NTTコムウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
NTT COMWARE CORPORATION
ComwareShinagawa.JPG
本社NTT品川TWINS アネックスビル
種類 株式会社(非上場)
略称 NTTコムウェア
本社所在地 日本の旗 日本
東京都港区港南1丁目9番1号
NTT品川TWINS アネックスビル
設立 1997年4月
業種 情報・通信業、ソフトウェア
事業内容 システムインテグレーション
代表者 代表取締役社長 海野忍
資本金 200億円
売上高 単独:2430億5300万円
連結:2799億円(2009年度)
営業利益 単独:78億8300万円
連結:118億円(2009年度)
従業員数

単独:5,293人(2012年3月31日時点)

連結:7,973人(2011年3月31日時点)
決算期 毎年3月31日
主要株主 日本電信電話 100%
主要子会社 NTTコムウェア北海道株式会社
NTTコムウェア東日本株式会社
NTTコムウェア東海株式会社
NTTコムウェア西日本株式会社
NTTコムウェア九州株式会社
NTTコムウェアビリングソリューション株式会社
NTTインターネット株式会社
外部リンク http://www.nttcom.co.jp/
テンプレートを表示
NTTコムウェア五反田ビル第2ビル(手前)、第1ビル(奥)

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(NTTコムウェア、NTT COMWARE CORPORATION)は、ITサービスを提供する日本のユーザー系システムインテグレーターSISIer)である。NTTグループ主要8社のひとつ。

概要[編集]

NTTグループ主要8社のひとつであり、NTTグループ向けのシステム開発を主力事業とするユーザー系システムインテグレーターSISIer)である。

主要事業はNTTグループのシステム開発である。 NTTグループはNTT東日本や、NTT西日本NTTコミュニケーションズNTTドコモ日本電信電話NTTファシリティーズNTTファイナンスNTT都市開発NTTアドNTTロジスコNTTソフトウェアNTT-MENTTエレクトロニクスなどを中核とする総数827社[1] で構成されている。これらNTTグループが提供するサービスには、ITシステムなくして実現できないものが数多くある。NTTコムウェアはそのITシステムを開発することによって、グループ各社のネットワークテクノロジーや、マーケティング、営業・販売、料金回収、顧客対応などを担い、NTTグループのビジネスを推進する。この主要業務からの売上は、総売上比約8割を占める。[2]

一方で、NTTグループ向け事業で得た大規模開発とネットワーク構築のノウハウを強みとして、一般市場の開拓も積極的に行なっている。一般市場からの売上は総売上比約2割である。[3]

近年は、海外市場にもビジネスの拡大を目指している。[4]

NTTコムウェアは分社化後に一般市場向け事業も行うようになったことで、またその逆にNTTデータNTTグループ内け事業に参入するようになったため、結果としてNTTデータと事業分野が競合している。

日経調べの2008年人気企業ランキングでは、初の上位100社入りしている。[要出典]

沿革[編集]

NTTコムウェアの起源は、NTT日本電信電話)の社内組織であったソフトウェア開発センタと社内情報システム開発センタである。ソフトウェア開発センタは、電子交換機やデジタル交換機のソフトウエア開発など、日本の通信ネットワークテクノロジーを支えてきた部門であった。社内情報システム開発センタは社内で利用する各種システムの開発、運用、保守を担ってきた部門であった。両センタは、それぞれ通信ソフトウェア本部発足と情報システム本部に改組され、その後統合されソフトウェア本部になった。
このソフトウェア本部が、再編成にあたり、1997年に第3分類(経営資源活用会社)として分社化されたことで、NTTコミュニケーションウェアが誕生した。
後、NTTコムウェアに社名を変更して現在に至る。

  • 1985年 日本電信電話株式会社内に中央ソフトウェアセンタ設置。
  • 1987年 ソフトウェア開発センタ発足。社内情報システム開発センタ発足。
  • 1991年 通信ソフトウェア本部発足。情報システム本部発足。
  • 1996年 通信ソフトウェア本部と情報システム本部を統合して、ソフトウェア本部発足。
  • 1997年 NTT再編成・分社化によって、NTTコミュニケーションウェア株式会社設立。

      初代社長 石井孝

  • 1998年 第2代社長 三原種昭

      カリフォルニア支店の営業開始。

  • 2000年 第3代社長 松尾勇二

      現在の社名であるNTTコムウェアに変更する。

  • 2001年 NTTコムウェア・ビリングソリューション株式会社発足

      NTTインターネットへ出資

  • 2002年 NTTコムウェア北海道株式会社、NTTコムウェア東日本株式会社、NTTコムウェア東海株式会社、NTTコムウェア西日本株式会社、NTTコムウェア九州株式会社発足
  • 2004年 第4代社長 今井郁次 副社長 杉本迪雄、網谷駿介
  • 2008年 第5代社長 杉本迪雄 副社長 澤源太郎、高野博明
  • 2012年 第6代社長 海野忍 副社長 松岡稔、安田雅美


主な事業[編集]

[5]

NTTグループ事業[編集]

・通信ネットワークソリューション
   通信プラットフォームや、ネットワークサービスを提供する
・通信業務サポートソリューション
   グループの通信事業の業務(顧客管理や、料金管理、設備管理、料金管理など)を支援する

共通事業[編集]

共通事業は、NTTグループ・一般市場どちらもがターゲットとなる。
・人事給与ソリューション
CRMソリューション
・経理会計ソリューション

一般市場事業[編集]

・金融ソリューション
・製造ソリューション
・流通ソリューション
・サービス業ソリューション
・公共ソリューション
・インフラソリューション

拠点[編集]

  • NTT品川TWINS アネックスビル<本社>
  • 品川東急ビル
  • 品川シーサイドサウスタワー
  • 品川シーサイドパークタワー
  • 五反田藤倉ビル
  • NTTコムウェア五反田ビル
  • NTT幕張ビル
  • カリフォルニア事務所<米国支店>

子会社[編集]

呼び名[編集]

「NTTコム」というと、別会社の「NTTコミュニケーションズ」を指す。混同しないよう注意が必要である。NTTコムウェアは巷で(主にインターネット上で)、「NTT米屋」と呼ばれることがある。これは、全国ネットのラジオCMで「NTT米屋?」と名前を間違えられるユニークな社名啓発CMを流したことが由来である。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NTTグループ HP
  2. ^ [会社四季報 未上場版]
  3. ^ [会社四季報 未上場版]
  4. ^ [日本経済新聞 朝刊 2013年2月10日 「ニュース一言」、会社四季報 未上場版]
  5. ^ NTTコムウェア 採用HP