ウィリアム・ジョン・サリバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
John Sullivan
2006年6月フリーソフトウェア財団が開催したイベントにて。
生誕 William John Sullivan
1976年12月6日(37歳)
住居 ボストン[1]
雇用者 フリーソフトウェア財団[2]

ウィリアム・ジョン・サリバン(William John Sullivan、より一般的には、ジョン・サリバン(John Sullivan)[3]として知られる)は、1976年12月6日生まれの、ソフトウェアの自由を守る活動家、ハッカーそして文筆家である。ジョンは、2003年初頭にフリーソフトウェア財団(Free Software Foundation; FSF)に従事し始め、現在はその執行役員(executive director)を務めている[4]。彼はまた、GNUプロジェクト(GNU Project)のスポークスマンならびにウェブ管理者も務めている。フリーソフトウェア作家として、彼はまた、GNU EmacsテキストエディタPlannermode[5]ならびにdelicious-el[6]パッケージのメンテナである。

フリーソフトウェア並びにフリーカルチャー[注釈 1]双方のコミュニティで活動するサリバンは、実は、哲学学士号(Bachelor of Arts in philosophy)ならびに筆記詩学修士号(Master of Arts in Writing and Poetics)を授与されている。大学在学中においては、サリバンは弁論ポリシー・ディベート英語版)に長けており、CEDA英語版 Nationalsの決勝戦、ならびにNDT英語版の準決勝戦に勝ち残った実績を持つ[7]

2007年まで、ジョンは、Defective by DesignBadVistaそしてPlay Ogg運動を全面に背負って立つ、主要な折衝担当者だった。彼はまた、2006年7月まで、GNUプロジェクトのウェブ管理者長(Chief-webmaster)も務めていた[8]

GNUプロジェクトの弁士として[編集]

ジョンは現在、英語による、次の話題に関する講演を行っている[9]:

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ローレンス・レッシグが提唱する、インターネットなどニューメディアを利用したフリーコンテント創作物英語版をより広く頒布させようとする社会運動

出典[編集]

  1. ^ Sullivan, William John. “Contacting John Sullivan”. LiveJournal. 2010年2月24日閲覧。
  2. ^ Matt Lee (2010年12月28日). “Mailing address and telephone/fax numbers”. Free Software Foundation. 2011年2月23日閲覧。
  3. ^ John Sullivan: Hello There”. wjsullivan.net (2008年11月18日). 2011年2月23日閲覧。
  4. ^ FSF announces new executive director”. Free Software Foundation (2011年3月7日). 2011年3月24日閲覧。
  5. ^ EmacsWiki: Planner Mode”. www.emacswiki.org (2010年12月20日). 2011年2月23日閲覧。
  6. ^ John Sullivan: delicious-el”. wjsullivan.net (2010年10月18日). 2011年2月23日閲覧。
  7. ^ NDT Results 1997-2005”. American Forensic Association. 2011年3月24日閲覧。
  8. ^ We are the GNU Webmasters!”. www.gnu.org (2010年12月15日). 2011年2月23日閲覧。
  9. ^ GNU and Free Software Speakers”. www.gnu.org (2010年12月10日). 2011年2月23日閲覧。
  10. ^ この用法は、詳しくは次のウェブページを見よ Words to Avoid (or Use with Care) Because They Are Loaded or Confusing”. www.gnu.org (2010年12月12日). 2011年2月23日閲覧。(参考までに、DRMについては訳されていないが、「避けるべき表現」の日本語訳は次にある。 混乱を招くかその危険がある、避けた方が良い言葉と言い回し”. www.gnu.org (2002年3月1日). 2011年2月23日閲覧。)GNUプロジェクトならびにFSFは、デジタル著作権管理というのは、ユーザーを混乱させるプロプライエタリ・ソフトウェア業界のプロパガンダであるとして、その用語の是正に努めている。Defective by Designも見よ。
  11. ^ John Sullivan (2011年1月31日). “High Priority Free Software Projects”. Free Software Foundation. 2011年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]