フェルトペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェルトペン(felt pen、felt-tip pen)、マーキングペン(marking pen)、マーカーペン(marker pen)またはマーカー(marker)は、ペン先にフェルト又は合成繊維合成樹脂を使用し、毛細管現象によってペン軸となる容器からインクを吸い出し、描画する筆記具・画材。用途により様々な名称があり、またメーカーによって様々な商品名がある。

油性マーカーの先端

概要[編集]

ペン先に成形した繊維質(フェルト、合成繊維)または複雑な断面形状のある合成樹脂の芯を使い、毛細管現象によってペン軸となる容器からインクを吸い出し描画する。ペン先は極太から極細、形も角張ったものから丸みのあるもの、インクに工夫を凝らしたものや多数の色を用意したもの、使い捨てからインクの補充やペン先を交換できるものなど、様々なタイプがある。重力の影響を受けにくく、インクによっては表面のつるつるした物にも描け、それまでの筆記具(ペン、万年筆、筆など)と違い速乾性がある、などの特長がある。

種類[編集]

  • フェルトペン
ペン先にフェルトを用いているペンの総称。合成繊維を利用している場合にも、フェルトペンと呼ぶ場合がある。
  • マーキングペン
JIS規格(S 6037)に規定されている名称で、繊維(フェルト、合成繊維)や合成樹脂のペン先を使用した筆記用具の総称。ただし水性マーカーの筆ペンは除く。
マジックインキ
耐久性に優れた油性インク(マジックインキ)を使用し日本で最初に登場したマーキングペン(またはマーカー)。ペン先にはフェルトを使用している。寺西化学工業から1953年(昭和28年)に発売された。ガラス・プラスチック・布・皮・木材・金属・陶器などあらゆるものに描くことができる。現在では、この特長を持つ油性マーカー全般のことを「マジック(またはマジックペン)」と呼ぶことがある。
なお、商品名「マジックインキ」の登録商標は、発案した株式会社内田洋行が保有している[1][2]。また本家のマジックインキは、インクを補充したり、ペン先を交換することができる。
ぺんてるサインペン
紙への筆記に特化し、ペン先に合成繊維または合成樹脂を使ったペンの総称。もともとはぺんてる株式会社登録商標[3](商品名)であったが、普及するに連れて一般名詞化した。
従来のペン先の素材であるフェルトでは、太い字しか書けなかったが、これをアクリル繊維のペン先を用いることにより細字を書けるようにした。当初は油性インクを使った「ぺんてるペン」が1960年(昭和35年)に発売されたが、油性では紙に滲み裏移りしてしまうため、これらの欠点を改良し水性インクを用いたものが「ぺんてるサインペン」として1963年(昭和38年)に発売された。現在、本家のぺんてるサインペンは筆記線幅0.8mmであるが、サクラクレパスの極細サインペンは筆記線幅約0.3mmと様々なタイプが発売されている。
参考書や書類など重要な部分に印をつけておく目的の水性インクのマーカー。印字を塗り潰さないようにインクには透明で蛍光性のあるものが使われている。主に学生の勉強やオフィスでの仕事の際などに使われる。使い捨ての直液式や、インクの詰め替えができるカートリッジ式がある。
  • ホワイトボードマーカー
ホワイトボード用のマーカー。ホワイトボード以外にも書くことができ、表面がツルツルに加工されていれば、ホワイトボード同様にインクを布などで拭き取る(消す)ことができる。インクには定着剤が含まれていない油性のアルコール系顔料インキが使われている。
紙への描画に特化し、耐水性で均一な極細線が描けるようペン先に合成樹脂を使ったペンの総称。広義には金属製のペン先を使う製図ペンも含む。ミリペンの名称を用いた製品は日本には存在しないが、代表格とされるサクラクレパスのピグマでは3mmから0.05mmのペン先が用意されている。他社のミリペンと呼ばれる製品はおおむね1mm以下のペン先を使っている。
  • ペイントマーカー
油性顔料インクを使ったマーカー。インクの特長から白や金、銀の色がある。
  • 名前書きペン
ペン先をプラスチック製にして細くしたもので、小物に名前などを書き込むことに特化したペン(またはマーカー)。インクは主に油性で滲みにくくするために工夫されている。
  • 布書き用ペン
布に書き込むことに特化したペン(またはマーカー)。水に溶けにくいインクを使用し、洗濯をしても落ちにくいように工夫されている。
毛筆風の文字を書くためのペン。ペン先は細い合成繊維を束ねたものから合成樹脂で筆の穂先に似せたフェルトペン・サインペンタイプのものもある。

