アレシャンドリ・オリヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CONSEGIにて

アレシャンドリ・オリヴァAlexandre "Alex" Oliva)は、フリーソフトウェア運動の活動家、フリーソフトウェア開発者、そしてFree Software Foundation Latin America (FSFLA)の創設メンバーの1人である[1]。彼は現在、ブラジルカンピーナス州立大学英語版の計算機研究所にてPh.D.の研究活動を一時留保している一方、レッドハットコンパイラ開発者として勤務しており、GCCへの貢献を行っている[2]。彼は、Linux-libre英語版のメンテナーである。これは、Linuxカーネルからバイナリ・ブロブなどの非フリーソフトウェアソフトウェアコンポーネントを排除した、フォーク版カーネルである。Linux-libre版カーネルは、gNewSenseTrisquel英語版BLAG英語版などフリーソフトウェア財団GNUプロジェクトが推奨するGNU/Linuxディストリビューションに採用されている[3]

2008年、オリヴァは、MCMなる人物が作成し、児童向けにデジタル著作権管理の危険性を教育する童話、"The Pig and the Box"を、ブラジルポルトガル語に翻訳した"O Porco e a Caixa"を出版した。ブラジルポルト・アレグレで開催されたFISL英語版カンファレンス向けに、最終的には10,000部以上が刷られた[4]

彼はGNU公式のフリーソフトウェアの弁士でもある[5]

脚注[編集]

  1. ^ About FSFLA”. Free Software Foundation Latin America (2008年2月21日). 2011年4月6日閲覧。
  2. ^ Contributors to GCC”. gcc.gnu.org. 2011年4月6日閲覧。
  3. ^ Linux-libre project”. Free Software Foundation Latin America (2011年3月16日). 2011年4月6日閲覧。
  4. ^ O Porco e a Caixa”. www.lsd.ic.unicamp.br. 2011年4月6日閲覧。
  5. ^ GNU and Free Software Speakers”. Free Software Foundation. 2011年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]