Dell Inspiron

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Inspironインスパイロン[1])は、デルパーソナルコンピュータ (PC) のブランドの1つである。従来デルのコンシューマー向けラップトップPCのブランドだったが、2007年6月に同社デスクトップブランドであるDimensionが統合され、デスクトップ、ラップトップ共に同社のコンシューマー向けのメインストリームブランドとなった。

概要[編集]

全機種BTO対応。本ブランドに限らず、デルの製品の全てにいえることであるが、コストパフォーマンスに優れているのが最大の特徴で、他メーカーと比べて安価で高スペックのPCを購入できる。なかでも、ラップトップPCの場合には変更が容易でないグラフィックボード等で高性能なものを選択できる利点があり、3Dゲームなど高スペックなグラフィックボードが必要なユーザーに好まれる。その反面、ソフトウェアは必要最低限のものしかインストールされておらず、必要なものを買い揃える必要がある。しかし、そのことは他社PCのように、インストールされているが使用しないソフトウェアがリソースを食うことで生じるパフォーマンスの低下を防げるため、必要なソフトウェアを厳選できる中級者以上のユーザーにとっては、喜ばれることでもある。

以前は、法人用PCのようなシンプルなデザインのものが多かったが、現行モデルでは、天板にカラーパネルを採用するなど、デザインにも注力していると思われる。

日本に於ける主な現行機種[編集]

米Dell Inc.の日本法人であるデル株式会社が取り扱う主な製品は次の通りである。

ミニラップトップPC[編集]

  • Mini 9:8.9インチ液晶画面。省電力CPUやSSDを搭載。
  • Mini 10:10.1インチ液晶画面。
  • Mini 10v:10.1インチ液晶画面。
  • Mini 12:12.1インチ液晶画面。

いわゆるネットブック。パッケージによって異なるが、OSはUbuntuあるいはWindows XPが選択できる。日本で唯一、OSにUbuntuがプレインストールしてあるネットブックパソコンである。

ラップトップPC[編集]

  • 1501:14.1インチ、15.4インチ液晶を選択。AMDCPUを同社のラップトップとして初採用(2008年6月現在販売終了)。
  • 1420:14.1インチ液晶搭載。
  • 1520:15.4インチ液晶搭載。
  • 1720:17.1インチ液晶搭載。10キー搭載のフルキーボードを採用。現時点でWUXGA(1920×1200)の高解像度液晶を選択できる数少ないモデルの一つ。

上記1420、1520、1720が同ブランド上の主力商品。それぞれ14.1インチ、15.4インチ、17.1インチのワイド液晶を採用。解像度等は選択可。インテル製CPU採用。NVIDIA製グラフィックボード選択可。ほぼ同性能、同価格帯となっており、ニーズに合わせた選択が可能。ただし、最小の1420でも厚さが32mmあるため、頻繁なモバイル用途にはあまり向かないと思われる。

デスクトップPC[編集]

  • 530 (531):530はインテル製CPUを、531はAMD製CPUを採用、530はNVIDIA 530sを採用。
  • 530s (531s):530sはインテル製CPUを、531sはAMD製CPUを採用、ATI製グラフィックカードを採用。スリムタワー仕様。
  • 545:530 (531)の後継種。筐体の前面パネルに、全8色のカラーバリエーションを採用。Intel製CPUを採用。
  • 545s:530s (531s)の後継種。筐体の前面パネルに、全8色のカラーバリエーションを採用。Intel製CPUを採用。スリムタワー仕様。

過去製品・アメリカ限定のモデル[編集]

Inspiron XPSシリーズはアメリカなど欧米市場限定のモデルだったが、2006年5月9日よりm1710の販売を日本で開始した。2005年Sonomaプラットフォームを導入した6000と9300が登場するまでは、最速モデルとしてプレスコットコアのPentium 4を搭載した9100があった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dell 日本. “製品情報”. 2009年12月31日閲覧。

関連項目[編集]