bazaar Explorer」
作者 Martin Pool
開発元 カノニカル及びコミュニティ
初版 2007年12月14日
最新版 2.6.0 / 2013年08月4日(11か月前) (2013-08-04
最新評価版 2.6b2 / 2012年07月24日(23か月前) (2012-07-24
プログラミング言語 Python
対応OS クロスプラットフォーム
サポート状況 活動中
種別 分散型バージョン管理システム
ライセンス GNU General Public License
公式サイト http://bazaar.canonical.com/
テンプレートを表示

Bazaar(バザー、以前のBazaar-NG、コマンドラインツールbzr)はカノニカルが支援しているクロスプラットフォームの分散型バージョン管理システムである。誰でも簡単にフリーソフトウェアオープンソースソフトウェアのプロジェクトに貢献できるように設計されている。

開発者チームは使いやすさ、正確さ及び柔軟性に焦点を当てて開発している。上流のコードをとても簡単にブランチ・マージできるように設計されており、いくつかのコマンドだけでも生産的に使うことが可能である。Bazaarはローカルなファイルを複数のブランチで作業する単独開発者でも、またネットワークを越えて共同作業するチームでも使うことができる。

BazaarはPythonで書かれており、主要なLinuxディストリビューションMac OS XWindows向けのパッケージが用意されている。またBazaarはフリーソフトウェアであり、GNUプロジェクトの一部である[1][2]

特徴[編集]

BazaarのコマンドはCVSSubversionにあるコマンドと全く同様であり、遠隔リポジトリサーバー無しで新しいプロジェクトを開始し管理するのはとても簡単である。

中央サーバを使わない純粋な分散型バージョン管理システムと比べて、Bazaarは中央サーバ有り・無しの両方での動作をサポートしており、同じプロジェクトに対し同時に両方の方法を使うことも可能である。LaunchpadというサイトはBazaarで管理されたプロジェクトのためのフリーなホスティングサービスを提供している。

Bazaarは何種類かの他のリビジョン管理システムでの動作をサポートしている[3]。これはSubversionのような他のシステムからブランチし、ローカルでの変更を作り、Bazaarブランチへコミットし、後で他のシステムへマージし戻すことを可能にする。Bazaarはbzr-svnプラグインによってSubversionの基本的なサポートを持っている[4]Mercurial[5]Git[6]のサポートのはしりもある。現在の機能は完璧では無いが、グラフィカルなヒストリを表示できるほどに互換性がある。

Bazaarは完全なUnicode文字セットからなるファイル名をサポートしている。またコミットメッセージやコミッター名などにもUnicodeを使用できる。

バージョン 1.xのリリースまで、BazaarはGitに比べてかなり遅かったが、以降、いくつかの操作に関しては性能的に追いついている[7]。ネットワークのレイテンシがボトルネックとなっている状況であれば、他のリビジョン管理システムに十分匹敵している[8]

プラグイン[編集]

Windowsのインストーラには標準でBzrTools、bzr-svn、QBzr、TortoiseBZRが含まれている。

ユーザー[編集]

バージョン管理にBazaarを使用する有名なプロジェクト:GNU EmacsGNU Mailman[9][10]MySQL[11]及びGNOMEJavaバインディング[9][12]

歴史[編集]

Baz: 早期のCanonical Ltd.のバージョン管理システム[編集]

"Bazaar" という名前は元々GNU archのクライアントであるtlaの派生によって使われていた。この派生は現在、現在のBazaarと区別をするためにBazと呼ばれている[13]。BazはCanonical Ltd.の従業員Robert Collinsによって2004年10月にアナウンスされ[14]、2005年までメンテナンスされており、その時にBazaar-NG(現在のBazaar)と呼ばれていたプロジェクトがBazの後継としてアナウンスされた[15]。Bazは現在メンテナンスされておらず、Canonicalはそれを非推奨だとみなしている[16][17]。Bazの最後のリリースは2005年10月にリリースされたバージョン1.4.3であった[18]。計画されていたBaz 1.5のリリースは2006年に放棄された[19]

Bazaar[編集]

2005年2月、以前に口頭やブログで多数のリビジョン管理システムの説明とレビューをしてきた開発者であるMartin Poolが、Canonicalに雇われて "オープンソースハッカーが利用を好む分散型バージョン管理システムの構築"[20] の仕事を割り当てられたと発表した。公開されたウェブサイトとメーリングリストは2005年3月に作成され、2005年3月26日に付番された最初のプレリリースである0.0.1がリリースされた[21][22][23]

Bazaarは新しい実装で作られ、完全に異なるコードベースと設計であり、GNU archともBazとも多少異なるコマンドセットを持っている。当時開発中、他の種類のオープンソースのリビジョン管理システムの中からもっとも良いアイデアの下に分散され構築されるようにデザインされた。Bazaarは元々機能のためのテストベッドとして後でBazに統合するように意図されていたが、2005年中頃には主要なBaz開発者達の多くが主としてBazaarで直接作業を始めており、Bazは捨てられることとなった[17]

