クーズー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クーズー
クーズー
クーズー Tragelaphus strepsiceros
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ウシ亜科 Bovinae
: ブッシュバック属 Tragelaphus
: クーズー T. strepsiceros
学名
Tragelaphus strepsiceros
(Pallas, 1766)
和名
クーズー
英名
Greater kudu
Koedoe
Koodoo

クーズーTragelaphus strepsiceros)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科ブッシュバック属に分類される偶蹄類。原語発音により近いクードゥー (kudu) との表記もみられる[1]

分布[編集]

T. s. strepsiceros ケープクーズー
アンゴラザンビアジンバブエ南アフリカ共和国[2]
T. s. bea ケニアクーズー
ケニアタンザニアモザンビークマラウイ[2]
T. s. chora スーダンクーズー
エチオピアスーダン東部、ソマリア[2]
T. s. cottoni チャドクーズー
チャド中央アフリカ共和国[2]

形態[編集]

体長オス190-250センチメートル、メス190-220センチメートル[3]。尾長37-48センチメートル[3]。肩高オス130-150センチメートル、メス120-140センチメートル[2]。体重オス190-315キログラム、メス180-215キログラム[3]。また頸部から背にかけて鬣状の体毛が伸長する[2][3]。眼の間に三日月状、頬に2-3個の白い斑紋が入る[2][3]。胴体に白い横縞が入る[2][3]

オスは2回半捻れた角がある(角があるメスもまれにいる)[2]。角長100-180センチメートル[3]。また喉から頸部にかけて房状の体毛が伸長する[2][3]

T. s. strepsiceros ケープクーズー
最大亜種。オスの胴体の毛衣は暗灰褐色で、白い横縞は9-10本[2]
T. s. bea ケニアクーズー
胴体の毛衣は明褐色で、白い横縞は6-8本[2]
T. s. chora スーダンクーズー
胴体の毛衣は暗く、白い横縞は4-5本(不明瞭な横縞を含めると7-8になる個体もいる)[2]
T. s. cottoni チャドクーズー
胴体の毛衣は淡褐色[2]

生態[編集]

主に丘陵や山地にある石が多い藪地、疎林に生息するが、平地にも生息する[2][3]。ペアもしくは小規模な群れを形成し生活する[2]

人間との関係[編集]

ジンバブエ国章
2頭のクーズーが描かれている

革はバッグなどに、角は楽器の材料などに使われ、ユダヤの角笛ショファーの主な原材料として用いられる(クーズー以外の角でもショファーの原材料になることはある)。南アフリカサッカーファンが応援に吹き鳴らすことで有名になったブブゼラは、クーズーの角笛が起源とも言われている。現地では肉を食用にもするため、それらを目的にした密猟者が後を絶たない。

ジンバブエの国章のデザインには、2頭のクーズーが用いられている。2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会の記念コインにも、開催都市であるムプマランガ州の象徴としてクーズーが描かれている。

アメリカの刃物メーカー、コールドスチール(coldsteel)社の発売している折り畳みナイフの一つには、「Kudu」の商品名がつけられている。

アフリカでは極端に珍しい動物というわけではないが、日本の動物園では一頭も飼育されていないために、日本では知る人は少ない。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ -「2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会公式記念コイン<第1次販売>」の取次販売について-”. 鳥取銀行ホームページ. 2014年5月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育7 (偶蹄目III)』、東京動物園協会、1988年、23頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、113頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • IUCN SSC Antelope Specialist Group 2008. Tragelaphus strepsiceros. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.1.