貝葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
15世紀または16世紀頃のタミル地方のキリスト教徒がヤシの葉に書いた貝葉
古代 (500 B.C. 以前) のタミル語の文法が書かれたヤシの葉 'Thol.kaa.p.pi.am' の複製
Corypha utan

貝葉(ばいよう)とは、椰子などの植物の葉を加工して、の代わりに用いた筆記媒体。東南アジア南アジアで多く利用された。貝多羅葉(ばいたらよう)の略称である。

貝多羅葉(ばいたらよう)の名称は、古代インドで植物の葉が筆記媒体として用いられていたため、サンスクリットで「木の葉」の意味を持つパットラ(pattra)と、さらに主に用いられたオウギヤシ(パルミラヤシ)である「ターラ(tala、多羅樹)の葉」を漢訳したものを起源とする。原材料は地域や植生によって様々な材料が用いられるが、主にヤシ科のパルミラヤシ(Borassus flabellifer)、タラバヤシ(学名:Corypha umbraculifera、utan、グバンヤシ gebang utan とも)などが使用される。貝葉は、タイではバイ・ラーンใบลาน)、インドネシアではロンタールlontar)と呼ばれる。

仏教経典は初期には「貝葉」に書かれた。たとえばパキスタンギルギットで出土した「法華経」は5-6世紀のものと考えられている。

日本においては タラヨウ(多羅葉、モチノキ科)があるが、この名は葉の裏に傷をつけると貝葉のように文字を書くことができるために付けられた。

コレクション[編集]

日本における貝葉のコレクションは、京都大学大谷大学などにタイの貝葉コレクションがある。さらに、タイではチェンマイ大学の体系だったラーンナー貝葉コレクションが知られている。

関連項目[編集]