筆記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紙とボールペンで文字を書く様子。
紙と万年筆

筆記(ひっき、英語:writing)とは、書き記すこと[1]。あるいはで書くこと[1]。また、それによって書かれたもの[1]

概説[編集]

筆記とは、書き記すことである[1]。特に、文字類を書くことを指すのが一般的である。[注 1] 日本では古くは書くための道具としてもっぱら《筆》を用いていたといういきさつがあるので「筆記」と言うわけである。

様々な筆記があるわけであるが、 誰かが話すことを聞いて筆記することは、特に「口述筆記(こうじゅつひっき)」と言う。

西欧語圏では、手で書かれたもの、手で書くことをmanuscriptmanuscritなどと言う。日本語では文脈に応じて「マニュスクリプト(英語)」「マニュスクリ(フランス語)」「写本」「原稿」などと訳し分けている。

筆記試験とは、試験を受ける者に何かを書かせることで、その者の程度を判断するための試験である。基本的に「実技試験」や「面接試験」という用語・概念と対比的に用いられている。

特に手ですばやく書くための形をしたアルファベットを英語では「cursive」「joint writing」などと言っているが、日本語ではそれを「筆記体」と呼んでいる。

筆記用具

筆記するための用具を筆記用具と言う。

視野を広げて歴史を振り返れば、粘土板と棒(メソポタミア)、パピルスペンとインク(古代エジプト)、竹簡と筆と(古代中国)、和紙と筆・墨・硯(日本)、羊皮紙羽ペン中世ヨーロッパ。写本など)、万年筆(20世紀、各地)、ノート鉛筆ペン類(現代、各地) 等々等々、様々な筆記用具を用いてきた歴史がある。

筆記用具の概念を革命的に変えたのはワードプロセッサの出現である。アメリカで生まれた時は文章を編集・構成する「意識の拡張」の道具にすぎなかったが、日本では工業化に向かないとされた漢字かな混じり文 の劣勢を一挙に改革してキーボードとともに筆記用具としての地位を確立した。作家の坂口安吾は「文字と速力と文学」([[1]]1940年)の中で「私の想念は電光の如く流れ走つてゐるのに、私の書く文字はたど/\しく遅い」と書いていたが、そうした速力も想念に追いつけるようになったのである。デジタル化で完全なコピーも可能になった。ネットとつながることで、目の前の紙などから瞬時に、送信することもできるようになった。


脚注[編集]

  1. ^ 「書」という字・概念は文字に対して用いられていて、「描」という字・概念はなどに対して用いられる。
出典
  1. ^ a b c d 広辞苑第六版「筆記」

関連項目[編集]

職業
  • 書記(古代エジプトでは、書くということは立派な専門職で身分もかなり高かった。)
書道