インク[編集]

インク染料顔料の詳しい特徴は各項目を参照のこと。またインクの改良により下記の特徴が当てはまらない場合がある。

  • 油性染料インク
速乾性があり、紙、プラスチック、金属、木材、ガラス、布、革、陶器など多くの素材に書くことができる。欠点としては紙など染料が浸透する素材の場合、裏移りしてしまう。
  • 油性顔料インク
染料に代わり顔料を使ったもの。染料に比べ速乾性は劣るが、耐光性に優れており、屋外での標識や園芸用プレートに適している。染料では作れない白や金、銀のような色も作れる。また紙など裏移りしない特長がある。

上記の油性インクは、使用されている有機溶剤によっては強い揮発性があるため、蓋を外したままにしておくとすぐに乾いてしまう。また揮発性、有害性などから締め切った部屋で大量に使う事は勧められない。換気が十分な場所で使用することが求められる。

  • 油性アルコール系顔料インク
ホワイトボードマーカーなどに使われるインク。近年では、従来の油性マーカーの用途にも使われる。
  • 水性染料インク
有機溶剤に代わり水に湿潤剤などを加えた水溶液に染料を溶かしたもの。油性に比べ鮮やかで、紙に書いてもにじみや裏移りが少ない特長があるが、耐水性が劣る。(耐水性のある特殊な水性染料インキもある)。用途としては主にサインペンや筆ペンなど紙への筆記に特化したものに使われる。
  • 水性顔料インク
染料に代わり顔料を使ったもの。紙に書いてもにじみや裏移りがない。耐水性、耐光性に優れ、プラスチック、ガラス、金属などの素材に書くことができる。速乾性は油性に劣る。

なお、どのインクにも言えることだが、長期間太陽光に晒される環境に放置すると、太陽光に含まれる紫外線により色素が破壊され、色あせたり消えてしまう事がある。

マーカーの用途と普及[編集]

素材を選ばず、どこにでも描ける実用的な油性マーカー(マジックインキ)が登場し普及するまで、日本では素材に何かを描画するのには、筆描きが主流であった。筆描きではインクとして主に墨汁などが使われるが、墨汁を用意する手間や、乾くまでの時間、墨汁が垂れたり、素材によっては定着しないなど不便な点があった。その点において、油性マーカーは速乾性や携帯性に優れて連続して描くことができた。特に速報性が求められ、大きな字を書く必要がある様々な場面(街頭での選挙速報やテレビでのニュース解説など)で利用され普及していくようになる。

日本の学校では、生徒が同じ種類の衣服や道具を学校内で使っている場合があり、客観的に誰のものであるか、はっきりさせるため名前を書くことが慣習になっている。そのため、素材を選ばない油性マーカーが重宝されることになる。(例えば運動靴運動着紅白帽子などの布製品。ランドセルなど皮革または人工皮革製品。楽器などのプラスチック製品)。この他にも、自転車などの金属製品や、傘の柄などに所有者名などを書くためにも利用される。

また太字のマーカーは何らかの情報を告知する際に、大判の紙やホワイトボードなどに書き込むために使われる。(例えば、駅での運行情報など)。

歴史[編集]

フェルトペンは1791年イギリスの貴族によって考案されたのが最初とされる。室内の装飾へ用いられていたフェルトを切り取り、先が細くなった金属の筒へはめ込み、インクを染み込ませながら用いた。このアイデアがいつしか民衆に伝わり、19世紀の後半には工業的に生産されるようになった。[要出典]

1910年にはLee Newmanが特許を取得している[4]

現代に通じるマーカーは、1940年代に登場しているが、この頃はラベリングや芸術の分野で使われていたようである。1952年アメリカで「Sidney Rosenthal(シドニー・ローゼンタール)」が、インクを入れた容器とブラシ(ペン先)という構成のペン(またはマーカー)を発明し、彼の会社である「Speedry Chemical Products of Richmond Hill(スピードライ社)」から発売された。当初は芸術用品市場を想定していたためか、商品名も「SPEEDRY BRUSHPEN」であった[5]。その後、1957年にスピードライ社は「Magic Marker(マジックマーカー)」の商標を取得[6]し、社名も1966年に「スピードライ社」から「Magic Marker(マジックマーカー社)」に変更された。その後の普及とライバル社との競争により「Magic Marker(マジックマーカー)」はマーカーペンの代名詞となるが、マジックマーカー社は1980年に破産している。

日本での歴史[編集]

