イアン・ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イアン・ジャクソン(Ian Jackson)は長期に亘りフリーソフトウェアの作成、並びにDebianに携わる開発者である。彼はDebianのパッケージ管理システムdpkgを(Cでリライトし)作り上げた人物であり、その他、SAUCEuservそしてDebianのバグ追跡システム英語版(debbugs, BTS)の開発者である。彼は以前、Linux FAQ[1]のメンテナンスをしていた。彼はまたPuTTYやその他のソフトウェアのホスティングで有名なサーバ、chiark.greenend.org.ukの管理者である。

ジャクソンはケンブリッジ大学にて計算機科学博士号を取得し[2]、現在シトリックス・システムズに勤務している。彼は過去には、CanonicalそしてnCipherコーポレーション[3]にて働いていた。

彼は、1998年1月、Debianプロジェクトリーダーに就任した。彼がリーダーの間に、Debian GNU/Linux 2.0(コードネーム: hamm)がリリースされた。彼は現在、Debian技術委員会(Debian Technical Committee)の委員である。彼は1998年から1999年の間、Software in the Public Interestの副会長、のちに会長の職に就いていた。

1999年、Debianプロジェクトリーダーはウィヘルト・アッカーマンが引き継いだ。イアンは後ほどdpkgのメンテナンスもウィヘルトに引き渡した。

発言[編集]

好戦的で、過激な人格に思えるようならごめんなさいね。しかし、これが私のいつものやり方なのです。(I'm sorry if the following sounds combative and excessively personal, but that's my general style.)

イアン・ジャクソン[4]

脚注[編集]

  1. ^ The Linux FAQ”. 2011年11月11日閲覧。
  2. ^ Who goes here ? Confidentiality of location through anonymity”. 2011年11月11日閲覧。
  3. ^ nCipher。なお現在はタレス・グループの一部門である。
  4. ^ Jackson, Ian (1998年4月28日). “Re: first proposal for a new maintainer policy”. http://lists.debian.org/debian-policy-9804/msg00358.html 2011年11月11日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
ブルース・ペレンズ
Debianプロジェクトリーダー
1998年 1月 – 1998年 12月
次代:
ウィヘルト・アッカーマン