Bazaarのバージョン 1.0は2007年12月にリリースされた[24]。2008年2月、BazaarはGNUプロジェクトになった[1]

参照[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Pool, Martin (2008年2月26日). “Bazaar is now a GNU project”. bazaar-announce mailing list.. https://lists.ubuntu.com/archives/bazaar-announce/2008-February/000135.html 2008年5月23日閲覧。 
  2. ^ Pool, Martin (2008年5月21日). “Bazaar becomes a GNU project”. info-gnu mailing list.. http://lists.gnu.org/archive/html/info-gnu/2008-05/msg00012.html 2008年5月23日閲覧。 
  3. ^ Vernooij, Jelmer; John Meinel, Olad Conradi, Martin Pool, Wouter Van Heyst, Aaron Bentley (2007年6月15日). “BzrForeignBranches”. 2007年6月21日閲覧。
  4. ^ Vernooij, Jelmer; Mark Lee, Neil Martinsen-Burrell, Robert Collins, Alexandre Vassalotti, Stijn Hoop (2007年6月7日). “BzrForeignBranches/Subversion”. 2007年6月21日閲覧。
  5. ^ The Bazaar Hg Plugin in Launchpad
  6. ^ bzr git support plugin in Launchpad
  7. ^ git/bzr historical performance comparison” (2008年5月8日). 2008年5月28日閲覧。
  8. ^ Canonical Ltd. (2007年12月21日). “Benchmarks - Bazaar Version Control”. 2008年1月20日閲覧。
  9. ^ a b Projects using Bazaar”. Canonical Ltd. (2008年4月28日). 2008年5月23日閲覧。
  10. ^ Mailman source code branches” (2007年12月4日). 2008年5月23日閲覧。
  11. ^ Arnö, Kaj (2008年6月19日). “Verson Control: Thanks, BitKeeper - Welcome, Bazaar”. 2008年6月19日閲覧。
  12. ^ Operational Dynamics Pty Ltd. “Get java-gnome!”. 2008年5月23日閲覧。
  13. ^ Pool, Martin; Matthieu Moy and Matthew Hannigan (2007年3月9日). “Branding”. 2007年6月16日閲覧。
  14. ^ Collins, Robert (2004年10月29日). “Announce: Bazaar”. Gnu-arch-users mailing list.. http://lists.gnu.org/archive/html/gnu-arch-users/2004-10/msg00712.html 2007年6月16日閲覧。 
  15. ^ Moy, Matthieu (2005年8月20日). “Future of GNU Arch, bazaar and bazaar-ng ... ?”. bazaar-old mailing list.. https://lists.ubuntu.com/archives/bazaar-old/2005-August/000105.html 2007年6月16日閲覧。 
  16. ^ Baz1x - Bazaar Version Control” (2006年7月24日). 2008年1月17日閲覧。
  17. ^ a b Arbash Meinel, John (2006年7月26日). “HistoryOfBazaar”. 2008年2月20日閲覧。
  18. ^ Moy, Matthieu (2005年10月25日). “ReleaseNotes1.4.3”. 2007年6月16日閲覧。
  19. ^ Collins, Robert (2006年6月30日). “releasing 1.5”. bazaar-old mailing list.. https://lists.ubuntu.com/archives/bazaar-old/2006-June/000531.html 2007年6月16日閲覧。 
  20. ^ Pool, Martin (2005年2月1日). “sourcefrog: A beginning”. 2008年5月23日閲覧。
  21. ^ Pool, Martin (2005年3月23日). “(test)”. bazaar mailing list.. https://lists.ubuntu.com/archives/bazaar/2005q1/000002.html 2008年5月23日閲覧。 
  22. ^ Bentley, Aaron (2005年3月23日). “Re: State of the Arches”. gnu-arch-users mailing list.. http://lists.gnu.org/archive/html/gnu-arch-users/2005-03/msg00262.html 2008年5月23日閲覧. "For completeness, it's probably worth mentioning that bazaar-ng (www.bazaar-ng.org) is another rcs system sponsored by Canonical" 
  23. ^ Pool, Martin (2005年3月26日). “bzr 0.0.1 released”. bazaar mailing list.. https://lists.ubuntu.com/archives/bazaar/2005q1/000014.html 2008年6月12日閲覧。 
  24. ^ “Canonical Releases Version 1.0 of Bazaar Version Control Tool for Efficient Developer Collaboration” (English) (HTML) (プレスリリース), Canonical Ltd., (2007年12月14日), http://www.ubuntu.com/news/bazaar-v1-release 2008年5月23日閲覧。 

外部リンク[編集]