F-Spot

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
F-Spot
F-Spot logo.svg
F-spot35.png
F-Spot 0.3.5
開発元 ノベル
最新版 0.8.2 / 2010年12月19日(3年前) (2010-12-19
プログラミング言語 C#
プラットフォーム LinuxSolarisBSD、その他Unix系
種別 画像管理ソフトウェア
ライセンス GPL
公式サイト http://f-spot.org
テンプレートを表示

F-Spotは、Linuxデスクトップ環境のひとつであるGNOME向けに作られたデジタル写真管理ソフトウェアである。

諸機能[編集]

F-Spotは簡単に用いることの出来るインターフェイスを装備することを目的としているが、画像にタグを付けたりExchangeable image file formatもしくはXMPメタデータを表示したりすることもできる。

サポートしている画像フォーマットJPEGPNGTIFFDNG、ベンダー独自のRAW フォーマット(CR2、PEF、ORF、SRF、CRW、MRW、RAF)など、ほぼ全ての有名なフォーマットが含まれる。他にもGIFSVGPPMフォーマットのデータを扱うことが出来る。2006年時点では、RAWフォーマットは編集不可能である。

写真は直接デジタルカメラからインポートできる。ドライバはlibgphoto2によりサポートされている。

切り取りや回転、サイズ変換などの基本的な機能の他に、赤目効果の除去やバージョニングなどの機能も利用可能。画像の輝度、コントラスト、彩度の変更などを補正することもできる。

フォトCDは、エクスポートする画像を選択しメニューから“Export to CD”を選択することで作成できる。

F-Spotライブラリにある画像は、数多くのオンライン写真保存サイトにアップロードすることが出来る。Flickrのサポートが最も前面に押し出されているが、Gallery (en) やO.r.i.g.i.n.a.lによるウェブサイトにもアップロード可能である。また、Google Picasa Web Albumへのアップロードもサポートされている[1]

技術情報[編集]

F-SpotはMonoを用い、C#言語にて開発されている。 F-Spotプロジェクトはエットーレ・ペラッツォーリ (en) により開始され、今はラリー・エウィング (en) によって管理されている。

脚注[編集]

  1. ^ F-Spot with PicasaWeb Export - Miguel de Icaza

関連項目[編集]

外部リンク[編集]