1953年(昭和28年)に寺西化学工業が、国産での油性マーキングペン「マジックインキ」を発売し、その他の筆記具メーカーも追従するように油性マーキングペンの販売を始めた。このため、輸入品は徐々に姿を消していくことになった。 寺西化学工業のマジックインキは当初は黒、赤、青の3色だったが、それ以外の色を用意したり、ペン先を細くした商品が登場した。 1963年(昭和38年)に発売されたぺんてるの「ぺんてる サインペン」ではインクを油性から水性に変え紙への筆記に特化した。その後の普及によって「サインペン」というジャンルを確立し普通名詞化となる。1960年代後半にはホワイトボードが発売され、ホワイトボードマーカーが誕生する。(ホワイトボード自体が一般に普及するのは1980年代)。1970年代前半には毛筆風の文字を書くための「筆ペン」、1970年代には蛍光インクを使った「蛍光ペン」が登場した。1980年代に入ると極細字の「ミリペン」や、1990年代には油性インクに代わる水性顔料インクを使ったマーカーが登場している。

海外では[編集]

海外でも日本と同様に用途や商品により様々な名称がある。下記にwikipedia英語版を参考にしたものを記述するが、現地において必ずしも当てはまらない場合がある。

英語圏での種類としては「Permanent marker(永久マーカー)」と「Non-permanent marker(非永久マーカー)」がある。永久マーカーは日本で言う油性マーカーを指し、非永久マーカーはホワイトボードマーカーのように消すことを目的とした水性マーカーを指す。またインクに特徴のある「Highlighters(ハイライター)」は蛍光ペンを指し「Security marker(セキュリティマーカー)」は不可視インク(紫外線を当てると蛍光するインクなど)を使用したマーカーペンを指す。
「Election marker(選挙マーカー)」は、一定期間消すことの出来ないインクで皮膚(指など)に印を描くためのマーカー。主に選挙の際に二重投票の防止などに使われ有権者に投票した旨の印を描くためのマーカーである。

英語圏での名称に関しては「マーカー(marker)」「マジックマーカー(magic marker)」「felts(フェルト)」「felt-pens(フェルトペン)」「felt tips(フェルトチップ)」など。商品名としては、1964年にアメリカ・サンフォード社から登場した永久マーカーペン「Sharpie(シャーピー)」が有名(主に欧米および中南米、オーストラリア、ニュージーランドなど)。またオーストラリアの「Texta」やニュージーランドでの「Vivid 」、南アフリカでの「Koki」など現地で製造販売されている商品名が、当地で一般名詞化している。

スペイン語圏では「rotulador」「marcador」(ともに目印、マーカーという意味。永久マーカーは「Rotulador permanente」。非永久マーカーは「Rotulador no permanente」)または「plumon」と呼ばれる。蛍光ペンは「resaltador」、「rotulador fluorescente」または「fosforito」と呼ばれる。ロシア語およびその影響圏にあるリトアニア、クロアチア、スロベニアでは「фломастер(Flo-Master)」とも呼ばれている。Flo-Masterはもともとは、アメリカのマーカーの商品名である。

インドでは、スケッチに使われるフェルトペンを「sketch pens(スケッチペン)」、通常のマーカーは「markers(マーカー)」と呼ばれる。マレーシアでは、単に「pen(ペン)」、フィリピンでは「Pentel Pen(ペンテルペン)」、インドネシアではマーカーペンを「Spidol」、韓国ではマーキングペンを「Sign pen(サインペン)」「Name pen(ネームペン)」と呼ばれる。

日本での主な商品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『世界レベルの大阪ええもん』 ,エイムック 1387, ISBN:978-4-7779-0797-7
  2. ^ 商標登録 日本第505150号ほか。商標名は「マジックインキ」
  3. ^ 商標登録 日本第761981号、商標名は「PENTEL Sign PEN(ペンテルサインペン)」
  4. ^ Lee W. Newman, Marking Pen, U.S. Patent 946,149 Jan 11, 1910.
  5. ^ http://thefountainpencommunity.activeboard.com/forum.spark?aBID=111780&p=3&topicID=22669300&page=1&sort= - 海外のペンに関するコミュニティサイトで「Speedry Brush Pen」の写真がある。
  6. ^ 米国商標72009601ほか

関連項目[編集]

参考(外部サイト)[編集]

  1. マジックインキ誕生物語(寺西化学工業株式会社)[1]
  2. インクの種類(寺西化学工業株式会社)[2] - PDFファイル。マーキングペンに使われるインクの種類など。
  3. ぺんてるサインペン ニッポン・ロングセラー考(COMZINE by nttコムウェア)[3]
  4. ペン先事業(テイボー)[4] - ペン先の種類など