Source Code Control System

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Source Code Control SystemSCCS)は、世界初のソースコードバージョン管理システム1972年ベル研究所の Marc J. Rochkind が IBM System/370 上の OS/MVT 向けに開発した。その後、PDP-11上のUNIXに移植され、SCCS は初期のUNIXの一部とされた。SCCS のコマンドの仕様は Single UNIX Specification の一部ともなっている。

SCCS は Revision Control System(RCS)が登場するまで、ほとんど唯一のバージョン管理システムとして広く使われていた。現在、そのファイル形式は一部のバージョン管理システム内で利用されている(BitKeeperTeamWare)。Sablime[1] でも SCCS 形式のファイルを利用可能である。SCCS ファイル形式は interleaved delta(またはthe weave)と呼ばれる技法を使っている。この技法はバージョン管理システム開発者が最新のマージ手法の鍵として注目している(例えば、Precise Codeville など)。

SCCS を含んでいた初期のUNIXシステム[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]